いつまで滑れる?春スキーが楽しめるスキー場|お得な割引・キャンペーン情報も!【2022】

Location/Nozawaonsen Skier/Eigo Photo/Daniel Honda

’21-22シーズンも春シーズン本番真っ只中。そこで、まずは春の魅力やメリットをチェックしてみよう。

① スプリングキャンペーンあり! お得な春のシーズン券・リフト券割引・クーポンなどの特典がある
② 春ならではのコーンスノー・ザラメ雪もパウダーと違った滑りの味わいがある
③ お天気が安定して晴れる日が増える、陽が伸びるのでたくさん遊べる
④ 寒くない! 薄着で楽しめる、マイカー派でも雪道運転の心配が減り安心感がある
⑤ コブが自然発生したり、融雪によって自然地形がでてきて、地形遊びが楽しめる
⑥ 晴天率も高くバックカントリーにチャレンジしやすい時期
⑦ 寒の戻りで4月でも新雪が降る!なんてサプライズも楽しい。当たれば超ラッキー

……など等、春シーズンにはイイコトがいっぱいだ。これは出かけるしかないでしょう。

Photo/STEEP

楽しい春滑りを「お得に」満喫できるスキー場!

春シーズンの楽しみがわかったところで、この時期からシーズン営業終了日まで滑り放題というお得な「スプリングシーズン券」や春割引の1日券がある「春滑りをめいっぱい楽しめる」スキー場を紹介しよう。

※掲載している情報は2022年3月22日時点のものです。アップデイトな情報は各スキー場の公式HPにてご確認ください。


ー北海道エリア

[北海道]
サッポロテイネ|SAPPORO TEINE

3月半ばで山頂に4mの積雪! 春シーズン券を発売中

Photo/STEEP

 5月5日(木・祝)まで営業(4/4以降は土日祝のみ)

【春シーズン】

’21-22の今シーズンは降雪量も多く、3月半ばでも山頂で積雪4m近くもの雪が残っているサッポロテイネ。4/4(月)以降は土・日・祝日のみ営業となるが、最終は5/5(木・祝)までたっぷりと滑れる。

3/7から営業終了日まで滑り放題の「春のシーズン券」を販売中! この春はナイターも充実、3/27(日)までのオリンピアゾーンでのナイター営業に加えて、4/1(金)~3(日)および4/9(土)~17(日)の土・日は、ハイランドゾーン「パラダイスコース」にてナイター営業(16:00~21:00)も実施。「テレインパーク」もナイター営業するので夜練もまだまだいける!

【こんなスキー場】
札幌市中心部からクルマで約40分とアクセスのよさは抜群。標高1,000mを超える山頂からは札幌市街や石狩湾が望め、海を見ながらライディングが楽しめるのもテイネの売りだ。有名な標高差400mを超える「北かべコース」をはじめ、疎林帯のネイチャーゾーンも魅力のサッポロテイネ。佐々木大輔や児玉毅といったスキーヤーを育てた「北かべ」は、最大斜度36度の非圧雪斜面で、地形変化のあるツリーランスポットだ。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,023m
最長滑走
6,000m
標高差
683m
最大斜度
38°
コース数
15本
リフト
9本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://sapporo-teine.com/snow/


[北海道]
キロロスノーワールド|KIRORO SNOW WORLD

4日間以上滑るならお得なスプリングシーズンパスを発売!

 2021年5月5日(水・祝)まで営業予定

【春シーズン】
2022年のキロロの春シーズンのリフト運行は 4月24日(日)まで。3月19日から3月28日からシーズン営業終了日まで使えるスプリングシーズンパスを発売する。大人(19~64歳)12,000円と4日間通えば元がとれる実にお得なパスだ。スプリングシーズンパスが有効の営業予定日は3/28~4/3および4/29~5/8の期間中毎日と、4/9・10・16・17・23・24の計23日間。
運行リフト:余市第一Exp、長峰第一Exp、長峰第2Expの3本の予定

また、春シーズンを気軽にたっぷりと楽しむための春シーズンレンタルロッカー1台5000円も準備。11日間以上利用するのならお得だ。札幌エリア在住のスキーヤー・スノーボーダーには嬉しいサービスだ。

