2020-21「早割」 シーズン券・リフト券|今が買いどき! 逃さないようにお得を Check !  ~updated!

今が購入チャンスの早割シーズン券・リフト券

早ければ早いほど割引が得られるお得な「早割」。今や航空券やホテルや旅館の宿泊は言うまでもなく、結婚式や、なんとお葬式まで「早割」は大人気だ。

コロナ禍で先の見えない2020‐2021シーズンだが、やる気十分なスキー場は、すでに早割シーズン券・リフト券の販売を始めている。各スキー場それぞれに料金や特典は色とりどり。コロナの影響はないとは言えないが、お得なシーパスを手に入れてシーズンに向けて気持ちを高めていくのはいいだろう。
温泉利用券つき・食事つき・駐車場無料・子供や友人のリフト券優待・提携スキー場でのリフト券の優待もあり、などのさまざまなプラス特典にも魅かれる。

早割の購入期間が短いものや、販売枚数が限定されているものも少なくない。早ければ早いほど割引の多い「スーパー早割」「超早割」が、時期を過ぎると「早割」とランクが下がり、シーズンイン近くなると「通常価格」になってしまう。


まずは、どのくらいお得なパスがあるのかご覧あれ。


※なお、内容は変更になる場合があります。早割料金ご利用は、各スキー場のHPで必ずご確認ください。

INDEX

■早割の購入期限に間に合うように!

4つのスキー場をハシゴできるユニークな「時間券」


川場・丸沼・ホワイトワールド尾瀬岩鞍・宝台樹スキー場の
4スキー場で1時間単位で自在に使えるユニークな「時間券」

群馬県の川場・丸沼・岩鞍・宝台樹という、人気の4スキー場のリフトを「10時間」もしくは「20時間」利用できる「ICチケット」。1時間区切りなので、移動して、1日に全スキー場を制覇することも可能という優れモノ。

※残時間があれば、シーズン中は別日にて利用が可能(例:1日目3時間、2日目4時間、3日目3時間など)
※各スキー場毎に、1ドリンク付(計4回のドリンク提供。内容はスキー場により異なる)

販売期間:2020年10月1日 ~
購入方法:下記の販売受付サイト WINTER PLUSにて


志賀高原 焼額山|エリアシーズン券
8月31日までなら“超早割”で¥35,000

2020-2021シーズンの志賀高原 焼額山エリアシーズン券。8月31日までは「超早割」、10月31日までは「早割」、11月1日以降は通常価格となるが、超早割りは通常価格より15,000円も安い。どうせ買うなら早いほうがグンとお得!

販売期間:2020年7月1日~
購入方法:公式HP上の『ご案内・申込書はこちら』より申込用紙をプリントアウトし、志賀高原 焼額山スキー場へ郵送

超早割(~8/31まで)早割(~10/31まで)通常価格(11/1以降)
大人¥35,000¥42,000¥50,000
シニア¥29,000¥35,000¥43,000
中高生¥28,000¥34,000¥41,000
※SEIBU会員はさらに割引あり・公式HPを参照

◆詳しくはコチラ https://www.princehotels.co.jp/ski/shiga/informations/seasonpass/


札幌国際スキー場|シーズン券
期間限定の4会場のみでの販売

◆POWDER4 販売受付サイト 
http://cloud.wp.winterplus.jp/powder4-seasonpass

札幌からの抜群のアクセスながら、雪質がよいことで人気の札幌国際。ローカル御用達の早割シーズン券は、以下の4会場のみで期間限定で販売、とユニークなスタイルだ。

第1回8月27日(木)~8月29日(土) 9:30~16:00札幌国際スキー場 
大通事務所
第2回9月12日(土)~9月13日(日) 9:30~16:00札幌国際スキー場 
大通事務所
第3回9月26日(土)~10月18日(日) 9:30~16:00札幌国際スキー場 
インフォメーション横
第4回10月31日(土)~11月1日(日) 10:00~17:00 スーパースポーツゼビオドーム
札幌月寒店

◆詳しくはコチラ https://www.sapporo-kokusai.jp/news/1688.html


川場スキー場|シーズン券(全日)
11月30日まで早割で55,000円→47,000円

都心からクルマでわずか2時間というアクセスのよさなのに、群馬県のなかでも屈指の積雪量を誇る川場。標高が高いため雪質もよく、パウダーも楽しめるうえ、クオリティの高いパークやモーグルバーンも自慢。11月30日までなら早割で全日利用のシーズン券は8,000円お得、平日限定のシーズン券は37,000円→32,000円と5,000円お得。

