星野リゾート トマム |スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

星野リゾート トマムのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■星野リゾート トマム(北海道)はこんなスキー場

official PV

滑り・遊び・ステイ・グルメ・楽しみの詰まった宝箱

北海道のほぼ中央に位置する星野リゾート トマムは、標高1,239mのトマム山に広がる「トマムマウンテン」と東側の「タワーマウンテン」の2つの山から構成されており、全29コース。内陸の極寒地ならではのドライパウダーを楽しめる。

北海道のありのままの自然を自由に滑る「冬山解放宣言」を掲げ、スキー場内で上級者限定解放エリアのサイドカントリーを開放。美しい樹林帯で起伏変化も豊かなツリーランが楽しめ、パウダー派のファンを集めている。



狩振山CATツアー

リゾートが運営するCATスキーオペレーションもあり、狩振岳のパウダーフィールドを12名で貸切るという贅沢なツアーや、バックカントリーを始めたい人が必要なスキルを学べる「Step to Back Country」プログラムなど、さまざまな選択肢で冬山を楽しむ環境を提供している。

また、施設やサービスの充実ぶりも際立っている。トマム山のトップには雄大な自然のパノラマが楽しめる「霧氷テラス」、スキーIN/OUTのできる「ホタルストリート」、国内最大級のインドアウエーブプール「ミナミナビーチ」や、幻想的な氷の世界を演出した「アイスヴィレッジ」など、オフタイムの楽しみも無限、滑りからアフターまで楽しみが詰まった宝箱のようなリゾートだ。



■星野リゾート トマムおすすめコース

・ノーグラビティ

最大斜度:35度 平均:26度 / 距離:770m / 斜面向き:南東

トマム山の1,088m地点から広がる最大斜度35°がコースのほぼ下まで続くハードな上級者コース。まさしくその名の通り、重力の存在を忘れるかのようなパウダーの浮遊感がたまらない。

・グローリー

最大斜度:25度 平均:20度 / 距離:520m / 斜面向き:東

雲海ゴンドラでアクセスする尾根沿いより分岐する非圧雪バーン。ここはシーズンを通して最もパウダーにヒットする確率が高く、降雪のあった日は最高! 風向き次第では午後までリセットが続くこともある。

・ノーススター

最大斜度:30度 平均:22度 / 距離:500m / 斜面向き:南

雲海ゴンドラトップから走る全長3,300mのシルバーベルコースの途中からエントリーする右曲がりの非圧雪コース。非圧雪上級コースへの登竜門だ。周りを木に囲まれた大自然の白い森の雰囲気たっぷりのコース。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

本日のゲレンデコンディション(リンクはこちら

清水町

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,171m
最長滑走
4,200m
標高差
585m
最大斜度
35°
コース数
29本
リフト
5本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
200m250cm285cm170cm80cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・非圧雪・圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

霧氷テラスの展望デッキがリニューアル

山麓から雲海ゴンドラで13分で別天地へ。氷点下約2~10度の間で空気中の水分や霧が木々に付着する現象「霧氷」が鑑賞できる「霧氷テラス」は今や星野リゾート トマムの名物だ。’21₋22シーズン、この霧氷テラスの展望デッキがリニューアル。2021年12月1日~25日は、期間限定で夜の「霧氷ライトアップ」、そして展望デッキに併設されている「雲Cafe」では、新メニューの「霧氷チョコレート」(数量限定)が新たに提供される。

北海道パウダーベルトを楽しむ

星野リゾート トマムから富良野・黒岳・カムイなどを含み旭川までをつなぐエリアは「北海道パウダーベルト」と呼ばれ、同じ北海道でも格段に乾燥した超ドライパウダーに恵まれるスノーフィールド。星野リゾート トマムは長期滞在してパウダーベルトを探索するという新しい楽しみ方を提案。

サホロリゾートや富良野スキー場への送迎バスサービスに加えて、’21₋22シーズンから旭川⇔星野リゾート トマムをつなぐシャトル「パウダーベルトライナー」を運行、星野リゾート トマムとカムリスキーリンクスの共通リフトパスを発行など、パウダーベルトを楽しむ環境をサポートしている。


■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-