【こんなスキー場】
札幌市内からほど近く、札幌ステイでも十分に日帰りが可能。キロロは 比較的空いているうえ、ハイシーズン中は毎晩のように雪が降り、コース状況がリセットされる。パウダーライディングに適した地形豊かなコースが多く、気温が低いため、シーズン当初から良質なパウダーが保たれるクォリティのよさなど、人気の理由は尽きない。 

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,180m
最長滑走
4,050m
標高差
610m
最大斜度
37°
コース数
23本
リフト
8本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.kiroro.co.jp/ja/


[北海道]
札幌国際スキー場|SAPPORO-KOKUSAI

4月1日からシーズン終了までのスプリングシーズン券・早割販売中!

 2022年5月9日(日)まで営業予定

【春シーズン】
豊富な積雪量とロングシーズンで有名な札幌国際、3月半ばで山頂には450㎝もの雪がある。まだ新雪が降っており、ハイシーズンさながらのグッドコンディションだ。札幌国際では4月1日から5月8日(日)営業終了まで利用できるスプリングシーズン券を14,000円を販売。3月12日(土)~3月21日(月・祝)は早割販売で14,000円→12,300円と12%ディスカウントになる。ゲットするには現地、スキーセンター1階インフォメーションまで。

【こんなスキー場】
札幌市内からはクルマで1時間ほどの便利な距離にありながら、雪の量と質は折り紙つきという札幌国際。札幌国際の目玉は最大斜度30度のダウンヒルコース。このコースを軸に1本のゴンドラを使って回せるので、滑る量も稼げる効率のよさも魅力。ダウンヒルコースは非圧雪コースのため、面ツル斜面が頂上から麓まで約2.2kmも続き、滑り応えはハンパない。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,100m
最長滑走
3,600m
標高差
470m
最大斜度
30°
コース数
7本
リフト
3本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.sapporo-kokusai.jp/


―東北エリア

[岩手県]
夏油高原スキー場 | GETO KOGEN

GWまで滑れば滑るほど得する春シーズン券・販売は3月19日(土)まで!

提供:Getokogen

 5月8日(日・祝)まで営業予定

【春シーズン】
日本有数の豪雪エリアだけに5月GWまでたっぷり営業。夏油といえば日本有数のツリーランの楽園だ、春の森でパウダーランとは違ったメロウなツリーランを楽しめる。3月20日よりスプリングシーズン券22,000円、温泉パス付きは25,000円を販売している。

スプリングシーズン券の購入者にはさらに特典がある。①スプリングシーズン券購入者はグリーンシーズンのゴンドラ遊覧にも利用可能。②夏油高原温泉入浴割引 大人700円→500円になる。そして、③シーズン券所持者限定「ワンコインメニュー」が利用できる!

【こんなスキー場】
岩手県の南西部に位置し、東に北上山地、西に奥羽山脈をしたがえる夏油高原。その地形はドライなパウダーをたっぷりと降らせ、「積雪量本州一」を記録するくらいというから驚きだ。2本のゴンドラと5本のリフトで14本のコースを擁するが、 2015年からツリーランエリアを積極的に年々拡大し続け、2020-21シーズンはなんと13にもなった。また、圧倒的な積雪量を活かしてシーズンの早い時期から20種類以上のアイテム数と行き届いた整備を誇るクオリティの高いパークも備えている。パウダーもパークも東北屈指で、「東北に夏油あり」と言わしめている。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,070m
最長滑走
2,980m
標高差
430m
最大斜度
36°
コース数
14本
リフト
3本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
-本

◆公式HP/http://www.geto8.com/


[山形県]
天元台高原スキー場 | TENGENDAI KOGEN

6ヶ月ものロングシーズンを誇る天空のゲレンデ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2020Vol3得_天元台-2-IMG_0649-1.jpg
提供:TENGENDAI KOGEN

