高鷲スノーパーク |スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

高鷲スノーパークムのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■高鷲スノーパーク(岐阜県)はこんなスキー場

official PV

ダイナランドと共通券で滑れる量も楽しみもダブルサイズ

ゲレンデトップの標高1,550mまで、全長2,700mの15人乗りゴンドラで一気に上がれる。ゲレンデ上部ではダイナランドと繋がっており、共通リフト券で2つのビッグゲレンデを自在に行き来できる。その最長滑走距離は4,800m、その他にも4,000mを超えるロングコースが2本あり、ロングクルージングを楽しむのに最適だ。

非圧雪コースも年々拡張している高鷲スノーパーク。’’21-22シーズンには橅(BUNA)、楢(NARA)、栃(TOCHI)、楓(KAEDE)と4つのツリーランコースを開放。北向き斜面で心ゆくまでパウダーが楽しめる。

また、高鷲スノーパークの大きな魅力がハイスペックなパーク。世界基準を満たすコース長約120m、高さ7mのスーパーパイプや、バンクスとキッカーがミックスされた流しやすい新感覚の複合型パークを備えている。



■高鷲スノーパークおすすめコース

・ダイヤモンドコース

最大斜度:17度 平均:14度 / 距離:250m / 斜面向き:東

12月~5月までシーズン中の全日程を滑走できる全長2,500mのメインゲレンデ。中斜面主体のコースで、積雪量によって様々なラインディングが楽しめ、コース脇の地形も面白い。北斜面で谷状のコースの為雪質も良好。

・パノラマコース

最大斜度:21度 平均:15度 / 距離:2550m / 斜面向き:北東

12月~5月までシーズン中の全日程を滑走できる全長2,500mのメインゲレンデ。中斜面主体のコースで、積雪量によって様々なラインディングが楽しめ、コース脇の地形も面白い。北斜面で谷状のコースの為雪質も良好。

・ダイナミックコース

最大斜度:24度 平均:10度 / 距離:4000m / 斜面向き:北東

ゲレンデ南側の尾根を滑り降りるまさに「ダイナミック」な全長約4,000mのロングコース。緩急ある斜面はスキーヤーに人気がある。コース中腹から下部はチャンピオンクワッド回しで何本も楽しめる。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,550m
最長滑走
4,900m
標高差
600m
最大斜度
40°
コース数
12本
リフト
4本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
80m150cm200cm150cm100cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・非圧雪・圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

複合型パークMIXED UP BANKSが登場

’21₋22シーズン、高鷲に西日本初となるバンクスとキッカーが融合した複合型パークMIXED UP BANKSが登場する。本来のバンクスの遊び方にキッカーが加わり、よりクリエイティブに遊べるパークで、リフト1本分に趣向を凝らしたさまざまなアイテムがラインナップし、流しやすいデザインが特長だ。

’21₋22シーズンも「No.1! スーパーパイプ」出現

高鷲スノーパークの名物ともなっている高さ7mの「No.1! スーパーパイプ」は’21₋22シーズンも継続。日本に一台しかない世界基準規格で作られる世界最高レベルのスーパーパイプ。世界を目指すプロたちのトレーニングパイプにもなっている。また、初心者でも簡単に入れるレギュラーパイプもあり、2本が常設される予定。

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-