3 月限定!「トマムスロープスタイルパーク」がパワーアップ! パークビギナーから上級者まで大満足

北海道のプレミアな滞在型リゾート星野リゾート トマムの「トマムスロープスタイルパーク」が、2022 年 3 月 1 日~31 日の期間限定でパワーアップすることがアナウンスされた。さまざまなアイテムで構成されたロングコースを、流れの中でトリックに挑戦したり、自分らしいスタイルで表現するのがスロープスタイルの醍醐味だが、その面白さや魅力を、今度は自分自身で滑って体感できるチャンスだ。


スロープスタイルを誰にでも楽しんでもらうために

この「トマムスロープスタイルパーク」は、星野リゾート トマムの、「パーク初心者から上級者まで、より多くのスキーヤー・スノーボーダーにスロープスタイルを体験して、楽しんでもらいたい」という思いが詰まったもの。スロープスタイルは初挑戦という人でも安全に楽しめるアイテムの作り方や設置の仕方が工夫され、ディガーが毎日重機と手作業で丁寧に管理している。加えて、スロープスタイル初挑戦の人には、安全に楽しめるように専属スタッフがワンポイントレッスンも提供してくれるという、至れり尽くせりのサポートぶりだ。

トマムスロープスタイルパーク 3 つのパワーアップポイント

星野リゾート トマムでは、これまで、初級・中級・上級のスキルレベルに合わせた 3 つのレーンを設け、道内最大のアイテム数を誇るビッグパークを運営してきたが、この3月、大きくパワーアップを果たす。どのように進化するのか? 具体的に見てみよう。

1. 全長 900 メートル!トマムスロープスタイルパークの規模やアイテム数を拡充

スロープスタイルパークのエントリーポイントから見た全景

トマムスロープスタイルパークのアイテム総数が 20 個から 32 個に増加。キッカーやウエーブアイテムが増え、規模が全長 360 メートルから 900mに拡大。1 回の滑走で挑戦できるアイテム数は最大 14 個で、1 回の滑走でも充実感を得られるのが特徴だ。また、初級、中級、上級レーンに加え、特大キッカーや難易度の高いアイテムに挑戦することができる超上級者レーンも登場する。詳しくはこんな様子になる。

初級者レーン初めての方におすすめのレーンで、安全に楽しめる。バンクが追加され、「飛ぶ」だけではないスロープスタイルの楽しさを味わえる。
中級者レーン上級者へのステップアップができるレーン。練習に適したサイズのキッカーやボックスを設置。
3 連続のキッカーが 6 連続へとパワーアップし、1 回の滑走でさまざまなトリックに挑戦できる。
上級者レーントップライダーへのステップアップを図れるよう、より一層クオリティーの高いアイテム管理がなされる。9~11 メートルのキッカーや、数種類のボックスとレールが揃う。
超上級者レーン期間限定でスキー場内最大のキッカーや難易度の高いアイテムをランナップ。

公式HPでは各レーンの動画が見られる!
https://www.snowtomamu.jp/winter/ski/guide/slopestyle.php

2.圧倒的な浮遊感を楽しめる 18 メートルのキッカーが登場

特大キッカーで宙に舞おう!

超上級者レーンに道内最大となる 18 メートルのキッカーが登場。特大のキッカーならではの圧倒的な浮遊感を体験できる。プロレベルのライダーが高難度のトリックにも挑戦できるサイズのため、テクニカルなスキルを上達させる道場にもなりそうだ。「もっと上」を目指したいスキーヤー・スノーボーダー集まれ!

3.スロープスタイルデビューをサポートする専属スタッフによるワンポイントレッスン

スロープスタイルが初めてでも安心して入れる

スロープスタイルに挑戦したいけれど、「ちょっと怖くて入れない」「どう遊んでいいのかわからない」という人には、専属スタッフがサポートしてくれる。一人ひとりのレベルに合わせてアドバイスをしてくれるので、不安なくデビューし、上達することが可能だ。また、横幅が広く安定感のあるワイドボックスをはじめ、初心者が楽しめるキッカーやアイテムも揃っているため、目標に合わせて、スロープスタイルが楽しめる。

スロープスタイルデビュー ワンポイントレッスン
時間 :13:00~(30 分程度)
料金 :無料
集合場所:初級者レーン入口


■DATA

トマムスロープスタイルパーク

期間:2022 年 3 月 1 日~31 日
料金:無料(リフト券・ゴンドラ乗車券は別途購入)
営業時間:9:00~15:30
対象:宿泊、日帰りゲスト共に利用可
備考:積雪や融雪の状況により営業情報が変更になる場合あり

星野リゾート トマムはこんなビッグスケールの滞在型リゾート

❖星野リゾート トマム公式HP
https://www.snowtomamu.jp/

-FOLLOW US ON-