 5月8日(日・祝)まで営業予定

【春シーズン】
4月の毎日曜日に春スキー早朝運行を開催。ゲレンデ一番乗りのロープウェイ&しらかばロマンスリフトを7:00より運行開始し、朝イチのバーンのクルージングが楽しめる。’21₋22シーズンの春スキー早朝運行日は4/3(日)・4/10(日)・4/17日(日)・4/24(日)。5月8日(日・祝)の最終日には「2021シーズン感謝デー☆ゲレンデでビンゴ大会」を開催、リフト券や宿泊券など賞品が当たるイベントも企画されている。

【こんなスキー場】
2,000m級の奥羽山脈の南部に位置する。トップ部の標高は1,800mを超えているうえ、北向き斜面なので「本州最高級のパウダー」と言われる雪質が自慢。そのため例年12月上旬から5月GWまで6ヶ月に渡るロングシーズンを誇っている。ロープウェイで標高差1,350mの高原へ一気にアプローチ、そこはさながら「天空のゲレンデ」の趣きだ。
自然の地形を生かした縦長に展開するレイアウトはバラエティに富んだ斜面となっており、非圧雪のパウダーゾーンにゲレンデからバックカントリーに出られる環境もある。ハイシーズンには6kmもの超ロングランも楽しめる。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,820m
最長滑走
6,000m
標高差
900m
最大斜度
32°
コース数
4本
リフト
4本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
1本

◆公式HP/http://www.tengendai.jp/winter/w-event.html


[福島県]
星野リゾート 猫魔スキー場|HOSHINO RESORTS NEKOMA

パークもバンクも、急斜面の圧雪もコブも「春猫魔」で遊ぼう

提供:HOSHINO RESORTS NEKOMA

 5月5日(水・祝)まで営業

【春シーズン】
春こそ猫魔が真価を発揮する「裏猫魔」シーズン。春の猫魔は、まだまだ雪質は良好で積雪もたっぷり。猫魔は春のこれからが最高に楽しい! スノーパークもビッグになってオープン。猫魔のパークは、シーズンの経過とともにパークのアイテムやレベルが変化する。春こそソフトランディングができるためジャンプ系の練習には最適だ。初級者向けコブレーンもあり。地形遊びの定番バンクドスラロームも春に登場する。

’21-22の今シーズンも土日祝日は5:55からの早朝営業あり! 朝イチのハードパックされたコースが楽しめる、春ならではのお楽しみサービスだ。これら全部が春限定のスプリングシーズンパスで大人22,000円、20~23歳:9,800円 24~29歳:19,800円で滑り放題だ。

【こんなスキー場】
猫魔スキー場の位置する裏磐梯は日本有数の豪雪地帯で、12月上旬から約5ヵ月のロングシーズンを誇る。1,000mの標高に、北向きの斜面は、猫魔独特のミクロファインスノーと呼ばれる超微粒子雪を積もらせる。この一帯はまとまった量が降ることが多く、4月でもミクロファインスノーがたまったパウダーライディングにあやかれることもある。ゲレンデはボトムから3方向に延びるレイアウト。ゲレンデの40%が上級者向きというハードバーンは滑り応えたっぷり。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,337m
最長滑走
2,100m
標高差
311m
最大斜度
33°
コース数
11本
リフト
5本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.nekoma.co.jp/


―信越エリア

[長野県]
野沢温泉スキー場 | NOZAWA ONSEN

地形遊びも楽しめる春もやまびこゲレンデが最高!

Skier/Tomohiro Murai &Eigo Photo/Daniel Honda

 5月8日(日)まで営業予定

【春シーズン】
野沢温泉の春は、特にやまびこゲレンデでは残雪もたっぷり。グルームバーンでの爽快なカービングからパークや、写真のような沢の地形遊びもできる。春は毛無山山頂より北アルプスの大パノラマが望める確率も高くなって、スケールの大きな春スキーが楽しめる。

春は特に家族スキーで人気が高い野沢温泉。温泉もバツグンのため親子3世代旅行も盛ん。3月1日(火)~3月27日(日)まで春休みファミリーパックキャンペーンを開催中。親子1日券B(ゴンドラ共通)は、おとな1枚+こども2枚(中学生まで)のパックで通常11,000円が8,800円とお得になる。3月1日~5月8日まで有効の「3月以降シーズン券」は、おとな37,000円、シニア30,000円(60歳以上)と、こちらも個人ユースには便利だ。

【こんなスキー場】
日本情緒たっぷりの温泉街と日本屈指の規模を誇る野沢温泉スキー場。シーズンを通して積雪量も多く、ファミリーや初心者から上級者までを満足させる36ものコースを擁する。山頂から最下部までの標高差は1,085mもあり、滑走面積は単体のスキー場としては日本でも指折りの大きさ。ゲレンデがとにかく広い、滑走距離が長い、自然の地形が豊富。リフトの配置が適切なため、効率よくいろいろなコースに流れ込むことができる。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,650m
最長滑走
10,000m
標高差
1085m
最大斜度
39°
コース数
44本
リフト
19本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
-本


◆公式HP/http://www.nozawaski.com


[長野県]
奥志賀高原スキー場 | OKUSHIGA KOGEN

春の天然雪もグッドコンディション! お得な春スキー連続日数券あり

提供:OKUSHIGA KOGEN

 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
春のお楽しみ、奥志賀高原のファーストトラックが3月26日から始まる。土日祝日に早朝営業をスタート。時間は6:30〜8:00まで、第2高速ペアリフトが開放される。料金は大人(中学生以上) 1700円。早朝営業日は以下の通り。
3/26・27日
4/2・3・9・10・16・17・23・24・29・30日
5/1・3・4・5日

また、春スキー期間は2022年4月1日(木)~5月5日(木)まで。1日間が5,000円(通常6,000円)、2日券が9,400円(通常11,500円)と割引になる。

【こんなスキー場】
志賀高原最奥部の奥志賀は志賀高原のなかでも自然雪のみで営業している。それほど雪が積もり、溜まる場所なのだ。それだけにパウダー好きには外せない。もっとも楽しいコースはダウンヒルコース。ゲレンデ内でもオーバーヘッドの粉雪が味わえる急斜面熊落とし。山頂駅からダウンヒルでかっ飛ばし、熊落としへ。圧雪あり、パウダーありのトップ to ボトムは、豪快さでは日本屈指のコース。スケールの大きさを堪能できる。

■ゲレンデ情報

トップ標高
2,000m
最長滑走
3,000m
標高差
530m
最大斜度
30°
コース数
10本
リフト
5本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
0本

◆公式HP/http://www.okushiga.jp/skiresort/


[長野県]
志賀高原中央エリア | SHIGAKOGEN CENTRAL AREA

寺子屋は春でも雪質がいい! 6:00~8:00の早朝営業も春ならではの楽しみ

提供提供::志賀高原中央エリアスキー場

 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
多数のスキー場を擁する志賀高原中央エリア。トップ部分に位置する寺子屋スキー場はハイシーズンはパウダーの名所、春でも雪質が良いことで知られている。この春は3/31まで毎日、以後4/2・3・9・10・16・17・23・24と週末と、29日~5/5日の連休まで営業予定だ。高天原マンモススキー場も営業日は同様。

一の瀬ファミリースキー場と高天ヶ原マンモススキー場では、4/29~5/5日の間、早朝営業を実施、6:00~8:00に一部のリフトが開放され、サンライズ滑走が楽しめる。両スキー場は5/5日まで営業予定だ。春でも引っかかりが少ない志賀の雪質。過ごしやすい春の気温のなかで気持ちのいい滑りが楽しめる。

【こんなスキー場】
古くはスキーといえば志賀、というくらい日本の代表的な存在の志賀高原。18のスキー場がロケーションによって雪質や雪の量が違ったり、ゲレンデ規模や地形もさまざまと多様性にあふれている。志賀高原中央エリアの一ノ瀬ファミリーは志賀高原でもトップ3に入る幅広い斜面が名物でファミリーご用達、高天ヶ原マンモスは、中央に架かるクワッドリフトを挟んで、右側は圧雪バーン、左側はいつも不整地のコブ斜面になっていてモーグラーに人気。寺小屋は志賀高原全体で2番目となる2,060mの標高がもたらす圧倒的な軽い雪が特徴だ。

■ゲレンデ情報

トップ標高
2,060m
最長滑走
2,000m
標高差
730m
最大斜度
36°
コース数
33本
リフト
22本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
0本

◆公式HP/http://shigakogen.co.jp/highlight/ski-spring


[長野県]
熊の湯スキー場 | KUMANOYU

やっぱり「熊雪」と期待を裏切らない熊の湯の春・滑りやすいザラメ雪が自慢!

