スキー・スノーボードゴーグルの選び方|調光・ハイコントラスト・色の違い等、レンズテクノロジーのいろいろ

スキー・スノーボードをする際、一面真っ白な雪山で視界を確保し、瞳を紫外線から守るゴーグル。視界不良による道迷いを防いだり、他人や木への衝突を未然に防いだりといった身の安全を守るためにも重要なアイテムの一つだ。だからこそ、改めて基本的なことを知っておきたい。

フレームの形状、フィット感、ベンチレーションや曇り止め加工の技術、そしてレンズテクノロジー。ゴーグル選びでチェックすべき点に加えて、各メーカーがしのぎを削って開発を進めるレンズテクノロジーを紹介しよう。ゴーグル選びの参考としてほしい。



ゴーグルの各パーツの機能

フレーム

フレームはゴーグルの輪郭を決定づけ、顔を守るためにある。そのため素材に主に用いられるのは加工が容易で丈夫、しかも軽いという特性を持つTPU(=熱可塑性ポリウレタン)。ブランドによってはカーボンや植物由来のプラスチックを用いることも。これは、さらに強度を上げて顔を守るために使用されたり、地球環境に配慮したモノづくりをするために用いられている。

TPUを用いたフレーム

ジャパンフィット

ゴーグルブランドの多くは海外発祥だ。そのため、欧米人の顔型に合わせて制作していて、額の丸みや鼻の高さなどが日本人に合わない。仮に、顔に合っていないものを使用すると、ゴーグルと顔の間に空いた隙間から雪や風が侵入し、レンズが曇る原因にもなる。それを解消するのがアジアンフィット、ジャパンフィットモデル。日本人の顔に合わせ、額や鼻の高さをスポンジの使用量で調整している。

もちろんジャパンフィットでなくとも日本人に合うものはあるし、顔のシェイプも人それぞれなので、ジャパンフィットだからといってすべてが日本人万人に合うわけではないことを付け加えたい。ゴーグルの購入を検討する際は、実際に付けてみないと分からない部分が大きい。

鼻の部分が肉厚になっているスポンジ

ベンチレーション

ベンチレーション、つまり換気システムのことだ。レンズが曇ってしまうと視界が悪くなり安心して滑れなくなるなど、せっかくのスキーも楽しさが半減するだけでなく、危険もある。多くのゴーグルはレンズの下部と上部に通気口が空いており、空気の循環を促している。その穴はスポンジで覆われているだけのものもあれば、強度の高い素材でカバーされているものもある。通気口の形状からカバー素材まで、各メーカーは様々なテクノロジーや開発を凝らしている。

また、レンズを曇らせないためのテクノロジーはベンチレーション以外にもある。レンズ自体が水分を吸い、ゴーグル内の水蒸気を飽和させないようにしたり、レンズとフレームがワンタッチで外せて、ダイレクトに換気させるものもある。スキーヤー・スノーボーダーの天敵であるレンズの“曇り”を徹底的になくすために、各メーカーがしのぎを削っているのだ。

スポンジ

顔へのクッション性を高めるスポンジ。スポンジの種類を使い分け、2層か3層構造になっているものが多い。フレームに近い側のスポンジは硬くて強度の高いものを使用し、顔に触れる側のスポンジは柔らかく、衝撃吸収性の高いものを使用している

レンズの形状

レンズには大きく分けて「平面レンズ」と「球面レンズ」の二種類の形状がある。

平面レンズの SMITH|Squad MAG™
球面レンズの SMITH |4D MAG™S

平面レンズはレンズ加工時に歪みが少なく、クリアな視界が保てる。一方球面レンズは、レンズのカーブが眼球の丸みに近いため、どの方向を見ても視界がリアルに近かったり、レンズと顔の間の空間体積が曇りづらいなどの利点があるが、ベンチレーションの箇所で述べたように、最近は曇り止め技術が向上したため大差はないという認識がほとんどだ。

バンド

ゴーグルがズレるのを防ぎしっかりと頭に固定するためのバンド。ほとんどがゴム製。近年は視界を広げるために大型フレームを採用するモデルも多く、フレームが大きくなるにつれ重量が増すので、バンドもそれに合わせて太いタイプもある。なかには内側に滑り止めのシリコンを配したモデルや、バンドそのものがシリコン製というものもある。


