ナイターおすすめスキー場を ピックアップ ! ココのナイターは滑らないともったいない!

Location/石打丸山スキー場

あなたはナイター滑る派? それとも寒いのは苦手? 夜は気温がグッと下がるため、確かに寒いのは事実。けれどその分、雪やバーンのコンディションがよくなったり、空いていたり、日中にはないメリットや面白さが、実はナイターにはたくさんある。その魅力を含め、ナイターがオススメ!というスキー場をチェックしてみよう。


※ 紹介しているスキー場の[Inforamation]は公開時(2022/1/7)のものです。ナイター営業はコンディションにより変動するスキー場も多いため、最新情報は公式HPでご確認ください。 


INDEX


ナイターの魅力とメリットはどこにある?

ナイター、よく滑ることがあるだろうか? ナイターでは同じゲレンデがまるで昼間とは違う「夜の顔」になる。照明の織り成す光で、ゲレンデは幻想的な雰囲気に包まれ、キンと冷えた凛とした空気、夜の静けさも相俟って、そこは独特の空間になる。

なんともいえない気分を味わうだけでも、ナイターは価値があるが、滑ることが大好きなスキーヤー・スノーボーダーにとって、「滑り」の点でもおすすめの理由がたくさんある。

理由 1  雪質が昼間よりも基本よい

昼間よりも気温がグッと下がる分、雪質はさらにドライになり、いいコンディションがキープされる。パウダーはサラサラ、グルームバーンはキュッと締まった感じになる。このおかげで滑りやすいので、なんだかうまくなった気分を味わえるものだ。

理由 2 空いてる!

どのスキー場もナイターは昼間より格段に空いている。夕食で身体が温まった後に、また寒い外に出るのは気合がいるもの。ナイター券の購入が必要な場合、ナイターを滑る人はやっぱりなかなかの滑り好きだ。空いている分、パウダーを存分に味わえるし、雪が降る日なら日中のラインは夜にはすっかり消えてパウダーがリセットされていることも。

理由 3 コストパフォーマンスが高い

スキー場によっては午後券や1日券とセットで実質500円くらいでナイターが滑れたりする。営業時間も16:00~17:00頃から20:00~22:00の間あたりまで営業しているところも少なくなく、都心を午後に出発しても十分にナイターがフルに楽しめる。ナイター券が仮に2、3千円でも、混雑知らずで大きな高速カービングでゲレンデを自在に滑れる、降雪時に当たればパウダー滑り放題だとすればコストパフォーマンスは相当に高い。

理由 4 地形が見やすい

ナイターのコースには照明が当たっているので、光のコントラストで地形の凹凸が見え易い。ガスや曇りでフラットライトになった昼間よりも数段視界がよい。よってパウダーの溜まっている場所や地形遊びのできそうなスポットを見つけやすいのも利点だ。

理由 5 滑り応えがある

夜は昼間にできたコースの起伏やコブが一番育っているので、1日で最も滑り応えのあるコースコンディションになっている。朝イチのきれいな圧雪バーンや面ツルパウダーの魅力とはまた別に、「不整地攻略」という意味で、難しいことにチャレンジするおもしろさを一番満喫できる時間なのだ。その結果、滑りのテクニックが磨かれる、という嬉しいご褒美つきだ。

それでは、「ここのナイターは滑らなくちゃもったいない!」というナイターが楽しい・調子いいぞというスキー場を紹介していこう。


[北海道]
ニセコHANAZONOリゾート|NISEKO HANAZONO RESORT

ついに始まったHANAZONOの待望ナイター!

’21₋22シーズンついに待望の「シンフォニーゴンドラ」が架かり、同時にナイター営業がスタートしたニセコHANAZONO。シンフォニーゴンドラに沿った2つのコースでナイター滑走が可能だ。ゴンドラ中間駅からはメロウなバーンでビギナー向けの「ジューシーフルーツ」へ入れ、山頂駅からは中級者向きの「コリーズフォリー」へアクセス。ゆったりとしたワイドバーンは滑りやすい。

新雪のリセット率は国内随一ともいわれるニセコの中でも、一番東にあるHANAZONOの雪の量と質はさらにすごい。寒い思いをせずにゴンドラ回しで夜の極上パウダーが滑れる理想の環境。ニセコの夜の新名所の登場でますます夜のパウダーハンティングが楽しくなった。

[Information]
ナイター営業時間:16:30~19:00
運行リフト:シンフォニーゴンドラ
料金:ナイター券(16:30~営業終了まで)大人3,000円
1日券(ニセコHANAZONO&ニセコ東急 グラン・ヒラフ共通)大人6,600円
ナイター営業期間:~2022年3月20日(日)

