FWTが今季日程を全て終了。男子優勝はスウェーデンのKristofer Turdell、女子はスイスのElisabeth Gerritzen

フリーライドスキーの祭典、Freeride World Tour(FWT)が今季の全4試合を終えた。今年は、HAKUBAでのFWTとしての開催は無く、(FWQ 4スターでの開催だった)例年出場オファーを受けていた佐々木悠がコロナ禍での海外移動による2週間の隔離生活の影響を鑑みて、出場を辞退するなど、異例のシーズンとなっていた。

そんな中で、SKI MEN総合優勝は昨年惜しくも年間2位に終わっていたKristofer Turdell。SKI WOMENは今季4試合中2試合で1位に輝いた絶好調のElisabeth Gerritzenだ。

その両者含む、MEN 3位のCarl Regnér Eriksson、WOMEN2位のHedvig Wesselなど、今年はPeakPerformanceライダーの活躍が目立ったシーズンとなった。

【総合順位】
●MEN
1 Kristofer Turdell SWE
2 Ross Tester USA
3 Carl Regnér Eriksson SWE

●WOMEN
1 Elisabeth Gerritzen SUS
2 Hedvig Wessel NOR
3 Zuzanna Witych POL

FWTの頂点に立った、男女二人のヴェルビエでのライディングとともに、全試合の一位の滑りをチェックしてみよう。

■2021 Xtreme Verbier Switzerland (3/20~28)
MEN 1
Kristofer Turdell

WOMEN 1
Elisabeth Gerritzen

■FWT21 Stop #3 Fieberbrunn(3/10~17)
MEN 1
Ross Tester

WOMEN 1
Zuzanna Witych

■FWT21 Stop #2 Ordino Arcalis (2/23~26)
MEN 1
Andrew Pollard

WOMEN 1
Elisabeth Gerritzen

■FWT21 Stop #1 Ordino Arcalis Andorra (2/19~26)
MEN 1
Ross Tester

WOMEN 1
Hedvig Wessel

※Ordino Arcalis戦が2回あるのはKicking Horse Golden BC戦の振り替え。

■最終戦 Verbierのフル映像はこちら
https://www.freerideworldtour.com/event/2021-xtreme-verbier-switzerland/replay

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける