ターンにフォーカスしたスキーを作るのは、ブランドがはじまって以来の出来事|LINE

SKI

ジャンプ、ジブ、ストリート、フリーライド、パウダー。フリースキーの王道を歩み続けてきたLINEからこれまでにない新しい方向性のスキーが生まれた。

INDEX

LINEがターンに特化するとこんなスキーに〈BLADE COLLECTION〉

なにはともあれ、まずはイメージ映像をチェック。

あの「LINE」が雪面からスキーがまったく離れないPR映像を作ったのは、これが初めてではないだろうか。スピードに乗った深いカービングターン、巻き上がる雪煙、エッジトゥエッジの快感。それが、カービングやスラッシュの楽しさに特化したスキー「BLADE(ブレイド)」。

特徴的なスワローテールをもった「PESCADO」や「SAKANA」といった名機の誕生をきっかけに、開発されたのが〈BLADE COLLECTION〉だ。ターンの面白さをフリースタイルなスキーヤーだけでなく、スキー界全体を巻き込んだ広いムーブメントになる予感がするモデルに仕上がっている。

こうしたターンを描くのに欠かせないのがエッジグリップとトーションの安定性だ。透けたトップシートからも見える魚の骨をイメージした中抜きのチタンメタル”GAS PEDAL METAL”がその役割を担い、スキーの両先端に配置したチタンメタルがターン後半にキレのあるパワーを生み出してくれる。ボリュームのあるノーズのシェイプは安定感をもたらし、圧雪斜面だけでなくパウダーでも威力を発揮する。

ウエスト幅は95mmと92mmの2モデルで展開。92mmは「BLADE W」とレディースモデルな扱いだが、ショートサイズを好む人なら、こちらもオススメ。
どちらもラディウス表示が「Tight」というのも「LINE」らしさの表れだ。

BLADE 95 169、176、181cm|154-95-124mm|R=Tight

今季注目のBLADEに関しては下記の記事でも詳しく紹介している。

フリースキーのド真ん中を歩んできたLINE

出典:LINE

1995年に自宅のガレージでツインチップスキーを作り始めた21歳のJason Levinthalによって生まれた「LINE(ライン)」。はじめはスキーボードカンパニーだったが、時代ごとに突飛なアイデアを出し続けることで、ヒップな先鋭的ブランドとして注目を集め続けてきた。

「LINE」の歩みはそのままフリースキーの歴史でもある。
1990年代後半に開発された193cmのリアルツインチップスキー「Ostness Dragon」。「Prophet」、「Magnum Opus」、「Pescado」といったブランドのアイコンとなるスキーは2001年に加入したエリック・ポラードによるものだ。ちなみに、エリックはライダー自身がアートワークを担当するという新しい道も切り拓いている。2014年にはディレクショナルスキーの楽しさを追求した「Sickday」が誕生し、その時の”Ski of the year”を受賞した。

「LINE」は20年以上にわたって、常識にとらわれないスキーを作り続けてきたが自負があるのだ。

エリック・ポラード、渾身のシリーズ〈POLLARD COLLECTION〉

出典:LINE

「LINE」の製品づくり全体をリードしてきたエリック・ポラード。このシリーズはスワローテール形状が目印の〈Fish Shapes〉とノーズとテールのソールが船底型(コンベックス)になった〈Surf Shapes〉の2タイプに分かれている。

〈Fish Shapes〉の「PESCADO」と「SAKANA」は全モデルのなかで唯一ノーズとテールの接雪点がセンターの近くにあり、ロッカーの大きな反り返りによって浮力が得られる”EARLY RISE”を採用しているのがポイント。加えてサイドカットの最大幅をノーズとテールの近くに設定した”EARLY TAPER”なので、パウダーでの引っ掛かりも少ない。ボリュームのあるウエスト幅とあいまって深い雪での操作性はピカイチだ。

SAKANA 166、174、181cm|150-105-138mm|R=15m

〈Surf Shapes〉の2機種「OUTLINE」と「SIR FRANCIS BACON」は、パウダーでのフリースタイルなトリックを行うのに最適なモデル。ノーズとテールに施された船底型のソールが雪の圧力を逃すことで、ターンをする際に傾けやすく浮きやすくなっている。また、センターを支点にノーズとテールのフレックスが均一なのも、スイッチでのライディングを想定するフリースタイラーにはもってこいの機能だ。

OUTLINE 178、186cm|150-117-142mm|R=18.5m

LINEの心臓部〈All-Terrain Freestyle〉

パークやストリートといったシーンをカバーするフリースタイルツインチップスキーは「LINE」の心臓部と言える。代表的なモデルは「BLEND」と「TOM WALLISCH PRO」。それぞれWill WessonとTom Wallischが監修を務め、部分的に細かくアップデートを行っている。

「BLEND」はフレックスとフィーリングを変えず、よりバタートリックがしやすいようにノーズを1mm広げた。さらにスキーの両先端に丸みをつけたことで、トリックに入りやすいだけでなく、回転弧の深いバタートリックができるようになっている。

BLEND 171、178、185cm|133-100-122mm|R=20.0m

「TOM WALLISCH PRO」はノーズを1mm、テールを4mm広げてシェイプを調整。これによって安定感とスピン性能が向上した。 〈All-Terrain Freestyle〉のすべてのスキーは幅2mm×高さ2.5mmのエッジと、1.7mmの厚みをもった滑走面を採用し、高い耐久性を誇っている。

TOM WALLISCH PRO 157、164、171、178cm|118-90-116mm|R=19.0m

ディレクショナルフリーライドスキー〈Lightweight Freeride〉〈Freeride〉

「LINE」のフリーライドモデルは2種類ある。

そのひとつが、新雪が降りつもった日は仮病を使ってでもスキーに行きたいという意味が込もったモデル「SICK DAY」。「LINE」らしいセンスのある名前は、フリーライドモデルとして2014年からラインナップに並ぶ定番モデルになっている。
安定感のあるオールラウンドモデルはあらゆる状況での滑りにも対応する。秘訣はその軽さ。とても軽いポプラ100%の芯材に、ノーズからテールまでカーボンファイバーを埋め込み、重量を増すことなく安定性をもたらしている。ウエスト幅は104、94、88の3モデル展開だ。

SICK DAY 104 172、178、186cm|137-104-121mm|R=17.7m

さらに軽さを追求したのが「VISION」シリーズになる。軽くなれば雪面からの振動を拾いやすいのだが、その問題を解決したのが”THC CONSTRUCTION”というテクノロジー。芯材の上にカーボン、アラミド、グラスファイバーといった素材をラミネート状にして組み合わせることで、様々な振動を吸収しスキーを安定させる仕組みだ。こちらはウエスト幅118、108、98と広めのシェイプが並ぶ。

VISION 108 175、183、189cm|142-108-128mm|R=19.5m

LINEの全ラインナップはこちらのリンク先を参照

LINE Skis, Ski Poles, & Clothing | Keep Skiing Weird

-FOLLOW US ON-