トップ標高
1,308m
最長滑走
4,550m
標高差
1,000m
最大斜度
30°
コース数
11本
リフト
3本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://hanazononiseko.com/ja/


[北海道]
ニセコ東急 グラン・ヒラフ|NISEKO TOKYU Grand HIRAFU

大人気のセンターフォーリフトで5コース滑走可能

広大なフィールドを誇り、本来ナイターで滑走できるコースバリエーションも日本最大級のグラン・ヒラフだが、’21₋22シーズンはサイズダウンしての営業となる。いつも大人気の通称「センターフォーリフト」のみの運行だが、そこから5コースの滑走が可能だ。日中はニセコといえばパウダーの争奪戦がすごいが、ナイターならパウダーの競争率が低いので、グラン・ヒラフのナイターは特別人気だ。

[Information]
ナイター営業時間:16:30~19:00
運行リフト:エース第2センターフォー
滑走可能コース:5
料金:ナイター券(16:30~営業終了まで)大人3,000円
1日券(ニセコ東急 グラン・ヒラフ&ニセコHANAZONO共通)大人6,600円
ナイター営業期間:~2022年3月20日(日)

トップ標高
1,200m
最長滑走
5,300m
標高差
940m
最大斜度
40°
コース数
22本
リフト
12本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.grand-hirafu.jp/winter/


[北海道]
ルスツリゾート|RUSUTSU RESORT

ウエストマウンテンで便利に楽しめるナイター

ヨーロピアンリゾートチックな洒落た雰囲気のルスツは、ナイターも雰囲気がいい。ウエストマウンテンの5コースがナイターで滑れる。ルスツリゾートホテル目の前でスキーIN/OUTができてとにかく便利、寒くなったらすぐに部屋に戻れるのもありがたい。

中でも最大斜度25度のダイナミックコースは滑り応え十分。高速カービングで滑りたい。パウダーなら狙うはウエストMt. 山頂直下からの非圧雪コース、斜度もあるスカイコースだ。ウエスト第2クワッドリフト下で、深いコブのラインも楽しめる。

[Information]
ナイター営業時間:16:00~20:00
運行リフト:ウエスト第1クワッド・ウエスト第2クワッド
滑走可能コース:5
料金:ナイター券 3,100円
ナイター営業期間:~2022年3月31日(木)

トップ標高
994m
最長滑走
3,500m
標高差
594m
最大斜度
30°
コース数
37本
リフト
14本
ゴンドラ
4基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://rusutsu.com/rusutsu-in-winter/


[北海道]
旭川サンタプレゼントパーク|SANTA PRESENT PARK

旭川シティの感動的な美しい夜景が味わえる

スキー場から眺める夜景の美しさでは日本屈指というサンタプレゼントパーク。大雪山旭岳や富良野にアプローチするのに旭川にベースを置くなら、ぜひ足を運んでひと滑りしたい。ココのナイターは旭川市街の感動的に美しい夜景が楽しめることで大人気だ。旭川市内から車で20分ほどでアクセスも楽々。旭川ステイで昼間は有名な旭山動物園で観光、夜はサンタプレゼントパークでナイターといった一日もいい。

[Information]
ナイター営業時間:16:00~21:00
滑走可能コース:1
料金:ナイター券 1,500円
ナイター営業期間:~2022年3月27日(日)

トップ標高
330m
最長滑走
1,000m
標高差
160m
最大斜度
20°
コース数
4本
リフト
4本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/http://www.santapresentpark.com/


[新潟]
石打丸山 | ISHIUCHI MARUYAMA

石打の夜はこんなに明るい! このスケール感!

石打丸山のナイターはなんと最長3,000m、カクテル光線でこんなふうに煌びやか。国内でも最大級のスケールを誇り、「石打のナイターを滑らずしてナイターは語れない」「石打ナイター最高! 夜しか滑らないローカルもいる」というほど、ナイターが人気の石打丸山。この記事のトップの写真は石打丸山のナイターでの一枚だ。

コースレイアウトは山頂から大きく扇状に斜面が広がっていて、尾根上を滑るメインコースは幅も広く、夜景の眺めも最高。日中に比べて夜の気温は明らかに下がるので、雪質はすこぶるよい。人もまばらになるため、広大なゲレンデを独り占めしている感覚。締まった雪が板を走らせ、いつもよりもスピードが自然と上がっているのがわかる。グルーム、コブ、地形、パウダーと、ナイターでもさまざまなバリエーションが味わえるのが石打丸山の大きな魅力。吹雪きの日などは、日中から降り続いてたっぷりと溜まったお宝パウダーの夜になることも少なくない。