提供:KUMANOYU

 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
’21-22シーズンから「熊雪」キャンペーンを展開している熊の湯スキー場。「熊雪」とはユーザーが熊の湯に期待するスノーコンディションのこと。11 月ならシッカリした人工雪、2 月のハイシーズンには羽毛のような粉雪、そして4 月のスプリングシーズンならザラメ雪。そう、春の熊雪はザラメ状でとにかく滑りやすい。オーバースピードになることなく、安心して地形遊びもできるというものだ。

春スキー期間として4月1日~5月5日までは、1日券6,000円→5,000円 2日券11,500円→9,400円というお得ぶりも嬉しい上、春は早朝営業もある。4月23・24・29~5/5日は6:00~8:30とフレッシュな朝イチのゲレンデで気持ちのいいライディングが楽しめる。早朝リフト券1,900円。

【こんなスキー場】
ボウル状のスキー場はそのほとんどが北斜面。パウダーフリークの間では知られた場所だ。その理由はスキー場の背後にある笠岳の存在。この山に雪雲がかかることで、ドライで大量な新雪が降り積もるのだ。コンパクトなスキー場ながら、コースは斜度があり、落ち込み地形も多いから、飽きることも少ない。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,9600m
最長滑走
1,300m
標高差
260m
最大斜度
32°
コース数
12本
リフト
5本
ゴンドラ
0基
ロープウェー
0本

◆公式HP/https://www.kumanoyu.co.jp/



[長野県]
横手山・渋峠スキー場 | YOKOTEYAMA・SHIBUTOGE

春もとびきり長い!6月まで楽しめる日本一の標高2307mのスキー場

Photo/STEEP

 横手山は5月中旬まで・渋峠は6月5日まで営業予定

【春シーズン】
日本一の標高の高さ(2,307m)を誇る横手山スキー場。当然、雪の量もシーズンの長さもスケールが違う。この春の横手山のシーズンは5月半ばまで、渋峠はなんと6月5日まで営業予定だ。4月1日からシーズン終了までは1日券が5,000円になる(通常6,000円)

横手山・渋峠スキー場の春の名物「早朝スキー」が今年も4月3日(土)からスタート、毎週土日とGW期間中行われる。これは通常のリフトオープン前の6:00~8:00の間に第2スカイトリプルを利用して2kmのダウンヒルが楽しめるというサービスだ。8時まで滑った後、リフトが開始される8:45までの間に朝食もサービスされるというから嬉しい。まだまだグッドコンディションの早朝の雪で高速カービングに酔いたい。料金など詳細は公式HPでまもなく発表される。

【こんなスキー場】
国内スキー場のなかで最も高い場所にある横手山スキー場。そのためシーズンも長く、5月半ばまで楽しめる。フリーライドに魅力のスポットは、山頂からボトムへと降りるコースの壁。上部は起伏に富んだ林間コースが続き、下部へ降りるに従って斜度も緩くなり安全に滑れる。頂上部の大パノラマは志賀を訪れたならば必見。北アルプスから苗場山、果ては富士山までもが一望できるという最高の眺望だ。

■ゲレンデ情報

トップ標高
2,307m
最長滑走
2,000m
標高差
602m
最大斜度
19°
コース数
10本
リフト
8本
ゴンドラ
0基
ロープウェー
0本

◆公式HP/https://yokoteyama2307.com/


[長野県]
Hakuba47 Winter Sports Park|HAKUBA VALLEY

白馬イチのパークを有する北向きゲレンデ

提供:Hakuba47 Winter Sports Park

 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
トップ部は標高1,500mを越えて北向き斜面が多いため、春でも融雪もゆるやかなHakuba47。’21-22シーズンの3月半ばで山頂には365㎝、ベースでも150㎝近い雪がある。スプリングシーズンもコンディションは上々で、5月GWまで営業予定だ。名物の『47PARKS』は、13m~3mの様々なサイズのジャンプに、ハーフパイプ、初・中・上級とステップアップしやすいバラエティなJIBアイテムが揃うクオリティの高いパーク。春は雪が柔らかいことでソフトランディングができるため、ジャンプも練習しやすい。パークライドがうまくなりたい人には絶好の環境だ。

3月から5月GWまで使えるスプリングシーズン券を発売中(40,000円)。Hakuba47と白馬五竜スキー場の共通券だ。

【こんなスキー場】
HAKUBA VALLEY のスキー場のなかで最も北向きなのがココ。ゲレンデが標高820m~1,614mにあり、斜面の多くは北東面を向いているので雪質も上々。ゲレンデはコンパクトサイズながら、会員制のツリーエリアを含め、広い範囲で滑走が可能だ。Hakuba47の最強の武器は「47PARKS」だろう。リフト1本分まるごとパークで、全長600mには30以上のアイテムがびっしりだ。JAPAN PARK SCHOOLではパークライドのレッスンも受けられる。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,614m
最長滑走
6,400m
標高差
794m
最大斜度
32°
コース数
8本
リフト
5本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP Hakuba47 Winter Sports Park


―新潟エリア

[新潟県]
奥只見丸山スキー場 | OKUTADAMIMARUYAMA

春がとびきり楽しい「春の秘境」・北京五輪の金メダルにあやかり100mパイプが復活

 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
奥只見丸山は春が主役!とばかりに、パークにツリーランにコブと滑る楽しみがいっぱいで、春がめちゃくちゃ充実している。例年、春期のみ常設されるパークに、この春は100mのハイスペックなハーフパイプが復活する。これは2022北京五輪のスノーボードハーフパイプで平野歩の金メダルにあやかって開設されるという。この他、春のみ開放されるブナ林のツリーランコースや、コース脇やコース上に自然発生的にできるコブも春のお楽しみアイテムだ。こちらも北京五輪の影響によるモーグル人気で、きっとたくさんのモーグルスキーヤーで賑わうだろう。

春スキーシーズンは2022年3月26日(土)を予定している。待ち遠しいオープンの最新情報は、公式HPをチェックしよう。


【こんなスキー場】
日本有数の豪雪地帯に位置し奥只見丸山スキー場は、そのあまりの積雪量から、11月下旬から楽しめる初滑りと3月下旬からオープンする春滑りで有名人気のスポットだ。リフト本数は少いが、山頂からふもとまでの最大滑走距離はなんと4,000m。

トップ標高
1,272m
最長滑走
6,000m
標高差
507m
最大斜度
37°
コース数
4本
リフト
18本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
-本

◆公式HP/http://okutadami.co.jp/ski/


[新潟県]
かぐらスキー場 | KAGURA

グルーミングされた斜面と美しく成形されたコブ斜面が自慢! 

Photo/STEEP

 田代エリア5月5日(木・祝)・みつまたかぐらスキー場5月22日(日)まで営業

【春シーズン】
かぐらの春は長い。みつまたかぐらは、’21-22シーズンは5月22日まで営業予定だ。ここは、ゲレンデからバックカントリーにデビューしたい人にはもっていこい。スキー場最上部、かぐら第5ロマンスリフト(通称ゴロマ)の先にはバックカントリーへのゲートが設けられており、多くの上級者、オフピステファンが利用する。’21-22シーズンは、この第5ロマンスリフトとBCゲートの設置は5月5日(木・祝)までとなっている。

また、春のかぐらは、グルーミングされた斜面と美しく成形されたコブ斜面が魅力。朝イチはしまったグルームを、午後は軽快にしぶきが舞うザラメ雪を楽しめる。ビッグキッカーを要するかぐらパークも大人気だ。

