東北エリア|神秘的な景観・ドライパウダー・温泉・味わい尽くしのみちのく旅

青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島
東北エリアは通好みのする山ばかり

東北エリアのスキー場は、 内陸部に集中し、湿気の少ない引き締まったドライパウダーが大量に降り積もるのが共通した特長。都心からの距離でいえば、決して近いとは言いがたいが、それでもスキーヤー・スノーボーダーたちが東北エリアの山に魅せられる理由は、やはり他では味わえない滑りごたえとフィールドを滑る人数の少なさがあるからだ。

八幡平のパウダーなどは、北海道の質にも劣らないとして、海外スキーヤーたちの憧れの地となっている。 とくに山形蔵王や青森八甲田では神秘的な樹氷が見られたり、 福島の猪苗代湖も美しい。また、付近には温泉地も多い。

滑りがメインの目的でも、やっぱりみちのくの旅はどこか情緒的だ。自分の「とっておき」を見つける意味でも、東北エリア開拓し甲斐はありそうだ。

Photo/Tempei Takeuchi Skier/Riki Nakajima
提供:BRAVOSKI

【東北 8スキー場】
それぞれの味わいを知るべし

東北エリアは広域にスキー場が点在していて、その位置・地形によるそれぞれの特長がある。どのような点がリピーターを集めているのかチェックしてみよう。

                                                                                       
東北 主なスキー場 安比
  夏油
  八幡平リゾート
  天元台高原
  星野リゾート アルツ磐梯
  星野リゾート 猫魔リゾート
  グランデコスノーリゾート
  スプリングバレー泉高原
 
  ハブとなる都市や交通機関盛岡
  仙台
  福島

ツリーラン・非圧雪エリアがどんどん開放される
安比高原|APPI KOGEN

 Photo/Keiji Tajima Skier/Yu Sasaki
提供:BRAVOSKI

標高1,304mの独立峰・前森山に21本のコースが放射線状に広がり、コースの半数は2km以上とロングでビックスケールなのが安比の特長。それをカバーするように機動力に優れたゴンドラやクワッドリフトが要所にレイアウトされているので、コース間のアクセスも軽快だ。

積雪量は極端に多くないものの、地形的条件と北緯40度の恩恵から、安比の雪はキメが細かく固まりにくい。この上質のパウダーが長い距離で楽しめるとあって、フリースキーヤーに人気を集めてきた安比だが、近年、非圧雪とツリーランエリアがどんどん拡大され、いまでは6エリアもある

非圧雪コースは降雪のないときはひしめくようなコブ斜面と化し、チャレンジ精神を掻きたてられる。降っても降らなくても満足度ビックなのが安比だ。

標高
1,304m

最長滑走距離
5,500m

標高差
620m

最大斜度
34°

コース数
21本

リフト
12本

G/R
1基/-本

◆公式HP/https://www.appi.co.jp/ski/


ドカ雪を心ゆくまで堪能できる6つのツリーランエリア
夏油高原|GETO KOGEN

Photo/Takahiro Nakanishi Skier/Takehiro Sakamoto(R)、Yuzuru Handa(L)
提供:BRAVOSKI

岩手県の南西部に位置し、東に北上山地、西に奥羽山脈をしたがえる夏油高原。その地形はドライなパウダーをたっぷりと降らせ、「積雪量本州一」を記録するくらいというから驚きだ。夏油の代名詞でもある豪雪を、惜しげもなく開放してくれるのが、夏油のすばらしいところ。

2本のゴンドラと5本のリフトで14本のコースを擁するが、 2015年からツリーランエリアを積極的に年々拡大し続け、そのアグレッシブな取組みでパウダーフリークの絶大なる支持を集めてきた。2020-21シーズン、ツリーランエリアがさらに拡大し、なんと13にもなった。それぞれ変化に富んだ地形を活かしたコースで、このように美しい森のなかでパウダーライデングを楽しむことができる。これは夏油の醍醐味だろう。

また、圧倒的な積雪量を活かしてシーズンの早い時期から20種類以上のアイテム数と行き届いた整備を誇るクオリティの高いパークも備えている。パウダーもパークも東北屈指で、「東北に夏油あり」と言わしめている。