[Information]
ナイター営業時間:16:00~20:00
運行リフト:月~金・日曜日は中央口のリフト3本(サンライズエクスプレス・チロルトリプルリフト・観光第3エクスプレス)が運行、土曜日は加えてハッカ石のファミリーペアリフトが運行される。北口のナイター営業は無し。
料金:ナイター券 2,400円
ナイター営業期間:~2022年3月13日(日)

トップ標高
920m
最長滑走
4,000m
標高差
664m
最大斜度
35°
コース数
27本
リフト
13本
ゴンドラ
1基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://ishiuchi.or.jp/


[新潟県]
赤倉温泉 | AKAKURA ONSEN 

妙高エリアで唯一・毎日22時までナイター営業

妙高の老舗ともいえる赤倉温泉は天然雪100%のスキー場。全体的に緩斜面が多く、幅広いコースデザインで、ゆったり落ち着いた雰囲気が特徴的。妙高エリアでは唯一ナイター営業を行っており、毎日22時まで滑れる。コースはくまどー第一クワッド1本ながらも約1kmとロングライドができる。さらに毎週土曜はナイター前に圧雪が入るため朝一と同じベストコンディションなバーンを楽しめる。

[Information]
ナイター営業時間:17:00~22:00
運行リフト:くまどー第1クワッド
滑走可能コース:1
料金:ナイター券 2,600円
ナイター営業期間:~2022年3月14日(土)

トップ標高
2,000m
最長滑走
2,500m
標高差
450m
最大斜度
39°
コース数
14本
リフト
5本
ゴンドラ
‐基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://akakura-ski.com/


[長野県]
いいづなリゾート | IIZUNA RESORT 

長野市民の憩いの場のようなローカル感が落ち着くスキー場。いいずなのナイターはメインゲレンデのフォレストコース(850m)のロングが滑れるから強い。ゲレンデの半分近くが滑れるイメージだ。’21₋22シーズンのナイターは12月〜2月は日曜・月曜は休業(1/2,1/3,1/9を除く)だが、それ以外の曜日は営業。3月に入ると金・土のみ営業となる。夜の22時までたっぷりと長く楽しめるのもいい。便利な3時間券、2時間という設定もあり。

[Information]
ナイター営業時間:18:00~22:00
運行リフト:第2高速ペアリフト
滑走可能コース:3
料金:ナイター券 (18:00~22:00)3,000円/3時間券 2,500円/2時間券2,000円
ナイター営業期間:~2021年3月21日(日)12月〜2月は日曜・月曜は休業(1/2,1/3,1/9を除く)3月は金・土のみ営業

トップ標高
1,500m
最長滑走
2,500m
標高差
600m
最大斜度
32°
コース数
7本
リフト
3本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://iizunaresort.com/ski/gerende/


[新潟県]
上越国際 | JOETSU KOKUSAI

3色のパステルカラーのカクテルライトはインスタ映え最高

上越国際のナイターは、メインゲレンデの正面に建つホテルグリーンプラザ上越国際本館前で点灯する3色のパステルカラーのカクテルライトが名物。このライトに照らされると3色の影が雪面に映し出され、お洒落がいっぱい。ロマンチックでインスタ映え最高だ。’2021-22シーズンのナイターは、メインとなる長峰ゲレンデを中心に3コースが滑走可能。

[Information]
ナイター営業時間:17:00~21:00
運行リフト:長峰クワッドリフト
滑走可能コース:3
料金:ナイター券 1,500円
ナイター営業期間:~2022年3月21日(月)

トップ標高
1,017m
最長滑走
6,000m
標高差
817m
最大斜度
38°
コース数
22本
リフト
19本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/http://www.jkokusai.co.jp/ski


[新潟県]
神立高原| KANDATSU KOGEN

元祖・日帰りスキー場の週末は夜中の2時まで滑れる

神立といえば早朝7時からゲレンデオープン、夜中までナイターが滑れることで有名。日帰りスキーの元祖ともされるスキー場だ。フリーライド派には、エアやジブなどフリーライドのレッスンが受けられる神立フリースキースクールの存在でも有名人気だ。

2021‐22シーズンのナイター営業は、土曜・休日前夜は夜中の2時まで。ゲレンデ上部まで架かるCリフトからプロキオン~ボルックス~ベガと繋いでロングのナイトクルーズが楽しめるのが魅力だ。12時~2時の午後&ナイター券、通常のナイター券、4時間ナイター券など柔軟な設定で利用しやすいのもいい。

[Information]
ナイター営業時間:18:00~翌2:00
運行リフト:Aリフト・Cリフト
滑走可能コース:3
料金:ロングナイター券 3,800円/4時間券 2,800円
ナイター営業期間:~4月2日(土) の土休日前夜

トップ標高
1,000m
最長滑走
3,500m
標高差
540m
最大斜度
45°
コース数
15本
リフト
6本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.kandatsu.com/


