スキーギアレビュー VECTOR GLIDE,ATOMIC,MARKER|遠藤尚編

Photo/Masaru Kikuchi

この冬使い倒した愛用のギアについて、ライダー自身がインプレッションを語る。
今回は宮城蔵王を中心に活動しながら、モーグルナショナルチームのコーチとして活躍する遠藤尚が愛用するギアだ。

遠藤尚 Sho Endo 32歳

フリースタイルスキーモーグル元日本代表。現在はスポーツ施設の経営とモーグル日本代表のコーチを務める。
スムーズなライディングを目指しています。

Instagram:@shoendo7

遠藤尚のセットアップ

スキー:Vector glide intimacy SE 188cm(140-110-130)'22-23モデル
ブーツ:ATOMIC HAWX ULTRA 120 '22-23モデル
ビンディング:Marker Jester 解放値13で設定 '22-23モデル

各ギアの評価とレビュー

スキーレビュー

Vector glide intimacy SE

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ノーズ:★★★☆☆
センター:★★★★☆
テール:★★★☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★☆
Grooming:★★★★☆
Hard pack:★★★★☆
park:★★★★☆
Moguls:★★★☆☆
Touring:★★★★☆

●よく使う状況
時期:オールシーズン
場所(斜面、コース、スキー場、山域など):全て
コンディション:全て

●レビュー
安定感があるなかで、抜群の取り回しの良さが魅力です。意図するイメージどおりに操作できる性能は、状況に応じてしっかりとカービングができたり、ズラしたりと、幅広く滑れます。とくにビンディング位置がセンター寄りなので、スイング時にほとんど重さを感じません。とくに、ノーズとテールにおけるロッカーの粘り感や、しなやかさが気に入っている点ですね。


ブーツレビュー

ATOMIC HAWX ULTRA 120

●硬さの印象を5段階で(★1=ソフト←→★5=ハード)
ロワーシェル:★★★☆☆
アッパー:★★★☆☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★☆☆
Grooming:★★★☆☆
Hard pack:★★☆☆☆
park:★★★☆☆
Moguls:★★★★☆
Touring:★★★★☆

●よく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
時期:オールシーズン

●レビュー
なによりも軽さです。軽さのなかにもアルペンブーツの良いところが詰まってます。しなやかに動いてくれるので、荷重をスムーズにできます。軽いためジャンプをしたり、BCでのハイクアップもほとんど気にならず、登りやすいです。履き心地はしっかりとしたホールド感。滑りも登りも満足できます。


ビンディングレビュー

Marker Jester

●印象を5段階で
パワー伝達感:★★★★★
信頼感:★★★★★
使い心地:★★★★☆
軽量感:★★★★☆

●適したシーンを5段階で
Powder:★★★★☆
Grooming:★★★★☆
Hard pack:★★★★☆
park:★★★★☆
Moguls:★★★★☆
Touring:★★★★☆

●よく使う状況(時期、場所、コンディションなど)
時期:オールシーズン
コンディション:バックカントリー、パウダーからグルーミングそして悪雪からコブまで。

●レビュー
いろんな雪の条件下で共通して言えることはフレックスや拗れに、強く対応するのがジェスターの信頼できるポイント。重さはあまり感じません。ある程度、雪面からの高さがあるため、スキーを踏みやすい印象があります。ブーツを装着するときに、バシッとハマる感触は安心感があって好きですね。全体的にシンプルな色使いで飽きもなく好印象です。


STEEPから本が出ました

記事が見つかりませんでした。

INDEX