標高
1,070m

最長滑走距離
2,980m

標高差
430m

最大斜度
36°

コース数
14本

リフト
3本

G/R
2基/-本

◆公式HP/http://www.geto8.com/


サイズは小でもコアなファンを集める魅力は大
八幡平リゾート パノラマ&下倉|HACHIMANTAI RESORT

岩手山の北側に広がる山岳リゾートは、パノラマスキー場と下倉スキー場の2パートに分かれている。2つはシャトルバスで行き来ができるが、タイプは全然違う。温泉リゾートでのんびりするのにはパノラマだが、滑りには下倉だ。

下倉のリフトはわずか3本。規模は大きくないが、ここ熱心に通うファンは多い。東北のドライパウダーという雪質はもちろんながら、コースがとびきりよいからだ。「ダイヤモンドコース」は1,000mの一枚バーンで最大斜度が37度、非圧雪なので、フレッシュスノーが降った後は間違いなくオーバーヘッドが味わえる。

積雪が少ないときは手強いコブ斜面やラフな変化に富んだバーンとなり、攻略のモチベーションが上がる。刺激的なコースがコアなスキーヤーを虜にするのだ。

標高
―m

最長滑走距離
―m

標高差
590m

最大斜度
37°

コース数
14本

リフト
7本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.hachimantai.co.jp/winter/


6ヶ月ものロングシーズンと本州最高級のパウダー
天元台高原|TENGENDAI KOGEN

山形県の天元台高原スキー場は、2,000m級の奥羽山脈の南部に位置する。トップ部の標高は1,800mを超えているうえ、北向き斜面なので「本州最高級のパウダー」と言われる雪質自慢も納得だ。そのため例年12月上旬から5月GWまで6ヶ月に渡るロングシーズンを誇っている。

駐車場のある山麓からロープウェイで標高差1,350mの高原へ一気にアプローチ。スキー場はその先に広がっており、さながら「天空のゲレンデ」の趣きだ。 樹氷も見られる美しい景観も天元台を特別なものにしている。

自然の地形を生かした縦長に展開するレイアウトはバラエティに富んだ斜面となっており、非圧雪のパウダーゾーンも開放されている。ゲレンデからバックカントリーに出られる環境もある。ハイシーズンには6kmもの超ロングランも楽しめる。首都圏からはちょっと距離があるが、出かける価値は十分だ。

標高
1,820m

最長滑走距離
6,000m

標高差
900m

最大斜度
32°

コース数
7本

リフト
3本

G/R
-基/1本

◆公式HP/http://www.tengendai.jp/winter/w-event.html


総合滑走力が上がる
星野リゾート アルツ磐梯|HOSHINO RESORTS ALTS BANDAI

 Photo/Wataru Sugimura Skier/Miwako Suzuki
提供:BRAVOSKI

磐梯山の麓に広がり、猪苗代湖を望む美しい景観と、22ものコースを擁するビッグスケールが特長のアルツ磐梯。トマムなどと並び国内外で多数のホテルや施設を運営する「星野リゾート」が運営しているため、そのホスピタリティや施設の機能性、ソフト面もハード面もクオリティレベルが高い。

スキーヤーにとっても実力は折り紙つき。スキー場最奥部にある霧氷エリアは雪質もよく、自然の起伏に富んでおり、ナチュラルジャンプや壁の当て込みなど、地形遊びができる通なスキーヤー御用達だ。

滑り派に響くコンテンツも充実しており、ファーストトラックや、スキー場内にある専用コースを滑るシャトル的キャットスキーのオペレーションも行っている。さらに世界大会を開催してきたノウハウのあるハイレベルのパークと、アルツ磐梯は「総合滑走力が上がること必須」の嬉しいスキー場だ。

次に紹介する猫魔スキー場は山の北に位置し、19-20シーズンから800mの雪上徒歩ルートで往来可能になった。今までは山の麓約35㎞を車で1時間の移動が必要だったが、約15分で猫魔スキー場の雪質、斜面も楽しめる環境に変化した!

