赤倉観光リゾート|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

赤倉観光リゾートのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■赤倉観光リゾート(新潟県)はこんなスキー場だ

official PV

上級者に人気の「アカカン」・パウダー&ロングコースが魅力

ゲレンデ中腹に立つ赤い屋根の赤倉観光ホテルは、創業から80年の歴史をもつ日本の高原リゾートの草分け的存在。アカカンの愛称で呼ばれ、上級スキーヤーに人気。妙高高原ICからわずか8分、駐車場からすぐにコースインできるので、歩く必要がないところが便利だ。

スキー場は妙高山系の前山をバックに、縦に延びるレイアウト。隣の赤倉温泉スキー場と相互連絡できる。

赤倉観光リゾートでは標高の高さと雪が降り積もりやすい地形とがあいまって、安定したパウダー環境が実現している。上部リフト終点から、バックカントリーエリアへのアクセスもしやすい。ゴンドラやリフトを使ってロングのコース取りができるため、滑走満足度が高いのも特徴だ。

■赤倉観光リゾートおすすめコース

・ホテルAコース

最大斜度:23度 平均:18度 / 距離:900m / 斜面向き:北

ゲレンデ最上部のホテル第5クワッド沿いを走る非圧雪斜面。降雪後は多くがここを目指す。最大斜度23度、コース長900、比較的ワイドでパウダーでも攻めやすい。コース上部にはBCエリアへのゲート(アバランチトランシーバーチェッカー付)がある。

・チャンピオンAコース

最大斜度:32度 平均:20度 / 距離:1200m / 斜面向き:北東

アカカン最大の斜度(32度)を持つ非圧雪コース。コース長も1200mと長く滑り応えあり。降雪後はパウダー、普段は手ごわいコブ斜面。ここでは一晩でもコブがしっかり埋まるほどの降雪は珍しくなく、当たれば極上の滑走を期待できる。

・女子国体コース

最大斜度:22度 平均:12度 / 距離:1700m / 斜面向き:東

上部は急斜面、全体的には攻めやすい中斜面が1700mも続くロングコース。ストレートラインから大きくカーブした圧雪されたバーンを高速でかっ飛ぶのは最高。パウダー時も気持ちよし。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,885m
最長滑走
8,500m
標高差
1,121m
最大斜度
38°
コース数
17本
リフト
4本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

・平均降雪量

2018-19シーズン2019-20シーズン2020-21シーズン
253cm145cm263cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・圧雪・非圧雪・コブの割合(%)

■’21₋22シーズンのトピックス

新潟県による「鬼割キャンペーン」開催中!

新潟県によるキャンペーン「ONI割」が’21₋22シーズンも継続されており、お得なチケットを販売中!  リフト1日券・レンタル用品・雪遊び体験が半額になる。リフト1日券の割引額は最大3,000円、レンタル用品・雪遊び体験は最大5,000円だ。リフト券には購入制限があるため、詳しくは公式サイトで確認を。

[販売期間]2021年12月7日(火)10:00~2022年1月31日(月) 利用期間:~2022年3月31日(木)
[購入]専用webサイトで購入(すべてのチケット) URL:https://niigata-oniwari.jp/

「Bakery&tableAkakura Kanko Hotel」オープン!

’21-22シーズンよりスカイケーブルのりば下の旧「カフェプリモス」をリニューアルして、自家製の豆乳を使ったクリスピーピッツアと、ホテルメイドのパンやサンドイッチとロールケーキが美味のお店「Bakery&table Akakura Kanko Hotel」がオープン! 

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-