スキーギアレビュー VECTORGLIDE,OMNIS,MARKER|河野健児 編

ライダーがこの冬使い倒した愛用のギアについて、インプレッションを語ってもらおう。
今回は野沢温泉でメインに活動する河野健児の愛用スキー、ブーツ、ビンディングだ。

河野健児 39歳
元スキークロス日本代表。野沢温泉観光協会協会長を務めながら、Vector glideの開発責任者でもある。グリーンシーズンはSUPやツリーキャンプなどのアウトドアアクティビティを普及し、四季を通じて野沢温泉の魅力を伝え続ける。

河野健児のセットアップ

スキー:Vector glide  Cordova Metal 190cm(120-85-110)’22-23モデル
ブーツ:Omnis pro F120 ’22-23モデル
ビンディング:Marker JESTER 16 ID 解放値10で使用 ’22-23モデル

セットアップのレビュー

板に内蔵されているメタルが振動を抑え、スピードが速くなるほど安定感を増していきます。速くて板がバタついてしまうような状況でも雪面にピッタリ張り付く様な安定感が特徴です。ハードバーンにおいて絶対的の信頼感があるスキーですね。
ブーツはロアシェルに比べてアッパーシェルがソフトなため、ターンの切れ味を残しつつ、可動域が広い。なので、バックカントリーなどのさまざまなコンディションでも柔軟に対応してくれる一足です。ゲレンデ、バックカントリーと様々なシチュエーションで滑りますが、一年を通してこれ一足で滑り通します。
ビンディングはホールド感が素晴らしく、スキーのたわみもきれいに出せるため、BC以外で使用するスキーには全てJESTERを使用しています。

各ギアの評価

スキーレビュー

Vector glide Cordova Metal

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ノーズ:★★★★☆
センター:★★★★☆
テール:★★★★☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★☆☆
Grooming:★★★★★
Hard pack:★★★★★
park:★☆☆☆☆
Moguls:★☆☆☆☆
Touring:★★★☆☆


ブーツレビュー

Omnis pro

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ロワーシェル:★★★☆☆
アッパー:★★★★☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★☆
Grooming:★★★★☆
Hard pack:★★★★☆
park:★★★☆☆
Moguls:★★★★☆
Touring:★★☆☆☆

●よく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
すべての時期、場所、コンディション。シーズンを通してOmnis proのみ。


ビンディングレビュー

Marker JESTER 16 ID

●印象を5段階で
パワー伝達感:★★★★★
信頼感:★★★★★
使い心地:★★★★★
軽量感:★★☆☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★☆
Grooming:★★★★★
Hard pack:★★★★★
park:★★★★☆
Moguls:★★★★☆
Touring:ナシ

●ご自身がよく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
ゲレンデ、グルーミング、サイドカントリー


高速域でここまで体を倒しても安定したターンができるのはCordova Metalの真骨頂 photo:Jun Yamagishi
-FOLLOW US ON-