販売期間:10月16日 ~ 11月30日 まで
購入方法:川場スキー場ECサイトにて https://kawaba.geekoutsnow.com/ja/

早割(全日利用)通常価格
大人¥47,000¥55,000
小人¥27,000¥32,000
シニア(50歳以上)¥37,000¥42,000

◆詳しくはコチラ https://www.kawaba.co.jp/snow/archives/


斑尾高原スキー場|シーズン券
繰り返し通いたくなる“まだパウ”へのフリーパス

これが「まだパウ+斑尾ツリーラン」

コースの多くが北斜面で、質の良い雪が繰り返し降り積もる斑尾。その良質なパウダーは「まだパウ」と呼ばれる人気ぶり。そして斑尾といえば日本有数のツリーランコースを持っていることでも名高い。

ローカルはじめ根強い斑尾ファンに必携のシーズンパスを、10月末までなら超早割りで、11月末までなら早割で購入できる。タングラム斑尾との共通パスの早割も設定されている。

販売期間:9月~11月31日
購入方法:公式HPにて

超早割(~10/31まで)早割(~11/31まで)通常価格
大人¥28,000¥38,000¥48,000
シニア(55歳以上)・中高生¥28,000設定なし¥33,000
小人¥10,000¥10,000¥20,000
購入時に別途ICカード保証料500円が掛かります。

◆詳しくはコチラ  http://www.madarao.jp/1088


■ 販売枚数限定・早い者勝ち!


丸沼高原|シーズン券
限定500枚! 発売解禁の9月7日から要ダッシュ

昨シーズン、プロスノーボーダー玉井太朗氏による「スノーウェーブパーク」が誕生し、熱い注目を集める丸沼高原。早割シーズン券はわずか限定500枚。9月7日の受付は9時から~10月31日までで売り切れ次第終了。通常価格より12,000円もお得! 子連れファミリーならさらに割引率アップだ。

販売期間:2020年9月7日 9:00から受付開始~10月31日まで
購入方法:インターネット特設ページにて(公式HPで発表予定)

早割通常価格
大人¥50,000¥62,000
中高生¥10,000¥30,000
小学生¥10,000¥22,000

◆詳しくはコチラ https://www.marunuma.jp/green/news/8320/


■ こんなに安くていいの? コスパ最高

安比高原スキー場|シーズン券
特典いっぱいで最大32,000円も安い

安比のコースは空から眺めるとこんなに長い

日本有数のロングコースで有名な安比高原。美しくグルームされたバーンを高速ターンで切り裂くのは最高、とファンも多い。安比のシーズン券は特典がいっぱい。温泉優待・レッスン優待・ホテル宿泊優待・近隣スキー場の八幡平リゾート(パノラマスキー場・下倉スキー場)&秋田県たざわ湖スキー場の1日券が半額になる。さらに、安比オリジナルクーポン券もついてくる。

販売期間:2020年8月1日~11月27日まで
購入方法:詳細や購入手続きは公式HPから

8/1〜10/31まで11/1〜11/27まで通常価格
大人¥56,000¥66,000¥88,000
シニア(満60歳以上)¥45,000¥66,000¥88,000
小・中・高生¥34,000¥66,000¥88,000

◆公式HP https://www.appi.co.jp/ski_contents/half_season_ticket


めいほうスキー場|シーズン券
24,000円も安くなる早割は限定2000枚

通常60,000円のシーズン券が10月31日までの早割で36,000円に。24,000円の割引に加えて、駐車場無料、同伴者4名までレストラン30%OFF、1日券も1,500円割引、レンタルも500円割引、提携している「スノーバーズクラブ」加盟の22のスキー場の1日券が半額になるという特典がつく。

昨シーズンにシーズン券を購入したリピーターは、さらに割引の32,000円になる。 限定2,000枚なので早めにゲット!