【こんなスキー場】
クルマでも新幹線でもアクセスが便利なかぐら、パウダー・バックカントリー入門者にとくにオススメ。雪の量や質、アクセスのしやすさ、バラエティな斜面、地形による雪崩や道迷いのリスクの低さと、好条件が揃っているからだ。田代、みつまたの二つのベースがあり、それぞれのロープウエイの先には広大なゲレンデが広がる。標高が高いため、首都圏から近いながら雪質の良さは群を抜く。ガイドサービスによるバックカントリーツアーなら初心者でも挑戦OKだ。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,845m
最長滑走
6,000m
標高差
1,225m
最大斜度
32°
コース数
32本
リフト
15本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
2本

◆公式HP/https://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/winter/


[新潟県]
GALA湯沢 | GALA YUZAWA

「今日、行こう!」と即断即決で春滑りを満喫できる

提供:GALA湯沢

 5月5日(木・祝)まで営業予定

【春シーズン】
GALAならではの新幹線往復チケットとリフト券がセットになったおトクな「びゅう日帰り旅行プラン」は、3月31日まで。【WEB専用】「平日自由席限定ワンデーGALA」は、新幹線往復チケット(自由席)+場内1日券で7,800円~9,300円。通常なら14,040円と考えると相当なお得ぶりだ。

春シーズンは、このパックが終了後4月1日~5月5日まで、リフト券がレギュラー期間より1,000円割引になる。ゲレンデ状況をスキー場ライブカメラでチェックしつつ、よい日にサクッと気軽に滑りに行けるのもGALAならではの春スキーの楽しみ方だ。

【こんなスキー場】
東京から上越新幹線で約75分で到着。駅からスキー場に直結という奇跡のアクセスを誇るGALA湯沢。JR東日本が運営母体となっているため、新幹線+リフト券、レンタルなどもパックになっており、食事や温泉、施設内のほとんどでキャッシュレスで過ごせるという便利さだ。コンパクトながらコース数は16を持ち、最長滑走距離は2,500mと、駅前とは思えないシッカリ感。日帰りですぐに行けるのに満足度は十分。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,181m
最長滑走
2,500m
標高差
823m
最大斜度
33°
コース数
16本
リフト
9本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
1本

◆公式HP/https://gala.co.jp/winter/



[新潟県]
シャルマン火打スキー場 | CHARMANT HIUCHI

ハイシーズンはディープパウダー・春メロウなザラメ雪が自慢

提供:CHARMANT HIUCHI


 5月5日(木・祝)まで営業

【春シーズン】
もともと豊富な雪が春までしっかり残るシャルマン。例年3月半ばで500㎝を超える積雪量というから驚きだ。スキー場全体の65%が非圧雪のため、春の緩んだ状況がいい感じの自然地形を生み、ゲレンデ全体がパークのように遊べるとフリーライド派にとても人気が高い。コブ好きのスキーヤーたちにも好評だ。たっぷりと蓄えられたザラメ雪は滑りやすく、ハイシーズンのようにガツガツとパウダーハントをする必要もなく、マイペースでのんびりとメロウなライディングを楽しむには最高だ。

【こんなスキー場】
このエリア一帯が豪雪地帯として有名だが、ハイシーズンにはコンスタントに積雪が500㎝を超えてくるのだから、その降りっぷりはケタ違い。スキー場側もこの豊富すぎる雪を最良の形で提供できる環境を整えている。掲げるキーワードは「非圧雪主義」「大自然そのまんま」。圧雪をしない努力を続け、65%以上が非圧雪エリア&コースとして設定されている。

■ゲレンデ情報

トップ標高
1,009m
最長滑走
2,700m
標高差
508m
最大斜度
37°
コース数
17本
リフト
3本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

公式HP/https://charmant-hiuchi.jp


―群馬エリア

[群馬県]
丸沼高原スキー場 | MARUNUMA KOGEN

自然の地形遊びが極められる象徴的な存在

Photo/STEEP

 5月8日(日)まで営業

【春シーズン】
丸沼の売りはフリーラドが自然地形で楽しめること。。春は融雪とともに地形が表出してくるので、ハイシーズンにもまして遊べるスポットが増え、丸沼の魅力がさらにパワーアップする。さまざまな種類の壁と変化する雪質とのコンビネーションで、いつ行っても同じ状況がない。飽きることもなく地形遊びに夢中になってしまう。群馬のスキー場の多くは自然の壁が遊べるという共通項があるが、丸沼はその象徴だ。