標高
1,280m

最長滑走距離
2,500m

標高差
580m

最大斜度
33°

コース数
22本

リフト
7本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.alts.co.jp/


ミクロファインスノーなる超微粒雪が降る
星野リゾート 猫魔スキー場|HOSHINO RESORTS NEKOMA

猫魔スキー場の位置する裏磐梯は日本有数の豪雪地帯で、12月上旬から約5ヵ月のロングシーズンを誇る。1,000mの標高に、北向きの斜面は、猫魔独特のミクロファインスノーと呼ばれる超微粒子雪を積もらせる。それが樹木について、猫魔の象徴的な美しい「霧氷」の景観を生み出している。

この一帯はまとまった量が降ることが多く、4月でもミクロファインスノーがたまったパウダーライディングにあやかれることもある。非圧雪コースが充実していて、トップ部の「ディープ1」はその名の通りディープかつスティープなパウダースポットだ。ゲレンデはボトムから3方向に延びるレイアウト。ゲレンデの40%が上級者向きというハードバーンは滑り応えたっぷり。

また、パークも猫魔の名物。シーズンの経過とともにパークのアイテムやレベルが変化する。3月には世界大会レベルのスロープスタイルの大会も開かれるハイスペックなパーク「猫魔ステップアップパーク」も出現、プロたちもトレーニングで集う。

前に紹介した。アルツ磐梯は山の南側に位置し、19-20シーズンから800mの雪上徒歩ルートで往来可能。
今までは山の麓約35㎞を車で1時間の移動が必要だったが、約15分でアルツ磐梯の磐梯山や猪苗代湖を望むパノラマビュー、陽射し差し込む広大なゲレンデを楽しめる環境に変化。

標高
1,338m

最長滑走距離
2,100m

標高差
311m

最大斜度
33°

コース数
11本

リフト
5本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.nekoma.co.jp/


リフトはすべてフード付き、滑り・泊まりと超快適
グランデコスノーリゾート|GRANDECO SNOW RESORT

ハイソサエティでラグジュアリーな「裏磐梯グランデコ東急ホテル」を構えるリゾートでありつつ、滑りのクオリティも備えているのがグランデコの魅力。ベースの標高は1,000mを超えることで、上質の雪とロングシーズンが楽しめる。

ゲレンデは約2.4kmのゴンドラが基軸。その他のリフトはすべてフード付きクワッドというのもグランデコの特長。機動力が高く効率よく滑れ、かつ寒い思いをしなくていいのもスキーヤーフレンドリーでありがたい。

昨シーズンは非圧雪のパウダーゾーンが拡大し、さらに楽しさがアップ。子どもでも遊べる「スロープパーク」も充実した。フードコートのカフェ専門店も要注目。機能性のハード面と滑りのクオリティのソフト面の融合した贅沢なスキー場といえる。

標高
1,580m

最長滑走距離
4,500m

標高差
580m

最大斜度
33°

コース数
13本

リフト
4本

G/R
1基/-本

◆公式HP/https://www.grandeco.com/winter/


毎日ナイターも楽しめる仙台シティゲレンデ
スプリングバレー泉高原|SPRING VALLEY

仙台の市街地から車でわずか40分ほど、標高687mにある都市密着型のスキー場。泉ヶ岳の北側斜面に位置するので天然雪の雪質もよいが、積雪量を補うためにスノーマシンも併用。おかげで常に安定したグッドコンディションを保っている。

ゲレンデは18haとコンパクトながら、リフト4本で12コースが滑れるレイアウト。なかには36度の急斜面コースもある。スノーパークも豊富なアイテム数を誇り、宮城県内の名物的存在だ。さらにココの売りは毎晩22時まで営業のナイター。金&土曜の夜ならば23時まで滑れるというから仕事帰りでも十分に楽しめるのだ。

標高
959m

最長滑走距離
1,450m

標高差
272m

最大斜度
36°

コース数
12本

リフト
4本

G/R
-基/-本

◆公式HP/https://www.springvalley.co.jp/winter/

【東北エリアのスキー場】

  1. 安比高原
  2. 夏油高原
  3. 八幡平リゾート パノラマスキー場&下倉スキー場
  4. 天元台
  5. 星野リゾート アルツ磐梯
  6. 星野リゾート 猫魔
  7. グランデコスノーリゾート
  8. スプリングバレー泉高原
  9. 雫石
  10. 蔵王温泉
  11. 会津高原たかつえ
  12. オニコウベ
  13. あただら高原


https://steep.jp/mountain/3559/embed/

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける