LEVEL(レベル)最新モデル&カタログ|ブランド紹介

’22-23 ブランドの注目・ラインナップのトピックス

’22-23シーズンのイチ押しは「OFFPISTE LEATHER」

’22₋23シーズンのLEVELのイチ押しモデルがこちら。「OFFPISTE LEATHER」は3フィンガータイプ、しかし中は5本指に分かれているので、指も動かせて握りやすい。縫製が外縫いになっているため、ゴワつきもなく、ポールのグリップもラクだ。 

一番の特徴は、その圧倒的な保温性。インサレーションはスイスウールを採用している。LEVELはヨーロッパで一番温かいグローブといわれており、「LEVELは俄然温かい」は日本でも同じ評価だろう。このモデルは標高4,000mでも対応可能、気温にするとマイナス20℃という極寒の中でも暖かさに不安はないというツワモノだ。山羊の本革仕様なので柔らかでしなやか、オイルでケアをすれば、良いコンディションで長持ちする。

Features : ショートネオプレーンカフ,
セーフティリーシュ, アウトサイドスティッチ,
(親指以外は外縫い縫製)
Material : 防水加工ゴートレザー(山羊革)
Size : 7(S), 8(M), 9(L)
¥25,300



BRAND features

1989年、イタリアンアルプスの麓で スノーボード専用グローブメーカーとして立ち上がったLEVEL。 四半世紀に渡るR&Dを基にユーザーが望む本物を形にしてきた。 最高の温かさと機能性を追求しながら、 斬新な発想とデザインを兼ね備えた物づくりは、世界中から注目を集めている。 スノーボードグローブのほか、スキーやアルピニスト向けのプロダクトも。 世界基準のプロダクトはあらゆるシーンに対応するアイテム数を誇り、 スノーグローブのトップブランドとしての地位を確立した。

レベルグローブの最大の特徴は自社で設けた独自の温かさの基準「THERMO-PLUS TECHNOLOGY」を採用している点だ。-20℃,-30℃といった寒さに耐えうるよう、製品を開発して屋外でのライダーテストに加え、屋内でも厳格なテストを行う。その基準をクリアしたもののみが、市場に送り出されるのだ。基準をクリアするために高機能インサレーションをたっぷりと封入しながら、柔らかい握り心地になるよう縫い方などにも意匠を施す。
ブランドの定番ともなる皮革モデル「OFF PISTE」「REXFORD」、風雨から手を守るレインカバーを備え、ハイクアップ時も快適に使用できるTRAIL POLARTEC I-TOUCHなど今季もバリーエーション豊かなラインナップが揃う。


BRAND info

LEVEL(レベル)

URL:http://level-japan.com

取扱い/㈱ロータスインターナショナル