3月22日~2022年5月8日は春シーズン料金となり、リフト1日券が4,300円になる。食事つきチケットならば5,100円で1,200円分の食事券がついてきて、さらにお得。

【こんなスキー場】
標高が2,000mもある丸沼は、雪質のよさにも定評がある。パウダーの日はロープウェイ1本でスキー場全体を回せるから効率がいい。13本のコースをトップからボトムまでさまざまなラインで楽しめるようになることを目指して通いたい。また、玉井太朗士プロデュースの「FROZEN WAVE PARK」も3シーズン実施、波に乗るような感覚が味わえる氷の壁は多くのフリーライドファンを集める人気スポットとなっている。

■ゲレンデ情報

トップ標高
2,000m
最長滑走
4,000m
標高差
600m
最大斜度
32°
コース数
13本
リフト
8本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.marunuma.jp/winter/


[群馬県]
パルコール嬬恋リゾート | PALLCALL TSUMAGOI RESORT

すべてが新しく変わった充実コンテンツで春もめいっぱい楽しめる

 5月8日(日)まで営業

【春シーズン】
ハイシーズン中は-15℃になることも少なくないという寒冷地のパルコール嬬恋。人工降雪機も搭載し、5月ゴールデンウィークまでコースが維持される。早朝にファーストラックが楽しめる大好評のサンライズゴンドラを、3月いっぱいまでは平日も含めて毎日運行している。

また、シーズン終了日まで使える春用シーズンパスを3月1日から販売中。1,200mの流せるパーク「R」なども雪がなくなるまで楽しめる。他のスキー場シーズンパス保持者も「乗換割」で、リーズナブルに春のパルコール嬬恋を楽しめる。食事無料や温泉無料など豪華特典のつく「ゴールド・シルバーパス」は、車泊組にとって実に嬉しい重宝なパスだ。ゴールドパス:大人25,000円・シルバー:20,000円

春のビッグイベントも予定されている。4月9日(土)~10日(日)には、パルコール嬬恋のパークプロデューサーである相澤亮が主催するスノーボードの魅力をすべて詰め込んだイベント「UZUMAKI」が開催! ボウルやバンクだけでなく、ボルケーノ、ヒップ、レール、キッカーなど、アイデア次第で自由に遊べるアイテムがラインナップし、豪華ゲストライダーも交えて、誰でもフリースタイルセッションを楽しめるというものだ。4月11日以降はフリーセッションとして、専用パークで自由に楽しめる。この機会に訪れてみては? 詳しくは公式HPをチェック!

【こんなスキー場】
’21₋22シーズン、ゲレンデ環境からサービスまで劇的な変化を遂げたパルコール嬬恋。滑りを追求したいユーザーにとって嬉しいコンテンツを満載して生まれ変わった。全長3,193mの嬬恋ゴンドラで頂上エリア、標高2,100mへ一気にアプローチできる。ゲレンデは嬬恋エリアとバラギエリアの2部構成で24本のコースを擁する。

新生パルコール嬬恋の目玉は、高い技術を持つ圧雪チームのフル稼働で、うまくなった気分に浸れるコンディションの「マジックバーン」やプロスノーボーダー相澤亮を迎えてつくられる、年齢やレベルに縛られない、誰もがスロープスタイルを楽しめる新しいアイデアの「マジックパーク」だ。3つのエリアから成り、3kmを超える長さで国内最大級規模。スタイルを競えるアイテムを集めた新感覚パーク「R」や24時間ハイクで遊べる「24」など、今までにない革新的なパークで人気を博している。

■ゲレンデ情報

トップ標高
2,100m
最長滑走
4,500m
標高差
730m
最大斜度
24°
コース数
24本
リフト
6本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
0本

◆公式HP/https://tsumagoiskiresort.life/

-FOLLOW US ON-