ルスツリゾート RUSUTSU RESORT | 世界に認められた最高級のステイがここにある。忘れられない冬にふさわしい 大自然の中の幸せ時間|北海道

「あったらいいな」が揃ってる、夢のような場所

蝦夷富士、羊蹄山を望む北海道らしい大自然の雄大な景観、これでもかというくらい滑らせてくれるロングバーンなど多彩なコースの数々、野性味あふれるおもしろい自然地形、もちろん「JAPOW」と称されるパフパフのパウダー。こんな山を滑れたら「北海道に来てよかった、スキーやっていてよかった!」と心から思うに違いない。けれど、本音はそれだけじゃない。

1日くたくたになるまで遊び尽くした後は、ゆったりとくつろげる落ち着いた空間に身を置きたい。温泉にも浸かりたいし、北海道の海の幸をたらふく味わえるグルメも旅のお目当てだ。注文が多すぎるけど、そんな贅沢なところがあるのかって? 

それが、あるのだ。雪山を愛するスキーヤー・スノーボーダーが、北海道を滑るなら欲しくてたまらない「あったらいいな」が全部揃ってる。そんな夢のような場所がルツスリゾートだ。

札幌、新千歳空港からクルマで90分で、そこは別天地。ウエストMt.、イーストMt.、Mt.イゾラとリゾート内に3つものピークを擁し、37ものコースがレイアウトされている。それらをつなぐと総滑走距離は実に42km!文句なく北海道ナンバーワンのスケールを誇っている。


圧倒的なスケールのスノーフィールドをさらに魅力的にする
世界が認めたTHE BESTクオリティのホテル

広大なフィールドで「滑る」魅力で終わらせないのがルスツのスゴさ。リゾート内にはプレミア感いっぱいのラグジュアリーホテル「ウェスティン ルスツリゾート」、ゲレンデ目の前でスキーIN/OUTができて超便利な「ルスツリゾートホテル&コンベンション」、さらに、ウエストMt.のゲレンデ内には大自然の温もりを感じる「ログハウス・コテージ」、暮らすようにステイが楽しめるコンドミニアムスタイルのホテル「The Vale Rusutsu」と、それぞれに魅力あふれるアコモデーションが揃っている。

どこに泊まろうか決められないほど、いずれも個性的だ。(この後たっぷりと紹介したい)。その一方で、ルスツリゾートのすべてに一貫しているのはホスピタリティ(おもてなし)のクオリティの高さだ。

ルスツリゾートは、「World Ski Awards」という、旅行業界のオスカーと評される世界のスキー観光産業の中で最も名誉ある賞のうち、「Japan’s Best Ski Resort(日本スキー・リゾート部門)」を、ウェスティン ルスツリゾートは、「Japan’s Best Ski Hotel」に、2017年から2019年に3年連続でW受賞を果たしてきたのだ。ルスツリゾートの最高級のクオリティは、この輝かしい実績が教えてくれる。

滞在日数や人数、予算などに合わせて選ぶことになるのだろうが、4つの宿泊施設どこにも泊まりたくなる。その結果、毎シーズンのようにルスツに通い詰める「ロイヤルカスタマー」(それに惚れ込んだ熱烈ファン)も数多い。


The Vale Rusutsu
ザ・ヴェール・ルスツ

豊かな景観を愛でながら暮らすようなステイを
新しいコンドミニアムスタイルのホテル

2020年12月に新たにオープンとなったコンドミニアムスタイルの「The Vale Rusutsu」。ロケーションはウエストMt. の近くで、「ルスツ温泉・・ことぶきの湯」にも直結、スキーIN/OUTもできるという便利さだ。

コンドミニアムだからキッチンもあり自炊も可能、カップルからファミリー、グループまで、自分たちのペースでゆったりと暮らすようにステイできるのが魅力だ。

楽しいダイニングやリラックス時間をさらにゴージャスにしてくれるのは、この圧巻のビュー(景観)。部屋から見える美しい景色は何よりのご馳走だ。部屋は全部で10タイプ。ゴルフ場や、イーストMt. などを遠望するリゾートビューか、ゲレンデ以外の人工物がほとんど見えない山と森が広がるネイチャービューのいずれかを楽しめる。

高さ4mのパノラマウィンドウから絶景を望む最上階ペントハウス

ジャグジーを備えたラクジュアリーなペントハウステラス

贅沢な空間レイアウトが特徴的な3ベッドルームリビング
ツインでもダブルでもベッドレイアウト自由自在なベッドルーム

THE WESTIN RUSUTSU RESORT
ウェスティン ルスツリゾート

THE WESTIN RUSUTSU RESORTの提供する6つの Well-Being (幸せ)

プレミアムなステイを約束
大自然の中のラグジュアリーホテル

どこまでも続く大きなゲレンデで子供ゴコロに返ってとことん遊んだ後は、極上のおもてなしを受けて、ゆったりと大人時間を楽しみたい。山ではそうそう得られない贅沢なステイを叶えてくれるのがウェスティン ルスツリゾートだ。そこには、くつろぎと癒しのひとときをが過ごせるユニークなサービスがいろいろと用意されている。

THE WESTIN RUSUTSU RESORT エントランス

ゆったりと落ち着けるゲストルームや北海道グルメの楽しめるダイニング(食事)の他に、24時間使えるフィットネススタジオ、無料でPCやプリンターが使えるビジネスサポートも便利。リモートワークによって場所に縛られず働けるようなら、束の間、ワーケーションを楽しむなんてこともできるかも。

ゲレンデへのアクセスは、ウエストMt.まではモノレールで5分、ホテルの前から高速ペアリフトを使えばイーストMt.にはもっと簡単にアクセスできる。

ウェスティン ルスツリゾートを更に詳しく見る

ROOMS
夢のような安らぎの空間

トリプルルーム寝室

リビングイメージ(収納ベッド)

すべての客室がメゾネットタイプ
この解放感・この居心地のよさ・大満足!

客室はすべてリビングとベッドルームのあるメゾネットタイプ。ツイン、トリプル、キング、4ベッドルーム、5ベッドルームと、さまざまなタイプがあり、2名~7名までと、バラエティに対応。3世代でのスキー旅にもバッチリだ。

どの部屋も広々の76㎡以上で、高い天井が解放感をもたらし、木の温もりを感じるナチュラルな木調の家具も相まって、ゆったりとホッとする気分にしてくれる。大きな窓には純白の大自然がいっぱいに広がり、その美しさはまるで絵画のよう。

空間の居心地のよさが格別なだけでなく、さらに嬉しいのはベッドだ。全客室に“雲の上の寝心地”をもたらすという「ヘブンリーベッド」が設えられている。(直訳すると天国のようなベッド!)これはウェスティンのこだわりのオリジナル。そして、ふわふわ羽毛のブランケットや5つの枕、滑らかな肌触りのシーツと、まさに夢見心地の安らぎの眠りが約束されている。

ナチュラルテイストなアメニティ

アメニティはウェスティンブランドのオリジナル。ホワイトティの豊かな香りで、バスタイムが心身ともにリラクゼーションのひとときに。


DINING
洗練された空間で高級感あふれる美食が堪能できる

北海道の選りすぐりの美味しさが楽しめる食処

4カ所の味自慢の食処

ウェスティン ルスツリゾートには4つの食処があり、いずれも本格派グルメ。直営農場で採れる野菜や、近郊の漁港から届けられる新鮮な魚介類など、北海道の山の幸・海の幸をふんだんに使った美食ばかりだ。

・ロビーラウンジ アトリウム
・オールデイダイニング アトリウム
・日本料理 風花
・鉄板焼 風花

いずれも落ち着いた洗練された空間で、ゆったりとした時間の流れを感じながら高級感あふれる食事が楽しめる。

鉄板焼 風花

SPA
幻想的な雪景色と満点の星空を愛でる露天風呂

雪見露天風呂で夜もシアワセ時間

ウェスティンルスツ温泉

ウェスティン ルスツリゾートの2階にあるウェスティンルスツ温泉。雪山で思いっきり滑った後は、温泉でゆっくりと体を温めて休みたい。明日の朝はパウダー一番乗りを目指すためにも、しっかり充電を。

目の前に広がる幻想的な雪景色、冬空にいっそう輝く満点の星空を眺めながら浸かる露天風呂は最高。泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉 (中性低張高温泉)」。お肌がツルツルになるといわれる美肌の湯だ。

浴場内も大きな窓から光がたっぷり注いで明るく解放感いっぱい。ジャグジー風呂はカモミールやローズヒップなど、日替わりでアロマ風呂になる。花の香りで気持ちが静まり、リラックス効果も倍増。疲れもとれてぐっすり眠れそう!
朝は5:00~朝風呂が楽しめ、夜は25時まで入浴できる。

内風呂と右手はジャグジー風呂

RUSUTSU RESORT HOTEL
& CONVENTION

ルスツリゾートホテル&コンベンション

Have fun! 外へ出た瞬間に滑り出せる
泊まる・食べる・遊ぶのワンダーランド

ウエストMt.エリアのゲレンデに直結しているルスツリゾートホテル&コンベンション。そのままスキーIN/OUTができる便利さはたまらない。なんといっても降雪後の朝イチのパウダーには一番乗りできるし、吹雪いてしまったり、あまりに寒くなったら部屋にすぐ避難してぬくぬくできる。ナイターやもその時の気分でパッと行って数本滑ってサッと帰ってくる、なんてことも自由自在。

館内には30店以上ものレストランや各種の専門店があり、スノーボーダーに人気のブランド直営店もラインナップ。これがひとつのホテルの中だなんてちょっとビックリだ。

この他、温泉やインドアプール、コンベンションホールなども擁する、ココはまさに北海道を代表する複合型施設、ないものがない!のだ。

ルスツリゾートホテル&コンベンションを更に詳しく見る

ROOMS
バラエティな客室タイプから“ぴったり”を選べる

スタンダードなトリプルルーム

心和むくつろぎの空間

客室は、ツイン、トリプルはもちろん、ゆったり寛げるジュニアスイートルームや家族で過ごすのに適したファミリータイプ、赤ちゃんなど小さな子供連れに使い勝手のよい和室など、バリエーション豊か。

どの部屋もシックな色のトーンや優しい間接照明で、和みの雰囲気で落ち着ける。例えば上の写真は、ルスツリゾートホテル & コンベンションのスタンダードタイプ。部屋の広さはほとんどが33㎡。2~4名まで宿泊可能で、4人家族やグループも同じ部屋に泊まれると好評。

ベッドはクオリティの高さで人気のシモンズ社製ベッドをあつらえ、快適な眠りをお約束。

伝統的なジャパニーズ畳ルーム

ルスツリゾート唯一の和室は10畳 (33 ㎡)で4名定員 。落ち着ける畳の上で寝ころんで和みたい、布団でゆっくり休みたいという方には嬉しい。動き回りたい小さな子供連れのファミリーにも和室は便利。日本ならではの和の空間で日本文化を体感したいインバウンドのお客様にも大人気という。16室限定なので予約は早めに。

LOG HOUSE
北海道の大自然に浸れるログハウスのステイも

木の温もりに癒される

美しい樹々が広がるリゾートの敷地内には、このようなログハウスが建っている。“大草原の小さな家”のような味わいで、まるで絵本の世界に紛れ込んだよう。北海道の大自然を間近に感じられる、ホテルステイとはまた違った非日常空間だ。

こちらも4名以上のグループであれば宿泊できる。1棟6名・8名・18名・24名定員の4タイプあり、部屋数や収容人数、部屋のデザインはいろいろ。どの部屋もログハウス独特の木の温もりにあふれ、癒される。グループで棟を貸切もOK。

ログハウスといえば、煉瓦造りの暖炉が定番だ。窓の外に降りしきる雪を眺めながら、暖炉を囲んで仲間や家族と語らいながら過ごす夜は格別に違いない。キッチンはないため、食事はホテルで。ホテル内のレストランや温泉、室内プール等も利用できる。

大切な仲間や家族と過ごす心温まる時間

COTAGE
貸切のコテージで静かなプライベートステイも

気兼ねなく自由に過ごせるのが貸切のいいところ

目の前はゲレンデというロケーションのコテージもある。シンプルにリビングと寝室からなる平屋建てタイプの建物で、内装はご覧の通り木の温もりいっぱい。1棟の定員は6名。貸切のため、静かなプライベートステイを楽しみたいグループに人気だ。こちらも食事やお風呂はホテルの施設を利用。雪景色を楽しみながらちょっとお散歩もいい。


DINING
圧巻の北海道グルメのオンパレード!

食の楽しみだけでもリピーターになれる

ルスツリゾートには、なんと30店以上もの食処が入っている。ファミリーに人気のブッフェレストランや、フレンチやイタリアン、和食、中華などの通好みの専門店、美味しいスイーツが楽しめるカフェや、仲間と呑めるバーや居酒屋、パッと食べれる便利なファーストフードなど、カジュアルからフォーマルまでバラエティにラインナップしている。

すごいのはその数だけではない。直営農園で手塩にかけて育てた野菜類や、ラム肉、ルスツ高原ポークや乳製品、近郊の漁港から毎朝仕入れられる海鮮類など、北海道産にこだわった北の大地の山の幸・海の幸が集められているのだ。

新鮮で美味しい食材をふんだんに使った、さまざまなスタイルの料理が並ぶ、その多彩さは圧巻だ。どのお店も、どの料理も味わってみたくなる。


SPA
 北海道の絶景と柔らかなお湯に身も心も癒される

雄大な自然を望む露天風呂で至福のリラクゼーションを

ルスツ温泉・・ことぶきの湯

2019年に待望オープンした「ルスツ温泉・・ことぶきの湯」。ルスツリゾートホテルのノースウイング6階奥側がそのロケーションだ。

その幅20mという自慢の露天風呂からは、日中には目の前にいっぱいに広がる雪山の大パノラマが楽しめ、夜には空から落ちてきそうなほど輝く星が近くに見える。北海道の大自然と柔らかなお湯に包まれて芯から癒されくつろげる。

大きな内風呂、ジェットバスやサウナ、ユニークな洞窟風呂もあるので、悪天候で山に行けないときは、「ことぶきの湯」でゆ~ったりと長居をして過ごすのも一案だ。

大きな窓から自然光あふれる内風呂

左/幻想的空間の洞窟風呂  右/待合スペースも落ち着くたたずまい

大自然の恵が心と身体を温かく包みます泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉 (中性低張高温泉)で、効能もたっぷり。疲労回復、冷え性、筋肉痛にも効き目大、さらには女性に嬉しい美肌効果も特徴という。

左/ドライサウナ(男性のみ) 右/ミストサウナ(女性のみ)

SHOPPING
人気ブランドの直営ショップでいいもの仕入れよう

リゾートには4つの人気ブランドの直営店も軒を連ねる。滑りに出ていて急に必要な出たときにも便利だし、ショップスタッフに、とっておきの滑る場所やお勧めレストランなどローカル情報を教えてもらえるのもいい。

SALOMON・TNE NORTH FACE・BURTON・GOLDWINの直営ショップ

FOR FAMILY
ルスツリゾート保育園

子どもを預けて安心して思いっきり滑れる

「子どもに美しい雪山を見せてあげたいし、一緒に楽しい雪遊びをしたい、でもせっかくスキー場に行くのなら、自分たちも思いっきり滑りたい!」

小さな子連れスキーヤーの願いを叶えてくれるのが、リゾート内に併設されている「ルスツリゾート保育園」だ。1時間単位で預けられるので超便利。朝は8:30からドロップできるので、朝イチのゲレンデにも出れるから嬉しい。

保育スペースは広々、大きな窓に北海道の雪景色が広がる開放的な空間。床はクッションフロアなので安全面でも安心だ。ベテラン保育士さんがしっかりケアしてたくさん遊んでくれ、ランチは北海道の美味しい食材でこしらえた手作りという。

[INFO]
保育時間:
8:30~18:30
利用料金:
保育料1時間1,200円
ランチ1,000円
保育対象:
満1歳 ~ 未就学児
※事前予約が必要

午前中はパウダー狙いで、子ども預けて滑りに行って、午後からは家族で雪遊びなんていうのもいい。家族のハッピースキー旅行をサポートしてくれる心強い味方だ。

2020-21 RUSUTSUとっておきTopics



Information

住所

〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地

予約・問合せ

0136-46-3111 (総合予約センター)

Web

https://rusutsu.com/

SNS

FacebookInstagramTwitterYouTube

※掲載されている内容は2020年11月の情報です。

RUSUTSUを滑る情報はこちら

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける