Faction Skis とキャンディド・トベックス、それぞれの新しい冒険へ

キャンディド・トベックス Candide Thovex 
滑る伝説

その突き抜けたラディカルな発想とスタイリッシュなライディングで世界中のスキーヤーを刺激し続けてきた。キャンディドが滑れば、そこに伝説が生まれる。ここ数十年スノースポーツ界でひと時も目を離せない存在であり続けたキャンディド・トベックス ( Candide Thovex)。

当時16歳、キャンディドはフリーライドの黎明期であった1999年頃から、恐れを知らないビッグスケールのエアトリックで常にスキー界を驚かせてきた。その輝かしいキャリアの一端には、Winter X-Games 初のフランス人ゴールドメダリストとなり、スキーの全3種目(ビッグエア、スロープスタイル、スーパーパイプ)で表彰台の中央に立ったことや、2010年に大きなアクシデントによる怪我を克服し、フリーライドスキーにおける最高峰のフリーライドワールドツアーで優勝したことなどがある。

その後、映像の世界に目を向け、そのエネルギーと才能を爆発させたたキャンディド。2015年に衝撃的な映像で世界の度肝を抜いた「ONE OF THOSE DAYS」をリリースして以来、2018年公開の「SKI THE WORLD」など、数えきれないほどの数百万回もの再生回数を誇る映像をプロデュースし、世界中に届けてきた。

キャンディドにとって滑るフィールドは雪の上だけじゃない、地球まるごとだ。生茂るブッシュ(草木)の斜面だろうが、波の上だろうが、砂漠だろうが関係ない。ついには万里の長城の石段だってスキーで駆け下りた。そのパフォーマンスは呆れるほどにクレイジーで、眩しいばかりにクリエティブだ。こうしてキャンディドはやることのすべてにおいて限界をプッシュして、常に新しい記録や記憶を世の中に残してきた、まさに「滑る伝説」なのだ。

「ONE OF THOSE DAYS」再生回数はなんと驚異の約2700万回!(2015年公開)

キャンディドの圧巻パフォーマンスを支えてきたFACTION
輝かしい功績とともに10年に渡るパートナーシップ満了を発表

常識を覆しスキーの持つ可能性を追求し続けたキャンディドの挑戦を支えてきたのがキャンディドが愛用してきたFaction Skisだ。Faction Skisほど地球上のあらゆる斜面を滑ったスキー板はないのではないだろうか。FACTIONは、フリーライドの聖地ともされるスイスのヴェルビエで2006年に立ち上がったフリースキーブランド。キャンディドはそのアイコンライダーとしてシグネチャーシリーズの開発からプロモートまで深くコミットして活動してきた。キャンディドといえばFaction Skisとすぐに連想できるほど、そのイメージはフリースキーファンには浸透してきただろう。

’21-22シーズン、両者のコラボレーションは最終シーズンを迎えることとなった。これまで10年間に渡りスキープロダクツの開発から表現まで、さまざまなチャレンジを共にしてきたFaction Skisと キャンディド。この10年間のパートナーシップの満了に際して、FactionのCEO兼共同創設者のAlex Hoyeがコメントを公表した。

「Faction Collectiveの皆を代表して、彼がFaction Skisブランドにもたらした素晴らしい影響に感謝します。キャンディドの才能は、間違いなくFactionが注目されるようになった理由の一旦であり、私たちは永遠に感謝することでしょう。10年間、受賞歴のあるスキーの製作を共にしたことで、両社は私たちが目指したものを達成したと感じています。そして今、私たちは新たな冒険をしながら、素晴らしい思い出と敬意をもって、それぞれの道へと進んでいます。キャンディドのこれからの旅が、最高のものになるよう祈っています。私たちが確信していることは、キャンディドとFaction両方にとって未来は明るいということであり、それは私たちの関係が成功したことを示す良いサインです。キャンディド、ありがとう!」 -2022年1月18日 ( ヴェルビエ/SUI)


’21₋22 CTシグネチャーシリーズ
なかでも「CT5.0」は今季逃せない

’21-22シーズンは、Factionによるキャンディド・トベックス・プロモデル・スキー「CTシグネチャーシリーズ」は、最終コレクションとして、世界中のFaction小売パートナー店で購入することが可能だ。「CTシリーズ」は長年、キャンディド自らが監修してきたシグネチャーシリーズ。いかなる雪山をも軽々と滑り倒すキャンディドらしく、パークライドからビックマウンテンまで多様なスノーシーンに対応する高い滑走性と操作性を両立した逸品だ。


「キャンディドのフリースキーコレクションに対するビジョンは、このシリーズに対する我々の哲学の指針となりました。ブランドの発展においてキャンディドが果たした役割に敬意を表し、彼が多くの歴史を刻んだCT 5.0スキーモデルを引退させ、この特別なスキーをフリースキー伝承の中で正当な位置に置くことにします」

このコメントからも、「CT 5.0」は手に入れるなら今!といえそうだ。「CT 5.0」は、CTシリーズのなかでも最高品質のモデルで高い人気を誇ってきたが、’21-22シーズンアップグレードされ、安定性と遊び心はそのままに、さらに軽量化されている。キャンディド・ファンには逃せない最終チャンスだ。

10年間のコラボレーションの軌跡を辿ってみよう

Faction Skis はキャンディドとの10年にわたるコラボレーションを、ウェブサイト上でパートナーシップの年表として公開した。Factionとキャンディドの過去10年間の最も印象的な瞬間を時の流れとともに思い出すことができる。キャンディドファン、Factionファンには必見ものだ。

https://jp.factionskis.com/pages/candide-thovex

-FOLLOW US ON-