レンズテクノロジー

レンズは内レンズと外レンズの二枚が貼りあわされている

ダブルレンズについて

ゴーグルのレンズのほとんどはダブルレンズを採用しているということは多くの人が既知のことだろう。仮にレンズが1枚しかない場合、レンズの内側が体温で温まっているのに対し、外側が外気にさらされているため、ゴーグル内のレンズに近い部分の水蒸気が飽和し、内レンズに細かな水滴となってくっついてしまう。冬に車にのるとフロントガラスが曇るのと同じ原理だ。

2枚のレンズを貼り合わせる理由は、外気と内気の温度差を軽減し、曇らせないためである。
外レンズの素材は熱可塑性に優れるポリカーボネイトを使用。ミラーコーティングがしやすいなどの特性がある。内レンズはレキサンビュートレートと呼ばれる素材を採用しているブランドが多い。これは曇り止めなどの加工が容易となるためだ。

レンズカラーによる見え方の違い

カラーコーティングの違いは、天候によって使い分けることで見やすさの向上に繋がる。また、斜面の凹凸やコントラストを高める効果もある。おもなレンズカラーの使い分けは以下の通り。

【オレンジ系】
晴天から曇天まで幅広く見やすい
【イエロー系】
降雪時や曇りの日に最適
【ブルー系】
晴天時から曇天時に見やすい。雪面の凹凸もはっきりする
【ピンク系】
薄く晴れた日から曇りの日に使いやすい
【ブラックやグレー】
晴れた日に見やすく、自然の色見そのままに見える
【クリア】
ナイターなど明かりが少なくて暗いシチュエーションに

ゴーグルの明るさを決める「可視光線透過率

雪山は標高が高いぶん日射が強い。また雪面からの照り返しも強い。アスファルト10%なのに対して、雪は80%もの紫外線を反射する。まぶしいうえに目にも好ましくない影響を与える。そのため、レンズは光の量を調整するサングラスのような効果も果たしている。

目に届く光の量をレンズで調整する際に、目安となるのが「可視光線透過率」だ。レンズにカラーコーティングやミラーコーティングを施すことでその数値を調整している。裸眼が100%として、まったく光を通さない状態が0%だ。晴れの日は照り返しも強いので10%~20%。雪の日は20%~40%の物が使いやすいだろう。ナイターの時は60%程度のものがオススメ。

ハイコントラストレンズとは

GIROで使用されているVIVIDレンズでの見え方の違いイメージ
©Lotus International CO.,Ltd.

近年、各メーカーが開発に力を注いでいるのが、「ハイコントラストレンズ」。各ブランドの一定レベルのゴーグルには標準となった新しい技術だ。これは、レンズを通して入る特定の色光線を強調、減少させる、または影を強めることで雪面の凹凸や影を強調する技術。光が少ない曇天や降雪時でも斜面の凹凸がよりくっきり見えて滑りやすくなる、というものだ。

例えば、人間の眼の作用として、青い光よりも赤や緑の色のほうがものの形や奥行きが見えやすい。そこで、青い光をカットし、赤や緑色を増幅させることで、雪面の凸凹や地形などがよく見えるようにする、といったものだ。メーカーによって、どの色光線をどのように調節するかなど、方法が様々ある。一口にハイコントラストレンズと言えども加工方法はいろいろなのだ。

調光レンズとは

「調光レンズ」は、紫外線量や可視光線量に反応して色が変わるレンズのこと。強い光や紫外線を浴びると濃い色になり、室内などに入ると薄い色になるのが特長だ。レンズに調光フィルムを挟み込んだり、紫外線を当てたり温度が上がったりすると変質し、色が変わるという性質を持つ感光物質が入ったコーティングを施している。よって、太陽に照り付けられて眩しい雪面を見るときは色が濃くなることで斜面の凹凸が見えやすくなり、曇って光の量が落ちれば薄い色になるというわけだ。明るさに合わせてゴーグルやレンズを付け替える必要がないので便利だ。

偏光レンズとは

「偏光レンズ」は、光の乱反射をカットして、眩しさをなくすレンズのこと。レンズの中に挟んだ偏光膜と呼ばれるフィルムが光の反射だけをカットして、視界を良好にしてくれる。雪上では晴れているときは光の反射で非常に眩しいもの。調光レンズには乱反射を抑える機能はないため、この点が調光レンズと偏光レンズの大きな違いだ。


ゴーグルメーカーが誇るレンズテクノロジー

ゴーグルのクオリティの決め手となるのは、やはりレンズ。各メーカーがしのぎを削ってレンズの技術開発を行うことで、進化が止まらないレンズテクノロジー。メーカー各社による自慢のレンズテクノロジーを見てみよう。

VIVID レンズ

GIROと光学分野の世界的権威であるZEISS社が共同開発により生み出したのが「VIVIDレンズ」。一般的にものを見えづらくするといわれるブルーの光を巧みにコントロールし、コントラストをはっきりさせることができるという性能を持つ優れたレンズだ。「巧みにコントロール」というのは、ブルーの光のなかでコントラストを高めるブルー光線は取り入れ、害となるUV光線をブロックすることで、ブルー光線を効果的に操作するからだ。

VIVIDレンズは、視界のかすみを取り除き目の疲れを抑えるという特長もある。色飽和を起こさずに正確なビジョンを与えてくれることで視界がよりクリアになり、滑走ラインをしっかりと見極めることができて快適なライディングが叶う。

▼VIVIDレンズテクノロジーの解説動画

VIVIDレンズ搭載モデル|METHOD

METHOD FENDER ICONIC TWEED | GIRO×FENDERコラボモデル¥25,300

GIROが誇るVIVIDレンズ搭載の人気モデル。クリアで広い視界が得られ、アジアンフィットで装着感も快適、加えて高いデザイン性がありながら価格帯はリーズナブル。こちらは世界的な楽器メーカー FENDERとのコラボレーションによる新作で、’22‐23シーズンの話題をさらっている注目モデル。付属のボーナ スレンズVIVID Infraredは、曇天や降雪時に抜群の視界を提供する。VIVID Infraredレンズ(曇天用)1枚付き

◆公式HP/http://giro-japan.com/


Chromapop Lens(クロマポップレンズ)

色のコントラストを上げカラーを鮮明にすることでハッキリ見える

スミスが誇るのが「クロマポップレンズテクノロジー」。
赤、緑、青の光の3原色の波長がクロスオーバーする部分をコントロールし、鮮明な色を表現することで対象物をよりクリアに見せる技術だ。色のコントラストを上げ、カラーを鮮明にすることで、対象物をクリアに浮き立つように表現する。こちらのノーマルな状態とクロマポップレンズで見た状態の違いは歴然だ。

また、通常のレンズよりも対応範囲が広いのもアドバンテージだ。山で急に天候が変わったり、朝から夕方まで長時間を過ごすと、太陽の位置によって光のトーンは常に変化する。よく見える状態を幅広く維持できるのも、使い勝手が良く安心感も高い。

▼クロマポップレンズテクノロジーの解説動画(1分くらいのところから字幕「日本語」設定で見るとよくわかる)

クロマポップレンズ搭載モデル|Squad MAG™

Squad MAG™ AC |Taylor Lundquis(調光モデル)¥41,800

SMITH のアイコンモデルともいえるSquadにMAGレンズチェンジステムを搭載したSquad MAG。光の三原色のコントロールすることで、より鮮やかな視界をもたらすSMITH独自のテクノロジーによる「クロマポップレンズ」を搭載。細かい凹凸の鮮明度が群を抜いているととても評価が高い。クロマポップレンズを カラー違いで2枚標準装備(調光モデルを除く)している。

◆公式HP/https://smithjapan.co.jp/


RIG® Lens Technology (リグレンズ)

目の疲れを軽減する革新的なレンズ

RIGレンズは、コントラストを高めて見えやすく、また有害な光線を遮断することにより目の疲れを軽減してくれるという優れものだ。すべて同じ透過率と曲線で作られているが、極端なフラットライトから極端な晴天時まで、異なる光の条件によって最適化されている。

▼RIGレンズテクノロジーの解説動画

▼RIGレンズのカラーラインナップと性能の特長を解説する動画

RIGレンズ搭載モデル|Clockwork

Clockwork |Color:全3色 ¥28,600

強度の高さとSweet ProtectionならではのRIGレンズが特徴の「Clockwork」。圧倒的な耐衝撃性をもつ厚さ 2.8 mm プレミアムトーリックスカルプレンズを搭載し、広い視界を確保しながら、ローボリュームでぴったりとフィットするコンパクトな形状。ダブルレンズには GORE® プロテクティブベントが装備され、気圧の変化によるインナーレンズの変形を防ぎ、目に最適な環境をあつらえてくれる。

※ボーナスレンズセットはRig Light Amethyst レンズ付属(¥37,400)

◆公式HP/https://sputnikshop.jp/pages/sweetprotection-toppage


PANOTECH LENS™ (パノテックレンズ)

人間の視野 の最大200度を丸ごとレンズ面で映し出す

人間の視野 の最大200度を丸ごとレンズ面で映し出せるという革命的なレンズテクノロジー「PANOTECH LENS™ (パノテックレンズ)」。世界トップクラスのアスリートたちのフィードバックにより開発設計された驚きの技術だ。顔の側面部までフレームを延長し、最小限の湾曲を平面レンズに持たせることで、単なる平面レンズでも球面レンズでもなしえなかった200度の視野を実現。微細な立体形状を持ち、高い次元でのレンズによる光の屈折を矯正し純度の高いクリアな視界を提供する。

▼PANOTECH LENS™ 採用のPXVの説明動画

JAPAN LUMALENS®(ジャパンルーマレンズ)

日本人のためのハイコントラストレレンズ

人間の眼の作用として、青い光よりも赤や緑の色のほうがものの形や奥行きが見えやすい。そこで、青い光をカットし、赤や緑色を増幅させることで、雪面の凸凹や地形などがよく見えるようにしたのがハイコントラストレンズだ。

ブルーアイズ、グリーンアイズ、グレーアイズ、ヘーゼルアイズなど、人種によって瞳の色は異なり、それによって当然、ものの見え方も変わる。瞳の色の薄い欧米人は明るさに敏感なため、暮らす家の照明が薄暗いとは、よく知られる話。最適な「明るさ」は瞳の色、ひいては人種によって異なるというわけ。そこで黒い瞳を持つ日本人に最適な明るさを提供する理想の色にアレンジしたハイコントラストレンズが「ジャパンルーマレンズ」だ。

PANOTECH LENS™+JAPAN LUMALENS®搭載モデル|PXV

PXVEDO| ¥29,150

人間の視野角 最大200度を丸ごとレンズ面で映し出すPANOTECH LENS™ + 日本人の眼に最適な光量とティント(カラー)を実現したJapan LUMALENSを搭載した、Dragonのベストセラーモデル「PXV」。PANOTECH LENS™とJAPAN LUMALENS®のいずれも備えるのはPXVだけだ。とにかく視界が広く、さらに透明度、鮮明性が高いJAPAN LUMALENSによって、今まで経験したことのない、死角のない広大な景色が手に入る。

◆公式HP/http://www.dragonalliance.jp/


ULTRA LENS(ウルトラレンズ)

日本人の老舗メーカーが誇るテクノロジー

山本光学といえば110年以上の伝統を持つ日本を代表するアイウエアメーカー。さまざまなスポーツにサングラスやゴーグル、ヘルメットをサプライ。長年の研究開発から日本人の頭部・眼を知り尽くしているがこそのテクノロジーを持っている。

SWANS自慢のレンズが、降雪・降雨など悪天候に威力を発揮するULTRA LENSだ。これは目的や用途に合わせて特定の色域を強調することで、対象物が鮮明に見え、視認性を向上させる機能を持つレンズだ。下の動画を見れば、フラットライトのなかで格段に見えやすいことは一目瞭然。

▼ULTRA LENSの説明動画

ULTRA PHOTOCHROMIC(ウルトラフォトクロミック)

見やすさをキープしながら眩しさを防いでくれる

さらにULTRA LENSに調光レンズを掛け合わせた「ULTRA PHOTOCHROMIC(ウルトラフォトクロミック)」 は、SWANSの定番ともいえる人気のレンズ。これは環境の変化に応じて色が変化(調光)する機能と、ULTRA LENSの持つ「悪天候に強い」という機能を併せ持つ、SWANS独自のコンセプトのレンズ。

