舞子スノーリゾート|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

舞子スノーリゾートのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■舞子スノーリゾート(新潟県)はこんなスキー場

フリーライドがうまくなりたければココ!

塩沢石打ICよりたったの1分! というマイカー派にはたまらなく便利なロケーション。 ゲレンデは3つのエリアにより構成され、ビギナーやキッズからエキスパートまで満足の全26コースを揃えて、その最長滑走距離は約6000mにもなる。

自然豊かな地形を活かし、奥添地エリアを中心に非圧雪やツリーランのコースがどんどん拡大している舞子。北向きのコースが多く、サラサラの魚沼パウダーが積もって、絶好のフリーライドゾーンとなっている。

毎年FWQコンペティションの開催会場となり、付随してフリーライドアカデミーも開設されるため、レッスンも受けられる。

■舞子スノーリゾートおすすめコース

・PeakPeformanceオフピステゾーン 

最大斜度:32度 平均:20度 / 距離:1000m / 斜面向き:北

北欧アウトドアブランド「PeakPerformance」がサポートする条件付き開放の非圧雪エリア。 滑走距離約1,000m、最大傾斜32度。降雪時には 極上パウダーを味わえる舞子屈指の、魅惑の難関コース。

・チャンピオンコース 

最大斜度:32度 平均:30度 / 距離:170m / 斜面向き:北

気象条件付きの非圧雪コース。距離は短いが舞子最難関、フリーライドの世界規模の大会FWTの前哨戦、FWQ/フリーライドワールドクオリファイの採用コースでもある。

・グングンコース・奥添地ツリーラン

最大斜度:24度 平均:15度 / 距離:820m / 斜面向き:北

中央部はモーグルの練習に最適なコブバーン。 奥添地クワッドリフト沿いは比較的コブが少なく、 降雪時はパウダーゲレンデに変身し、奥添地を一望できる見晴らしも最高。上部から見て左手には事前申請をして入る森の中のパウダーコース、奥添地ツリーランエリアが並ぶ。どこを滑り降りても、最後はコースに戻ることができるので、ツリー入門者にも最適だ。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

湯沢町

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
920m
最長滑走
6,000m
標高差
660m
最大斜度
32°
コース数
26本
リフト
9本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
119cm209cm252cm195cm173cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル

・非圧雪・圧雪・コブの割合


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

Back Country Tour がスタート! 

地元ガイドが開拓したバックカントリーエリアをご案内するというサービス。ガイドと一緒にその日コンディションの良い場所を滑ることで、安全に効率よくバックカントリーでのライディングが楽しめる。

医療従事者ありがとうキャンペーンを開催!

舞子スノーリゾートが属するスマイルリゾート5カ所(舞子スノーリゾート/湯沢中里スノーリゾート/ムイカスノーリゾート/キューピットバレイ/ニノックススノーパーク)において、コロナ禍における医療従事者の方々の貢献に感謝し、2021/22シーズン、医療従事者の方の1dayパスを半額で提供する。

新潟県による「鬼割キャンペーン」開催中!

新潟県によるキャンペーン「ONI割」が’21₋22シーズンも継続されており、お得なチケットを販売中!  リフト1日券・レンタル用品・雪遊び体験が半額になる。リフト1日券の割引額は最大3,000円、レンタル用品・雪遊び体験は最大5,000円だ。リフト券には購入制限があるため、詳しくは公式サイトで確認を。

[販売期間]2021年12月7日(火)10:00~2022年1月31日(月) 利用期間:~2022年3月31日(木)
[購入]専用webサイトで購入(すべてのチケット) URL:https://niigata-oniwari.jp/

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-
Japanese