販売期間:~10月31日まで
購入方法:詳細や購入手続きは公式HPから

早割り(~10/31まで)通常価格
¥36,000¥60,000

◆詳しくはコチラ https://www.meihoski.co.jp/winter/season20s/


■ 1枚で複数のスキー場を自在に滑れる

HAKUBA VALLEY|シーズン券
これ1枚で白馬の10スキー場がシーズン中滑り倒せる

HAKUBA VALLEY

HAKUBA VALLEYの全10スキー場が自由自在に滑れる共通シーズン券の早割販売。昨年の大好評を受けて8月3日から販売中。

販売期間:2020年8月3日~9月30日まで
購入方法:詳細や購入手続きは公式HPから

8/3〜9/3010/1〜11/3012/1〜
大人¥99,800¥118,800¥142,800
小人¥53,000¥63,000¥77,000

◆詳しくはコチラ https://www.hakubavalley.jp/seasonpass/


白馬五竜&HAKUBA47|共通シーズン券
この2つのスキー場だけでも十分に満足

国内屈指のクオリティの高いスノーパークを持つHAKUBA47ウィンタースポーツパークと、隣接しているエイブル白馬五竜の共通シーズン券を早割で。白馬連峰を望む景色の美しさと、多彩なコースが魅力の両スキー場。

47&五竜のシーズン券を購入すると、全国22のスキー場が加盟しているスノーバーズクラブの提携スキー場の1日券も半額で購入できる。

販売期間:2020年8月1日 ~11月30日まで
購入方法:公式HPにて

前売りシーズン券A
(8/1~9/30)
前売りシーズン券B
(10/1~11/30)
通常価格
大人¥50,000¥60,000¥65,000

◆公式HP https://www.hakuba47.co.jp/winter/area/season_ticket/


星野リゾートトマム|シーズン券
日本最大級のお得感でアルツ磐梯・猫魔スキー場もカバー

星野リゾートトマムのシーズン券は、スノーシーズンに限らず、なんと年間を通じて楽しめる特典付き。冬期はトマムの名物、アイスヴィレッジがいつでも無料、そしてグリーンシーズン中でも、今年も来年も雲海テラス行きのゴンドラ往復、インドアプールのミナミナビーチの入場が無料になるという、マルチパスポートだ。

そして、星野リゾートの運営するアルツ磐梯・猫魔スキー場も全リフト・ゴンドラが無料。つまり3スキー場共通シーズンパスが27,000円なのだ。北海道になかなか行けない本州スキーヤーも、アルツと猫魔が滑り放題なら狙える範囲内ではないだろうか。

販売期間:2020年9月1日 ~11月30日まで
購入方法:公式HPにて

早割通常価格
大人¥27,000¥50,000
シニア(55歳以上)¥24,000¥45,000
中高生¥12,000¥24,000
小学生¥10,000¥20,000
滑る方専用のシンプルなレギュラーシーズン券

◆詳しくはコチラ https://www.snowtomamu.jp/winter/ski/ticket/season.php


■ シーズンインから終了までこんなに長く滑れる

夏油高原|シーズン券
パウダー・ツリーラン・ロングシーズンの最強フリーパス

病みつきになる夏油パウダーにシーズンパスは最適

夏油高原スキー場といえば、豪雪地帯として有名なパウダーのメッカ。雪つきの早さも格別で、11月中旬からシーズンインし、5月のGWまで滑れるという超ロングシーズンも特長。

ツリーランの充実ぶりも日本有数。今シーズンはさらにツリーランコースが拡大。パウダー&ツリーランが半年近くも楽しめるという、夏油高原の最強のフリーパスが、9月31日までスーパー早割で購入可能。雪が早くオープンが早まった場合も使用開始が繰上げされる。その他、夏油高原温泉の入浴割引などもついてくる。

販売期間:2020年7月1日~
購入方法:公式HPからインターネット申し込み・郵送・現地購入と選択可能

7/1~9/3010/1~11/3012/1以降
大人¥58,000¥63,000¥76,000
シニア(満60歳以上)¥48,000¥53,000¥66,000
大人(21~25歳)¥29,000¥29,000¥76,000
大人(26~30歳)¥39,000¥39,000¥76,000
中高生¥26,000¥26,000¥26,000
小学生¥21,000¥21,000¥21,000

◆詳しくはコチラ http://www.geto8.com/2lift/seasonpass.html

※掲載されている内容は2020年10月の情報です。

-FOLLOW US ON-