石打丸山スキー場|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

石打丸山スキー場のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■石打丸山(新潟県)はこんなスキー場

やっぱり石打・進化が止まらない老舗スキー場

開業70年という長い歴史を持つ老舗スキー場。それに甘んじることなく革新的な取り組みで毎年新たな施設やサービスを提供している石打丸山。湯沢エリア最大規模の広大なゲレンデには、変化に富んだ地形を活かした23のコースに、日本海から吹きつける季節風がもたらす軽い雪‟魚沼パウダー”が降り積もる。

石打丸山のさらなる魅力は、広さ・アイテム数・クオリティとどれも国内最高レベルの充実したパーク。国内最大級のスーパーパイプ「ガンホーモンスターパイプ」も備えた最強ぶり。また、ナイターの規模も国内有数だ。

■石打丸山スキー場おすすめコース

・山頂ゲレンデ

最大斜度:35度 平均:15度 / 距離:900m / 斜面向き:東

山頂ゲレンデは迂回コースの森をショートカットするラインでツリーランを楽しめる。ショートコースではあるものの、雪質は石打でナンバーワン。斜度もあり、ツリーの中に沢地形が入り組み、楽しさがギュッと詰まっている。

・ジャイアントコース

最大斜度:32度 平均:13度 / 距離:1050m / 斜面向き:北

パラダイスという圧雪コースに隣接する森のツリーランが楽しめ、レベルに合わせて、途中から楽しむのも良し、上からたっぷりと楽しむのも良しと、初めてのツリーランに挑戦するなら入りやすいレイアウトだ。

・ダイナミックコース

最大斜度:24度 平均:20度 / 距離:430m / 斜面向き:北

広いオープンバーンでたっぷりと天然雪を楽しめるコース。スキー場下部に位置するため穴場的コースとなっており、競争率が低く、パウダーが残っている可能性も高い。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

山頂から魚沼盆地の眺望

サンライズエクスプレス降り場付近

銀座ゲレンデ 下部

銀座ゲレンデ 中腹

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
920m
最長滑走
4,000m
標高差
664m
最大斜度
35°
コース数
27本
リフト
13本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
ーcmーcmーcmーcmーcm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・圧雪・非圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

’21₋22もフルスペックで営業

’21₋22シーズンも、全リフト運行、2021年12月17日(金)~2022年4月3日(日) フルスペックで営業を予定。日本屈指のビッグスケールナイターは2021年12月25日(土)~2022年3月13日(日)

オートゲートシステムを導入

今季よりオートゲートシステムを導入、チケット窓口に並ばずに直接リフトの乗車が可能だ。これに伴い便利な新券種が登場。1日券は初回ゲート通過時より8.5時間有効な時間券。自由な時間からスタートして有効時間内であればナイターも滑走OK。また、シーズン中、好きなスケジュールで5日分滑走可能な、フレックス1日券5日分が1枚になったリフト券も登場。ますます便利に快適、ストレスフリーで滑る時間がさらに増える!

スノーガーデンがさらに充実

’20₋21シーズンよりオープンした新しい名所「スノーガーデン」は、滑りの合間にチルアウトできるナイスなスポット。今季、人気のスケルトンドームテントを大人数でも利用可能なサイズも追加してエリアを拡大! スノーガーデンのベースのカフェもリニューアル。越後の山々を望む展望フロアができ、席数もおよそ2倍に拡大する。滑って・和んで楽しい石打丸山は今シーズンも熱い!

新潟県による「鬼割キャンペーン」開催中!

新潟県によるキャンペーン「ONI割」が’21₋22シーズンも継続されており、お得なチケットを販売中!  リフト1日券・レンタル用品・雪遊び体験が半額になる。リフト1日券の割引額は最大3,000円、レンタル用品・雪遊び体験は最大5,000円だ。リフト券には購入制限があるため、詳しくは公式サイトで確認を。

[販売期間]2021年12月7日(火)10:00~2022年1月31日(月) 利用期間:~2022年3月31日(木)
[購入]専用webサイトで購入(すべてのチケット) URL:https://niigata-oniwari.jp/

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-