谷川岳天神平スキー場|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

谷川岳天神平スキー場のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■谷川岳天神平スキー場(群馬県)はこんなスキー場だ

コアな滑り手たちに人気の山岳スキー場

周囲を標高2,000m級の山並みに囲まれ、天神峠と高倉山の2つのピークの間に広がる谷川岳天神平スキー場。1月や2月のハイシーズンの週末はファーストトラック争奪戦になることを覚悟するほど、コアな滑り手たちに人気の山岳スキー場だ。

主峰谷川岳から延びるバックカントリーエリアへは、頂上部から左手に行った専用ゲートからアクセス。登山届けやBC装備は必須でBCエリアへはコアな滑り手が足蹴く通う。急斜面、沢状と雪崩の危険性も少なくないタフな斜面のため、BC滑走には十分注意が必要。

ロープウェイを降りると、広大なスノーフィールドが広がっている。リフトは3本しかないが、起伏に富んだ地形は、手ごわい急斜面のフェイスも多く、滑り応えたっぷりだ。谷川連峰という山岳地帯の厳しい気象条件がゲレンデにもたらすのは、圧倒的な積雪量と極上のクオリティのパウダースノー。12月初旬から5月上旬までとロングシーズンも特長だ。

■谷川岳天神平スキー場おすすめコース

・天神峠リフト脇上級コース

最大斜度:28度 平均:22度 / 距離:500m / 斜面向き:北

スキー場ボトムから右手、ほぼ森林限界の急斜面エリアを指す。トップ標高1502mの天神峠から幅広い斜面を自由に滑れる。降雪後のパウダー狙いはまずここだろう。最大斜度34度。峠正面コースと称され、バーンは不整地。パウダー滑走のメインエリアだ。いずれも広がりがあるため斜度感を感じないが、滑り応えは満点。アイスバーン時は要注意。

・天神峠リフト中級コース

最大斜度:28度 平均:22度 / 距離:500m / 斜面向き:北

峠裏コースと呼ばれる圧雪される斜面。平均斜度は18度。降雪後は中級者でもパウダー滑走が楽しめるラインだ。天神峠リフト降り場からの眺望も味わってほしい。

■コースマップ

天気予報

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,500m
最長滑走
4,000m
標高差
754m
最大斜度
30°
コース数
10本
リフト
-本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
1本

・コースレベル(%)

・非圧雪・圧雪・コブの割合(%)

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-