中京・関西エリア|滋賀・兵庫県の特選スキースポット

岐阜県のスキー場は奥美濃エリアに集中
個性派ぞろいでいろいろ行ってみたくなる

中京エリアと呼ばれる 岐阜・愛知・三重の三県のうち、岐阜県にはスキー場が15ほどある。岐阜県のスキー場のほとんどが奥美濃エリアにあり、東海北陸道を取り囲む山々にスキー場が散らばっている。

トップシーズンにはサラサラの雪質でのパウダーライディングが期待できることはエリア全体で共通している。ただその内訳は、非圧雪ゾーンが充実、高速カービングターンが楽しめるロングコースが自慢、エキサイティングなモーグルコース、パークビギナーから上級者までレベルアップできる高機能パークを完備など、スキー場激戦区なだけに 奥美濃エリアのスキー場はそれぞれに個性がある。


【中京 エリアのスキー場】
名古屋からもアクセスしやすい奥美濃

                                                               
中京 主なスキー場 スノーウェーブパーク白鳥高原
  ウイングルヒルズ白鳥リゾート
  ダイナランド
  めいほう
  鷲ヶ岳
  高鷲
  ひるがの高原
  ホワイトピアたかす
  ハブとなる都市や交通機関 東海北陸自動車道高鷲ICほか

ギュウギュウ詰めの面白さがなんとリフト1本で!
スノーウェーブパーク白鳥高原|SNOWWAVE PARK SHIRATORI KOGEN

Photo/Zizo
提供:BRAVOSKI

最新のアイスクラッシュシステムをいち早く導入し、人工雪で11月半ばにはオープンという画期的なシーズインの速さ。密かな豪雪エリアとして知られるこの一帯には、ゲリラ豪雨ならぬゲリラ豪雪も度々あり、ドパウダーにヒットする期待も持てる。

ゲレンデ内にあえてコース規制を設けず、リフト下を含むどこでも滑り放題という自由度の高さがココの特長でもあり、スキーヤーにとっては嬉しい魅力。自然の地形が豊かで凹凸があり、急斜面やギャップも豊富。自慢の天然の大きな沢やウェーブが「スノーウェーブパーク」と名を冠した背景だ。まさにゲレンデ全体が巨大なパークのような感覚。

それでいてパークも超充実していて、トップシーズンのアイテムは20種類以上。とくに大きなキッカーは名物だ。さらには日本一の全長2kmのソリコースがある。コンパクトな山におもしろさがギュウギュウ詰めのこんなスキー場、ちょっと類を見ない。

標高
1,276m

最長滑走距離
2,500m

標高差
176m

最大斜度
30°

コース数
8本

リフト
3本

G/R
-基/-本

◆公式HP/http://www.siratori-k.jp/swp/


モーグル・非圧雪エリア・パーク全部が揃う
ウィングヒルズ白鳥リゾート|WINGHILLS SHIRATORI RESORT

スキー場の集中する奥美濃エリアのなかでも、とくにあか抜けた華やかな雰囲気で、活気に満ちているウイングヒルズ。その背景には、あの有名ショップ「アルペン」が経営母体というだけに、時代のニーズに合ったさまざまなサービスコンテンツの提供がある。

アイスクラッシュシステム(降雪機)活用によってシーズンインは11月上旬、機動力抜群の6人乗りゴンドラ、クオリティの高いパーク、ベースに控える天然温泉、標高1,000mの展望レストラン、そして特筆すべきは圧巻のレンタルギアの質と量。最新モデルを中心に2000アイテムを常備しているというから驚きだ。

ゲレンデはトップまで一気に運ぶゴンドラから3つのコースに分かれるレイアウト。2.8kmのダウンヒル、本格的なモーグルコースに、定評あるパウダーが満喫できる非圧雪コースもラインナップ。加えて昨シーズンから自己責任の滑走エリアも登場と、シーズンごとに進化し続けている驚きの最先端スキー場なのだ。

標高
1,350m

最長滑走距離
3,500m

標高差
480m

最大斜度
35°

コース数
9本

リフト
4本

G/R
1基/-本

◆公式HP/https://winghills.net/snow/


毎晩23時まで滑れるヨルダイナ
ダイナランド|DYNALAND

これが大人気の「ヨルダイナ」

全17コースを持ち、西日本最大級のスケールを誇るダイナランド。山頂でつながる高鷲スノーパークとともに、シーズン中、朝から夜まで常に賑わっていると評判だ。

その背景は毎日23時まで営業している名物ナイターの「ヨルダイナ」。そして土日・祝日と年末年始は早朝6時からオープンしているという「アサダイナ」。朝と夜を合わせると最長で17時間と日本最長の営業時間となる。時間だけでなく、最長滑走距離も3,200mと圧巻の規模感だ。

地形を活かしたコースが揃い、新設されたツリーランコースやモーグル、ダウンヒル、パークなど、バラエティに富んだ構成となっている。

標高
1,430m

最長滑走距離
3,200m

標高差
447m

最大斜度
38°

コース数
17本

リフト
5本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.dynaland.co.jp/


ダイナランドと共通券でダブルスケールを楽しむ
高鷲スノーパーク|TAKASU SNOWPARK

標高1,550mというだけあって、雪質は良好なパウダースノーと、パウダー派にもチェックされるスキー場。ゲレンデ上部でつながるダイナランドも共通券で滑走可能。ダイナランドに並ぶスケールの高鷲スノーパークなので、2つのビッグゲレンデを自在に行き来できることで楽しみも2倍だ。

その最長滑走距離は4,800m、その他にも4,000mを超えるロングコースが2本あり、ロングクルージングを楽しむのに最適。ゲレンデトップの標高1,550mまで、15人乗りの全長2,700mのゴンドラが運んでくれるので、悪天候の日でも寒い思いをすることなく、ゴンドラでグルグルと滑り込めるのも嬉しいところ。

非圧雪コースも年々拡張している高鷲スノーパーク。北向き斜面のツリーランコースでは心ゆくまでパウダーが楽しめる。飛び系には、世界基準を満たす約120m高さ7mのスーパーパイプをはじめアイテムの充実したスノーパークで人気だ。

標高
1,550m

最長滑走距離
4,900m

標高差
600m

最大斜度
40°

コース数
12本

リフト
4本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.takasu.gr.jp/


奥美濃一の標高1,600mから望む大パノラマ
めいほう|MEIHO

1,600mと奥美濃エリアで一番の標高となる、めいほうスキー場。山頂からは雄大な北アルプスや白山連峰などのパノラマビューが楽しめる。

14本のコースレイアウトは、初中級レベルが80%ではあるが、38度の急斜面、最長滑走距離は5,000mのロングコース、1,000mを超える林間コースや最大幅200mのワイドなバーンなど、バラエティ豊か。高速クワッドで効率的にまわせるのも便利だ。

写真は上級の「γ900」。山頂からの900mのコースで最大斜度34度。雪の降った翌朝はパウダーが楽しめ、雪が降らないと長いナチュラルコブバーンに。これだけ長いコブ斜面はなかなかないと評判。

標高
1,600m

最長滑走距離
5,000m

標高差
700m

最大斜度
38°

コース数
13本

リフト
5本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.meihoski.co.jp/winter/


土曜の夜はオールナイト・スケールもビッグ
鷲ヶ岳|WASHIGATAKE

上級コースの35度の壁は怖すぎて通称「サダコ」とか

東海北陸道の高鷲ICよりわずか3分。雪道運転をする必要もなく到着できる、超便利なロケーションにある鷲ヶ岳スキー場。大量のスノーマシンを導入しており、雪不足のシーズンも安定したコンディションが楽しめる。

鷲ヶ岳の名物が、土曜日のオールナイト。早朝6時から翌日18時までノンストップのロングラン営業は岐阜県でここだけ。エリア屈指の大きなパークも飛び系スキーヤー・スノーボーダーのリピーターの多い人気の理由だ。

全13コース。幅が400mもあるワイドなバーンが広がり、開放感に溢れている。5本のリフトのうち、3つがクワッドリフトなので機動力も高い。林間コースやロングの上級者コースも人気を集めている。共通リフト券で隣のホワイトピアたかすも滑走可能。26コースが滑れるスケールは西日本有数だ

◆公式HP/https://ski.washigatake.jp/


【中京エリアのスキー場】

  1. スノーウェーブパーク白鳥高原
  2. ウイングヒルズ白鳥リゾート
  3. ダイナランド
  4. 高鷲スノーパーク
  5. めいほう
  6. 鷲ヶ岳
  7. ホワイトピアたかす
  8. ひるがの高原

白い雪・青い空・雄大な湖と自然の3ピース
琵琶湖を眺めながらのライディングは圧巻

滋賀県といえば日本最大の琵琶湖。湖の周辺の山にスキー場が点在している。山の上にコースが伸び、湖を望む展望のよい環境で滑りも飛びも楽しめる。雄大な琵琶湖と真っ白な雪、そして青い空が織り成す大自然の美しい景色に浸っているだけでも十分に訪れた価値を感じられる。

どこもゲレンデ規模はさほど大きくはないが、天然雪と人工雪を巧にミックスさせて安定したコンディションを保つことができるのは、このエリアの強みだ。

【関西エリアのスキー場】
ちょっと広域ですが滋賀県・兵庫県では

                                               
関西 主なスキー場 びわ湖バレイ
  グランスノー奥伊吹
  ハチ・ハチ北
  奥神鍋
  スカイバレイ
  おじろ
  ハブとなる都市や交通機関 名神高速・京都東IC

なんというレイクビューの京阪神No.1ゲレンデ
びわ湖バレイ|BIWAKO-VALLEY

京都東ICから約40分とアクセスもよく、京阪神エリアのなかでも群を抜く人気なのが、びわ湖バレイ。その理由は、やはり琵琶湖を眺めながら爽快なライディングができる美しいロケーション。そして、天然雪を人工雪で補い、シーズンを通して豊富な雪量と安定した雪質のグッドコンディションを維持していることもある。

ゲレンデは9コースのレイアウトで、ボトムからロープウェイで一気に山頂へアクセス。9本のうち6コースが滑走距離1,000m以上と滑り応えは十分。天然コブのコースや美しい森のなかのツリーランコース、降雪時には非圧雪コースも開放され、変化に富んだ多彩なコースが味わえる。

びわ湖バレイを「一度は絶対に行ってみるべし」とする大人気スポットが標高1,000mの山頂に建つ「びわ湖テラス」。ヨーロピアンリゾートのような高級感漂うデザイナーズ空間で、デッキからは息を呑む日本一のびわ湖ビューが望める。

標高
1,174m

最長滑走距離
1,400m

標高差
224m

最大斜度
30°

コース数
9本

リフト
5本

G/R
-基/1本

◆公式HP/https://www.biwako-valley.com/winter/


【関西エリアのスキー場】

  1. びわ湖バレイ
  2. グランスノー奥伊吹
  3. ハチ・ハチ北
  4. 奥神鍋
  5. スカイバレイ
  6. おじろ
https://steep.jp/mountain/3559/

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける