かたしなオグナほたかスキー場|天気予報、ライブカメラ、リフト券購入、コースマップ

かたしなオグナほたかスキー場のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■かたしなオグナほたかスキー場(群馬県)はこんなスキー場

official PV

標高1,828mがもたらすフカフカの天然パウダーをお腹いっぱい!

群馬県片品村がロケーションのかたしなオグナほたかスキー場は、東京からわずか2時間と首都圏近郊ながら、ゲレンデのトップ標高は実に1,828mもある。アクセス至便に加えて、その雪のクオリティは文句なし。フワフワの天然パウダーが、パウダー争奪戦なしで存分に楽しめる穴場的なスポットとして、パウダー愛好派に人気が高い。

また、トップからは素晴らしい展望と、最長3.5kmものロングコースが楽しめるのも魅力だ。リフト6本コース13本とコンパクトなサイズ感で、初級者から上級者コースがバランスよく揃い、どんなレベル・志向でも楽しめる。壁などの自然地形を生かしたコースは、来る人を飽きさせず、「とても居心地のいいホーム感覚のスキー場」とファンも多い。

■かたしなオグナほたかスキー場おすすめコース

・スラロームコース

最大斜度:30度 平均:22度 / 距離:400m / 斜面向き:南西

’22-23シーズンより圧雪の入らない非圧雪コースに!全体的にコース幅が広いため気持ちのいい大きなシュプールを描くには絶好。最大斜度30度のスティープなパートもあって、オーバーヘッドのパウダーを楽しめる。多くのパウダーフリークが集まるホットなコースになること間違いなしだ。

・第6ゲレンデ

最大斜度:25度 平均:18度 / 距離:750m / 斜面向き:東

非圧雪コースではないが、雪質はさらさらでこの第6ゲレンデだけはパウダーなんてこともしばしば。降り積もった日には、雪質と深さは申し分ない。またゲレンデトップに位置しており、眺望は抜群。

・ウェーデルンコース

最大斜度:30度 平均:22度 / 距離:300m / 斜面向き:北東

コースの大きさは小さめだが、ボウル形状のためパウダーが溜まりやすい。そのため深さでいえば場内イチである。時間がたつとコブ斜面になることもあるが、そこをワイルドに攻めるのも楽しさの一つ。

■コースマップ

■天気予報

■ライブカメラ

■リフト料金

おとなシニアこども
1日券4,500円3,800円3,300円
平日割引1日券4,200円3,500円3,000円
5時間券4,000円3,400円2,800円

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,828m
最長滑走
3,500m
標高差
600m
最大斜度
32°
コース数
13本
リフト
6本
ゴンドラ
-基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
110m170cm190cm180cm-cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル

・非圧雪・圧雪・コブの割合


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’22₋23シーズンのトピックス

非圧雪コースが3コースに拡張!パウダーをもっと楽しめる

’22-23シーズンより中級者向け「スラロームコース」(長さ400m/最大30度/平均22度)と上級者向け「トレーニングコース」)(長さ400m/最大30度/平均20度)の2コースが非圧雪になる。これによって、これまでの「ウェーデルンコース」(長さ300m/最大30度/平均22度)を含む3コースが非圧雪を楽しめるゲレンデとなった!パウダー派には嬉しいニュースだ。

ICチケットとオートゲートを導入

’22-23の一番の話題は、ICチケットとオートゲートが導入されたこと。また、自動引換機「SKIOSK」を使えば窓口に並ぶことなく発券が可能。さらに、チャージ機能を利用することで、駐車場からそのままリフト乗車も可能となり、とても便利になった!

■アクセス


Japanese