ニセコモイワスキーリゾート|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

ニセコモイワスキーリゾートのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■ニセコモイワスキーリゾート(北海道)はこんなスキー場

official PV

あまりにも有名なバックボウルを持つニセコの隠れ家

地理的条件からニセコの中でも積雪量が多く、ディープパウダースポットとして人気が高いモイワ。規模は小さいながら末広がりの滑りやすいコースに羊蹄山の絶景が望めるロケーションの良さも魅力だ。

ゲレンデのコース脇には自然地形が豊かな美しい森が広がり、まさにナチュラルパーク。モイワの「バックボウル」はとても有名なパウダースポットでリピーターも多い。ニセコビレッジの中心部から少し離れているため、静かでのんびりした雰囲気を持ち、「ニセコの隠れ家」的な存在。

■ニセコモイワスキーリゾートおすすめコース

・しらかばコース

最大斜度:-度 平均:-度 / 距離:500m / 斜面向き:南

クワッドリフトを降り、左手にアンヌプリと羊蹄山を眺めながら、森の中にダイブすると沢のような地形や開けたツリーランが楽しめる。木々の間は感覚が広いので各自の安全な速度で楽しむことができる。通い詰めると好みのラインが見つかるに違いない。エントリーポイントが多いので午後でもノートラックの可能性も。

・エキスパートコース

最大斜度:-度 平均:-度 / 距離:800m / 斜面向き:南

第1リフトを降りてメインバーンを途中で右側に滑っていくエキスパートコースは基本圧雪コースだが、パウダーが乗った状態でのカービングが気持ち良い。

・ジャイアントコース

最大斜度:-度 平均:-度 / 距離:600m / 斜面向き:南

クワッドリフトを降りて、すぐ下に降りるとジャイアントコース。パウダーには最適な35度程度の開けた斜面はゲレンデ下部からも見えるステージ。そのままメインバーンに繋がり、圧雪脇のパウダーゾーンを滑るか、エキスパートコースや林間コースに繋げて。パウダーと圧雪の繰り返しは病みつきになる。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
839m
最長滑走
2,200m
標高差
400m
最大斜度
35°
コース数
8本
リフト
3本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
137m157cm226cm234cm-cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・非圧雪・圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21-22シーズンのトピックス

初めてのプログラムがいっぱい!

’21₋22シーズンからチビパーク(キッズパーク)、初めてのスキー・スノーボードエリア、初めてのレーシング体験などの施設が整い、プログラムが開始される。(詳しくは公式HPへ)

ニセコモイワ・キロロ・カムイスキーリンクス共通パスポート「JAPAN POWDER PASS」好評発売中!

パウダー、ツリーラン、サイドカントリー、グルーミングバーン、ロングコースなどあらゆるフィールドが楽しめることになる「JAPAN POWDER PASS」。それぞれ個性的なキロロ・ニセコモイワ・カムイスキーリンクスという3つのスキー場の共通パスポートが誕生。札幌でもニセコ、旭川ステイでも、拠点に制限されずに北海道を滑り回れる旅のスタイルが実現する。詳しくは 
https://webstore.kiroro.co.jp/JP/japan-powder-pass

リフト券のオンライン販売を開始! 

オンラインからの購入で約10%オフ。お得に購入できるだけでなく、2回目以降は手持ちのリフト券にチャージが可能でリフト乗り場に直接アクセス可能となる。これは便利


■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-