[新潟県]
苗場 | NAEBA

照らされるゲレンデを眺めながら優雅にくつろいだり・滑ったり

初心者向けのナイターパークや、滑り応えのある斜面など魅力も多い苗場のナイター。なんといってもゲレンデボトムのプリンスホテルからスキーIN/OUTできるのが便利。天候が荒れたり、寒くて体が冷えてしまったらパッとプリンスに避難して、お茶をしたりくつろぐこともできる。第4ロマンスリフト、第5高速リフトはプリンスホテルから一望できるので、ナイターゲレンデを眺めながら状況に合わせて楽しめるのがいい。

[Information] 
ナイター営業時間:17:00~20:30
運行リフト:第4ロマンスリフト・第5高速リフト
滑走可能コース:2
料金:ナイター券 土曜日・年末年始 3,200円/平日・日曜日 2,000円
ナイター営業期間:~2022年03月27日(日)

トップ標高
1,789m
最長滑走
4,000m
標高差
889m
最大斜度
32°
コース数
22本
リフト
11本
ゴンドラ
3基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/winter/


[群馬県]
ノルン水上 |NORN MINAKAMI

毎日22時・金&土曜日は24時までロングナイター!

水上ICから3kmのアクセスのよさが魅力のノルン水上。ナイターは月~木・日曜日は22時まで、金・土曜日はなんと24時まで営業と超長い。さらにナイター滑走できるコースはスキー場のメインとなり、全体の6割は占めるD・Eコース。その距離およそ1kmとロングランが楽しめる。山の中腹にあるパークもナイターでも利用可能。とにかく夜型ライダーにはもってこいのナイター天国だ。

[Information]
ナイター営業時間:3/21日まで 16:30~22:00(月~木・日)~24:00(金・土)
滑走可能コース:2
料金:ナイター22券(~22:00利用可)2,300円/ナイター24券(~24:00利用可)2,700円
営業期間:~2022年3月21日(月)

トップ標高
1,220m
最長滑走
2,000m
標高差
400m
最大斜度
30°
コース数
5本
リフト
4本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.norn.co.jp/winter/


[岐阜県]
ダイナランド|DYNALAND

全国にその名を轟かせる「ヨルダイナ」は連日23時まで

全17コースを持ち、西日本最大級のスケールを誇るダイナランド。山頂でつながる高鷲スノーパークとともに、シーズン中、常に朝から夜まで若めのスキーヤー・スノーボーダーを中心に賑わっていると評判だ。その大きな理由は、毎日23時まで営業している名物ナイターの「ヨルダイナ」。そして土日・祝日と年末年始は早朝6時からオープンしているという「アサダイナ」の存在。

朝から夜まで合わせると1日の営業時間は日本最長でなんと17時間! 西日本の眠らないスキー場として今や独自のポジションを確立している。ダイナランドがすごいのは滑れる時間の長さだけでなく、2,800mという最長滑走距離、その規模感もだ。集中的に上手くなりたい練習をしたい人、1日をフルに使いたい人には最高のリゾートかもしれない。

[Information]
ナイター営業時間:18:00~23:00 (12/31のみ除外)リフト最終乗車は22:30
運行リフト:αライナークワッドリフト
滑走可能コース:3
料金:ナイター券 2,700円
ナイター営業期間:~2022年3月20日(日)

トップ標高
1,430m
最長滑走
3,200m
標高差
447m
最大斜度
38°
コース数
17本
リフト
5本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://www.dynaland.co.jp/


[岐阜]
鷲ヶ岳|WASHIGATAKE

ハイシーズンの土曜日は早朝6時から翌日18時までオールナイト

共通リフト券で隣のホワイトピアたかすも滑走可能。合計26コースが滑れるスケールは西日本有数だ。鷲ヶ岳の名物が土曜日のオールナイト。早朝6時から翌日18時までノンストップのロングラン営業は岐阜県でここだけ。’21₋22シーズンのオールナイトは1月8日~3月12日の土曜日となる。日中の1/3ほどのアイテムが遊べるパークには、光の演出の利いた特別アイテムも。15時くらいにはメンテナンスが入るので滑りやすいコンディションとなる。当日午後券ならナイターでも滑走可能というのが嬉しい。

[Information]
ナイター営業時間:16:00~22:30
運行リフト:レインボー第一クワッドリフト
滑走可能コース:3
料金:ナイター券 2,600円/ オールナイト券 3,800円
ナイター営業期間:~2022年3月12日(土)

トップ標高
1,350m
最長滑走
3,500m
標高差
440m
最大斜度
38°
コース数
13本
リフト
5本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

◆公式HP/https://ski.washigatake.jp/

※2022年1月末時点での情報です。詳しくは公式HPをご参照ください。

-FOLLOW US ON-