【北京オリンピック】フリースタイルスキー ハーフパイプ 注目ポイントまとめ|日本代表選手/日程/放送予定/試合形式/採点/ルール

2022年2月4日に開幕し、連日熱い戦いが繰り広げられている「北京2022冬季オリンピック」。スキーのフリースタイル系種目の中でも非常にテクニカルなのがハーフパイプだ。国際大会基準をクリアするパイプのトレーニング環境の確保が難しいこともある。ここでは超絶トリックの連続が感動的なフリースキーハーフパイプの要点を紹介。ぜひ基礎知識をつけて世界最高峰のパイプトリックを堪能しよう!


フリースキーハーフパイプ |Free Ski Half Pipe

過去に日本人メダリストを生んだ種目
進化が止まらない複雑なトリックから目を離すな

■北京五輪フリースキーハーフパイプ競技スケジュール

フリースキーハーフパイプは、大会の最終盤に予定されている。アメリカでのテレビ放送の関係か、予選、決勝とも午前中にスタートする“真昼の決戦”となる。男子決勝は土曜日の昼なので見やすいだろう。(天候などの都合によりスケジュールは変更になる場合あり)

開催日時会場放送予定
2月17日(木)9:30-11:10
(日本時間 10:30-12:10)
女子フリースタイル・ハーフパイプ 予選1~2本目雲頂スノーパーク2月17日(木)10:15~(NHK総合)
gorin.jpはコチラ
2月17日(木)12:30-14:10
(日本時間 13:30-15:10)
男子フリースタイル・ハーフパイプ 予選1~2本目雲頂スノーパーク2月17日(木)13:35~(NHK総合)
gorin.jpはコチラ
2月18日(金)9:30-10:49
(日本時間 10:30-11:49)
女子フリースタイル・ハーフパイプ 決勝1~3本目雲頂スノーパーク2月18日(金)10:15~ 生中継(NHK総合)
gorin.jpはコチラ
2月19日(土)9:30-10:49
(日本時間 10:30-11:49)
男子フリースタイル・ハーフパイプ 決勝1~3本目雲頂スノーパーク2月19日(土)
10:05~ 生中継(NHK総合)gorin.jpはコチラ


■北京五輪フリースキーハーフパイプの見どころ

フリースキーハーフパイプは2014年のソチ五輪から正式種目となり、そこでは日本の小野塚彩那が銅メダルを獲得している。

現在、男子のトップグループを形成するニコ・ポーティアス(ニュージーランド)、アレックス・フェレイラ(アメリカ)らは両方向のダブルコーク1620を完成させている。1620というのはつまり4回転半である。金メダルを狙うには1620もしくは1440(4回転)を、スイッチや逆回転で決める必要が生じる。ただし、中には回転数を少なくすることで高い独創性を狙ったトリックを決め、ジャッジに高く評価されている選手もいる。必ずしも多く回ればいいとも限らないのである。2大会連続金メダリストのデビッド・ワイズ(アメリカ)も健在であり、現状、絶対的な金メダル候補はおらず、予想が難しい状況だ。

女子はアイリーン・グー(中国)が大本命だといえる。彼女はアメリカ人の父親、中国人の母親を持つ18歳。ハーフパイプのみならず、フリースキースロープスタイル、フリースキービッグエアの“三刀流”選手で、それぞれで金メダル候補となっている。とくにハーフパイプでは今季W杯で4戦4勝とぶっちぎりの存在だ。三冠王ともなれば、北京五輪全体の主役となる可能性もある。

日本からは唯一、’18 平昌大会に続き鈴木沙織が出場権を獲得。前回は思う滑りができなかった。北京ではその悔しかった思いを払拭したいと意欲を見せている。北京直前のワールドカップUSA大会では自己最高の6位まで調子を上げてきた。勢いに乗ったパフォーマンスにも期待したい。


▼2018平昌五輪フリースキーハーフパイプの映像


■北京五輪フリースキーハーフパイプの試合形式

「個人」では、予選から決勝まではこのような流れで争われる。

  1. 〈予選〉全員が2回ずつ滑り、高い方の得点を採用し順位を決め、上位12名が決勝へ進出

  2. 〈決勝〉全員が3回ずつ滑り、最も高い得点を採用し、最終順位を決める

予選は抽選によって滑走順が決まる。2本滑って合計点ではなく高い方の得点が採用されることがポイントで、1本目は失敗しても、もう1回チャンスがある。ただし、1本目で高得点を得た選手は2本目に失敗しても決勝進出の可能性は担保されているため、精神的に楽になる。

決勝は3回チャンスがある(W杯は2回)。そのため、メダルを狙う選手は一か八かのトリックに挑んでくるケースが多い。なお、決勝は予選下位の選手から順番に滑るため、予選上位の選手は全体の展開を見極められるので、その点で有利だといえる。

この種目は、技の難度、完成度以外に、独創性や前進性という観点からも採点されるのが大きな特徴だ。一方で、空中での動作だけではなく、技と技のつなぎが重要であるため、雪面を板で的確に捉えて滑走する必要がある。

*当日の天候などにより試合形式、順位決定形式が変更になる可能性あり


■北京五輪フリースキーハーフパイプの会場

雲頂スノーパーク

ハーフパイプのコースも完成!

ハーフパイプのコースも準備が整ったようだ。ご覧のように輝くばかりの美しさ。コンディションもパーフェクト!とか。予選&決勝はテレビ放映も予定されているので、ぜひこの舞台で繰り広げられる世界最高峰のトリックの競演を楽しもう。


■北京五輪フリースキーハーフパイプの日本代表選手 

[女子]

nameOfficial BlogBlog生年月日出身所属五輪出場回数
鈴木沙織(すずき・さおり)http://johoku.sub.jp/wphp/category/saori-suzuki/1990年1月9日山形県長井市城北信用金庫スキー部1(平昌)

前回の平昌五輪にはソチ五輪銅メダリストの小野塚彩那、鈴木沙織ら3選手が出場したが、今回、北京へのチケットを掴んだのは鈴木のみ。鈴木は、今季のワールドカップでのベストリザルトは6位と大健闘。北京でも高さを追求しつつ、720や900をミスなく決めることができれば上位入賞が見えてくる。なお、男子の日本勢は、現状で世界のトップグループとの差は大きく、五輪出場権を得た選手はいなかった。

Text/Daisuke Mizorogi
Edit/STEEP



❖ チームJAPANを応援しよう!

@team_nippon

-FOLLOW US ON-
Japanese