富良野スキー場|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

富良野スキー場のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■富良野(北海道)はこんなスキー場だ

北海道の雄大さを感じる2エリアからなる広大な粉雪フィールド

十勝岳・大雪山連峰の雄大な眺望のもとで、そのゲレンデ規模やファシリティの高いレベルからも、北海道を代表する複合型リゾートの富良野。北の峰と富良野の2つのゾーンがゲレンデ上部でつながっていて、初級者から上級者まで楽しめるバリエーション豊かな全28コースを持つ。

内陸ならではの超ドライパウダーと美しいグルーミングが2軸で楽しめるのが富良野スキー場の最大の魅力。リフトからの景観もすこぶるよいため、北海道の雄大な自然に身も心も浸れる。

2つのゾーンいずれにも非圧雪コースがあり、特に富良野ゾーンのパウダーに一番糊をするには新富良野プリンスホテルに泊まるのが便利。

■富良野スキー場おすすめコース

・プレミアコース

最大斜度:34度 平均:23度 / 距離:830m / 斜面向き:東

標高943mの北の峰ゾーンのピークから始まる非圧雪コース。最大斜度は34度、ここにドライパウダーが溜まればオーバーヘッドのスプレーは必須。北の峰ゴンドラで一気にアプローチできるのも魅力。朝イチは断然ここを目指そう。

・E1コース

最大斜度:25度 平均:18度 / 距離:430m / 斜面向き:-

富良野ゾーン最上部からの非圧雪コース。距離は長くないが、標高1,064m地点のパウダーは極上のクオリティだ。特にここからの景観の美しさは格別。降雪のないときはテクニカルなコブ斜面になる。

・A2コース

最大斜度:22度 平均:12度 / 距離:1750m / 斜面向き:-

12月下旬から2月上旬まで期間限定で、降雪のあった翌朝は非圧雪の状態で開放され「シルキーバーン」に。お昼には圧雪が入り、きれいなグルーミングバーンに変身するというユニークなコース。白樺林を抜けながら、起伏の豊かな地形で1750mものロングライドが楽しめる。

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ (リンク)

富良野ロープウェー山頂

富良野ロープウェー山頂 積雪計

■ゲレンデ情報

・基本情報

※最新データ入っている状態

トップ標高
1,074m
最長滑走
4,000m
標高差
839m
最大斜度
34°
コース数
28本
リフト
7本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
1本

・月ごとの平均降雪量

12月1月2月3月4月
130cm165cm230cm230cm150cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・圧雪・非圧雪・コブの割合(%)

■’21₋22シーズンのトピックス

毎年恒例の人気企画「ファーストトラック」

例年開催される「ファーストトラック」が’3メニューで’21₋22シーズンもラインナップ。いずれも7:40発で誰もいないゲレンデへ! 完全予約制で、前日5:00P.M.までに富良野スキー場ファーストトラック係に申込が必要(定員30名)

・木村公宣  アトミック・サロモンファーストトラック
開催日:2021年12月30日(木)~2022年1月3日(月)(全7日間)
滑走エリア:富良野ゾーン D1、A2 (A1、B1の場合あり)、パン・コーヒー付き 利用料:2000円

・富良野ファーストトラック
開催日:2022年1月9日(日)・16日(日)30日(日)、2月11日(金・祝)・13日(日)・20日(日)・23日(水・祝)・27日(日)(全10日間)
滑走エリア:富良野ゾーン D1、A2 (A1、B1の場合あり)、ソフトドリンク券付き 利用料:1500円

・北の峰ZONEファーストトラック
開催日:2022年1月23日(日)、2月6日(日)(全2日間)
滑走エリア:北の峰ZONE  利用料:1500円

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-