特に「色の変化の反応が速い」「少しの紫外線にも反応する」という一般的な調光レンズより進化した特長を持っている。天候の変化が目まぐるしい日本の雪山にぴったりのレンズとえいる。

▼ULTRA PHOTOCHROMICのライダーインプレッション動画

ULTRA PHOTOCHROMIC搭載モデル|PHOTOCHROMIC ULTRA LIGHT GRAY

RIDGELINE-MDH-CU-LG|Color:ANTBK
¥33,000

SWANSの人気モデル「RIGELINE」 に’22-23シーズンは新しいレンズが登場。クリアのような見た目から深いスモークレンズのような暗さまでレンズの透過率が変化するという驚きの全天候対応型。可視光線透過率は15%~55%と幅があり、晴天から雪の日、ナイターまで、あらゆる場面でナチュラルな視界を手に入れることができる。グレーベースのレンズは雪面の陰影などもしっかり浮かび上がらせる。このレンズは「RIDGELINE」、「RACAN」、「ROVO」シリーズに搭載される。

◆公式HP/https://www.swans.co.jp


“THE ONE” LENS

調光+偏光の革新的なスーパーレンズ

‘21-22シーズンに「瞬間調光」という世界初のハイテクノロジーで世界的にも注目を浴びた OUT OF。そのOUT OFのアイコンモデルともいえる「THE ONE」のレンズは、世界で初めて、偏光レンズと調光レンズの機能をアウターレンズに搭載した革新的技術を誇るスーパーレンズだ。

光が弱い時にはレンズの色が薄くなり、晴れて光が強くなるとレンズは濃く変化する。ハイレベルな調光技術であらゆる天候や明るさに対応し、常に快適な視界を得ることができる。悪天候のなかでは偏光フィルターを通したイエロー系の光と高い透過率により、コントラストが向上してホワイトアウトを避けることができる。

THE ONE 搭載モデル| VOID ORIGAMI

VOID ORIGAMI /THE ONE COSMO| Color:全3 色 ¥28,600

偏光、調光を兼ね備えたマルチな”THE ONE” LENSを搭載し、さまざまなシチュエーションで使用可能。OUT OFを代表する人気モデルだ。イタリア発のブランドらしく、見た目がとにかくお洒落。スタイリッシュなフォルムとアート作品さながらのグラフィックが描かれたバンドがあり、機能性とファッション性が融合された独特の世界観を持っている。


TUNED LENS(チューンドレンズ)

光を目に優しく便利にチューンしてくれる

ELECTRICといえば、その洗練されたデザインやブランドイメージから、サーファーやスケーターやアーティストなどに熱く支持されているトップブランド。スノーボーダーの間では伝説的ライダーMarcus Klevelandの名を冠したモデル「The Kleveland」「 The KlevelandII」が超人気で、通好みのスキープロショップなどからじわじわと広がり、現在ではフリースキーヤーの間でも俄然注目度の高いブランドになっている。

’22-23シーズン、このELECTRICから登場した画期的なレンズ「TUNED LENS」。このレンズは、ブルーライトのように目を疲れさせたり、乱反射しやすく雪面の凹凸を見えにくくするような特定の色を光の波長から取り除き、目に入る光を目に優しく便利なものにチューンしてくれるのだ。その優れた働きで常に変化し続ける雪面状況や地形の凹凸が鮮明に見えやすいのが特長。人気ブランドのニューテクノロジーレンズの登場に熱い注目が集まっている。

TUNED LENS搭載モデル|ROTECK

ROTECK | Color:全2色 ¥28,600(調光レンズ: ¥37,400、LURKINGCLASS COLLAB: ¥31,900)

サイドフレームのないアウトリガーによって横方向の幅が広く、視界が圧倒的にワイド。その広さは、なんとELECTRIC史上最大レベル! 低温でも硬くならないTPU(Thermo Plastic Urethane)素材を使い、雪山の極寒の気象条件下でも柔らかく顔に馴染む。ノーズブリッジ部にスリットが入っているため、どんな顔のシェイプにもフィットしてくれる。

◆公式HP/https://charlie-trading.co.jp/brands/electric/


-FOLLOW US ON-