スキーギアレビュー VECTOR GLIDE,OMNIS,MARKER|浅川誠編

ライダーがこの冬使い倒した愛用のギアについて、インプレッションを語ってもらおう。
今回は北海道旭川町をベースに滑り続ける浅川誠の愛用するギアだ。

浅川誠 47歳

北海道旭川市出身。現在も旭川を中心に活動するスキーヤー。

instagram>makotoasakawa

浅川誠のセットアップ

スキー:VECTER GLIDE INTIMACY 188cm(140-110-130)’22-23モデル
ブーツ:OMNIS PRO ’22-23モデル
ビンディング:MARKER DUKE PT 12 ’22-23モデル

各ギアの評価とレビュー

スキーレビュー

VECTER GLIDE INTIMACY

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ノーズ:★★★☆☆
センター:★★★★☆
テール:★★★☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★★
Grooming:★★★★★
Hard pack:★★★★☆
park:★★★★★
Moguls:★★★★☆
Touring:★★★★★

●よく使う状況
時期:オールシーズン
場所(斜面、コース、スキー場、山域など)旭川周辺のスキー場&大雪山連峰
コンディション:グルーミングバーンからパウダースノーまで、全ての状況

●レビュー
特徴:2種類のサイズ展開があり、188cm/140-110-130と180cm/137-106-120 どちらもそれぞれNaturalWood&G-FRPから生まれるしなやかフレックスで、ビギナーからエキスパートまで乗り手を選ばず楽しめます。
操作感:しっかりとベントがあるノーズ&テールロッカーです。ターンの進入もスムーズで、たわませやすい形状なので、ターンの後半の抜けもスムーズ。乗り手の意思が伝わりやすく、違和感無く操作ができます。
乗り味:フリースタイルのイメージがある見た目とは裏腹に、グルームバーンでは攻撃的なカービングができます。パウダースノーでの浮力も十分で、パークで遊べる要素もあるため、バックカントリーでの多種多様な地形にもスムーズに合わせ滑ることができます。
重量感:本体のウエイトは軽くはないですが、逆に安定感がありロッカー形状独特なバタつきは一切ありません。使用用途に合わせビンディングをセレクトすると思いますが、できればセパレートタイプを選んで板のフレックスを最大限に引き出して乗ってもらいたいですね。
お気に入り点:インティマシー名前の由来である”親密”のとおり、誰が乗っても楽しめるオールラウンダー。絶妙なバランスと計算された形状は、楽しむという滑りの発想を広げてくれます。今シーズン2月に手元に来た以来、インティマシーしか使用していないのは、全ての状況で使用できるという証。


ブーツレビュー

OMNIS PRO

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ロワーシェル:★★★☆☆
アッパー:★★★☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★☆
Grooming:★★★★★
Hard pack:★★★★★
park:★★★☆☆
Moguls:★★★☆☆
Touring:★★☆☆☆

●ウォークモード機能の使い心地
シンプルな構造な作りなので操作も簡単ですしトラブルも少ないと思います。

●よく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
オールシーズン、全ての状況、主にカムイスキーリンクスで使用

●レビュー
特徴:シンプルなデザインと硬過ぎないフレックスが乗り手を選びません。ゲレンデからサイドカントリーまでさまざまな状況に対応するオールラウンドブーツ。
操作感:板へのパワー伝達も良く、アッパーシェルの可動域も広いので、斜面変化や積雪状況に合わせた動きを瞬時に捉えて、板を動かせます。
乗り味:フィット感の良いインナーと粘りのあるシェルバランスで、しっかりと板に乗り込めます。
重量感:アルペンブーツの中では普通の重さ。デイメーカーなど使用してバックカントリーに行く場合は多少重さを感じるが、それ以外の状況では重さにストレスはありません。
履き心地:ウォークモードが付いた登坂用ブーツでは無いので、滑り重視のスキーヤーにオススメ。



ビンディングレビュー

MARKER DUKE PT 16

●印象を5段階で
パワー伝達感:★★★★☆
信頼感:★★★★★
使い心地:★★★★★
軽量感:★★★☆☆
登高モードチェンジの操作感:★★★★★
ヒールリフターの操作感:★★★☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★★
Grooming:★★★★☆
Hard pack:★★★★☆
park:★★★★☆
Moguls:★★☆☆☆
Touring:★★★★★

●ウォークモード機能の使い心地コメント
ビンディング自体がとても軽量な作りなので雪山を軽快に歩くことが出来ます。

●よく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
オールシーズン、全ての状況、旭川周辺のスキー場で主に使用。

●レビュー
特徴:トゥーピース部分を脱着し、登坂モードと滑走モードを切り替えるシステムが新鮮。登りではテック同様に軽く、滑走時は通常のセパレートビンディングになります。
操作感:プレートで前後繋がったツアービンディングとは違い、セパレートなので、板の撓みをしっかり出しやすく、板本来の特性を活かすことができます。
乗り味:若干トゥーピース側に重さを感じるが、逆にトップを落とし込む動作がしやすいので、ターン前半を早めに切り替えることができ、テールもズラしやすい。装着する板にもよるが動きを出しやすく、良い意味でルーズな動きができます。
重量感:全体の重量が重いと感じることはありませんが、登りモードの時にザックにトゥーピース部分を入れなければいけません。開放値が12モデルと16モデルの2種類あるが12モデルあれば、ストレスになるような重さは感じません。
装着感:通常のセパレートビンディングと変わらず、しっかりとホールドされる為、安心感がある。登坂時にはピン部分をブーツに入れやすく、初めて使う方でも扱いやすいです。



INTIMACYを履いて滑る浅川誠
-FOLLOW US ON-