丸沼高原スキー場|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

丸沼高原スキー場のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■丸沼高原スキー場(群馬県)はこんなスキー場

豊かな自然地形と「流れながら遊べる」コースデザイン

丸沼高原の最大の魅力は豊かな自然地形を活かした「流れながら遊べる」コースデザイン。さまざまな種類の壁と変化する雪質とのコンビネーションで、いつ行っても同じ状況がないため、地形遊びに夢中になってしまう。

なかでも一番面白いと絶賛されるのが、ロープウェイ山頂駅から麓までの4kmのロングコース。自然地形に沿いながら、左右の壁をリズミカルに当て込みながら滑れる。流れる水のように、漂い遊びながらライディングする4kmのダウンヒルは他では決して味わえない。また、玉井太朗プロデュースの「FROZEN WAVE PARK MARUNUMA」もリピーターを集める人気スポットだ。

トップの標高が2,000mもある丸沼は、雪質のよさにも定評がある。パウダーの日はロープウェイ1本でスキー場全体を回せるから非常に効率がいい。

■丸沼高原スキー場おすすめコース

・FROZEN WAVE PARK MARUNUMA

’21-22シーズンで3期目を迎えた玉井太朗氏がプロデュースする世界唯一のスノーサーフパーク「Frozen Wave Park Marunuma」が今シーズンも登場。スノーサーファーをはじめ、フリースタイラーやジバー、スキーヤーなど横ノリ縦ノリに関わらず、全年齢層が楽しめる氷の波が出現し、中緩斜面の3次元地形で板を走らせる面白さを追求できる。自分だけの気持ちいいラインを探して滑りこもう。

・シルバーコース

Photo=Tomokazu Kuwano

最大斜度:32度 平均:17度 / 距離:755m / 斜面向き:西

うねりのある非圧雪コース。出だしはすり鉢状になっており、レフト・ライトの両サイドの立体地形が面白い。滑り降りるに従って斜度も増してくる。普段のバーンは長いコブ斜面が続き、モーグラーやコブ愛好者が集まる。降雪後はスティープなパウダーライドが満喫できるが、スキーヤーズライトの斜面には大きなコブが残り続けるので、滑走時は注意が必要だ。

・ローズ下部コース

Photo=Tomokazu Kuwano

最大斜度:25度 平均:-度 / 距離:630m / 斜面向き:西

一定以上降雪があった時には非圧雪コースとして開放される。スキーヤーズレフトには角度には大きな壁が、ライトサイドは小さく緩やかな壁が続くため、両側の地形を使いながらハイスピードで大きなターンが描ける。斜度も一定なので、スピードコントロールもしやすく滑りやすい場所だ。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

標高1400m イエローコース
標高1500m バイオレットコース
標高1400m センターステーション前

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
2,000m
最長滑走
4,000m
標高差
600m
最大斜度
32°
コース数
13本
リフト
8本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
110㎝170cm230cm220cm130cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル

・非圧雪・圧雪・コブの割合


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

「FROZEN WAVE PARK MARUNUMA」produced by @tarotamai

’21-22シーズンで3期目を迎えた玉井太朗氏がプロデュースする世界唯一のスノーサーフパーク「Frozen Wave Park Marunuma」が今シーズンも登場。スノーサーファーをはじめ、フリースタイラーやジバー、スキーヤー、キッズ、レジェンドなど、オールジャンルに楽しめる氷の波が出現し、中緩斜面の3次元地形で板を走らせる面白さを追求できる。

24時間使える更衣室・トイレが新設

第一駐車場に24時間使える、更衣室・トイレが新設され、日帰りスキー・スノーボードにますます快適・便利になった。

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-
Japanese