フリースキー名店レビュー! ’22季 おすすめ最新ブーツはこれ|SKI SHOP VAIL

フリーライドに重点を置いたスキープロショップとして名高い「SKI SHOP VAIL」。専門知識と雪上での経験も豊かなスタッフの目利きによる高品質のセレクションは、多くのユーザーから厚い信頼を集めている。そんな中から今シーズン、池田店長が力を込めて「もっともオススメしたい!」というブーツを厳選してくれた。

BOOTS SELECT 5


①どんなシチュエーションもこの一足で!

FULLTILT|B&E PRO の評価・レビュー

HENRIK HARLAUT & PHIL CASABON’S PRO MODEL

SIZE: 23.5-30.5cm
WEIGHT: 2000g(27.5)
FLEX: 90

フリースタイルで足首を使うような動きを出しやすいブーツを求めている人にFTのブーツはよくマッチします。Vailではとても人気です。

その中でもコチラのB/Eは、デザインがとてもきれいで人気を集めています。PHIL CASABON (フィル・カサボン)とHENRIK HARLAUT(へ―リック・ハーロゥ)のシグネチャーモデルなので特注デザインなのですが、デザインにこだわる人が選んでいますね。硬さとしてはFTの一番標準のFlex90のブーツです。成形力のしっかりしたインナーなので、過度に柔らかすぎることもなく、意外としっかりしています。FTらしく足首が使いやすくて、フリースタイルをするにはとても適したモデルです。23.5㎝からとレディス対応の小さいサイズもあります。

ワイヤータイプのブーツももちろんいいのですが、ワイヤーだけだと少しキュッと線で締められてタイトな感じがするんですね。それに比べてバックルとワイヤーのハイブリットは、面で押さえる感じで少し幅も広めでゆったりしているので、狭いブーツが苦手な人でも履きやすい。ホールド感の面でもインナーの成形力が非常に高いので、すごく足が細いという人でなければ合わせていけると思います。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003580/ct614/page1/order/

同じ機能を持つモデルでシグネチャーでないものはDESCENDANT(ディセンダント)シリーズです。フレックスが90・100・120とあります。シェルがブラックベースでこちらもカッコいいです。

DESCENDANT 100

SIZE: 24.5-29.5cm
WEIGHT: 1,930g (26.5)
FLEX: 100

フリースタイル向きのブーツが欲しい方はFTを目指して来店されます。VAILではFTブーツを数多く扱っています。ここまでFTのラインナップが充実して揃っているショップもあまりないのではと思います! ただ人気のあまりサイズがすでに欠けてきていますからFTを探している人は早めに来てください。FTは今シーズンで終了とメーカーよりアナウンスされていますから、FTのこの形を履きたい人は今のうちです!

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003584/ct614/page1/order/


②アルペンブーツに匹敵するエッジグリップや操作性を持つ

TECNICA|COCHISE シリーズの評価・レビュー

COCHISE 130 DYN GW

SIZE: 22–31 cm
WEIGHT: 1850 g (26.5)
FLEX: 130

コーチスシリーズが今季、生まれ変わりました。フィット感がいいのはもちろんなんですが、以前より軽くなっています。また、大きく変わった点としては、ウォークモードにロック機能がついたことです。滑走中に緩んでウォークモードになってしまうことが、メーカーに限らず時々あるんですよね。ロックをすることでそれが起きなくなりますから安心です。

そして、高速域でもしっかり雪面を捉えることができて、アルペンブーツに匹敵するほどのクオリティーがあります。フィット感、ねじれ剛性が抜群ですから滑り重視で動きやすいブーツが欲しい人には特にオススメです。シリーズの中で細かく硬さ・重さが違うので、スキーの技術や体格、脚力などのレベルに合わせて必要な硬さが選べます。130から「Team」まで入れると90まであります。

シリーズの中での選び方のポイントとしては、長時間歩く人、ロングハイクをしてツアーを楽しむ人ならコーチスライトの軽量タイプ、ウォークモードは欲しい、でも滑りも追求したい、スピードを出したときに踏んで力が伝わりやすいブーツがいいという人なら130、120あたりでしょうか。

ソールの規格がグリップウォークなのでゲレンデ用の板もだいたい履けますから、1足でゲレンデで普通の板にも使いたいという人にも、このブーツはいいと思います。110あたりは普通の基礎の中級者・上級者にも使えると思うのでいいと思います。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003663/ct616/page1/order/


③滑走重視で高いホールド感が欲しいけれど軽さも欲しい人へ

ATOMIC|HAWX ULTRA XTD 130 CT GWの評価・レビュー

HAWX ULTRA XTD 130 CT GW

SIZE: 22/22.5–29/29.5cm
WEIGHT: 1580g( 26-26.5)
FLEX: 130

アルペンメーカーATOMICのブーツ。26㎝で1580gと非常に軽量。去年からMIMICインナーという新しいインナー変わっています。足首、かかと、タンの部分にサポート性のある熱成形できる素材を使い、足の形にとても合うサーモインナーになっています。

シェルも熱成形できるので、ちょっと幅が狭そうに見えても、いろんな人が履けるように調整していけるブーツになっています。幅が広めの方は「PRIME」で、少し狭めの方は「ULTRA」で。ここ数年、とても人気が高い継続モデルです。足首まわりのホールド感にこだわりのある方、滑走を重視しているけれど軽いブーツが欲しいという人には最適です。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003599/ct615/page1/order/


④BCからゲレンデまで楽しめる顧客満足度と完成度の高い一足

K2|MINDBENDER(マインドベンダー) シリーズの評価・レビュー

MINDBENDER 130

SIZE: 24.5-30.5cm
WEIGHT: 1725g
FLEX: 130

去年からの継続モデルです。昨年もよく売れましたが、今年も売れています。人気の理由は履き心地の良さ、履き口が柔らかい素材なので足入れのしやすさかなと思います。インナーもシェルも熱成形ができます。ゆったり履こうと思えばゆったりさせられるところもいいですね。他のブランドに比べて土踏まずのあたりがちょっとゆったりしているので、日本の偏平足気味な方には合いやすいです。

軽いのに十分な剛性があり、アイスバーンからパウダーまで問題なくこなせます。結果BCからゲレンデまでストレスなく楽しめるモデルとして完成度と顧客満足度の高いシリーズと思います。

アルペンソールに変えてゲレンデ用の板で使っている人も結構います。家族でスキーに行く際に楽なブーツがほしい人や、バックカントリーをするだけでなく、ゲレンデで子供と雪遊びをする人にけっこう選んでいただいています。つまり、自分のスタイルに合わせて楽に使うこともできるということです。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003605/ct617/page1/order/


⑤歩行性能は抜群。足れの良さと滑走性能も向上

SCARPA|MAESTRALE (マエストラーレ)シリーズの評価・レビュー

マエストラーレ

SIZE: 24.5–31cm
WEIGHT: 1490g (27.0cm)

今季、このシリーズはちょっと変わりました。今まで、「マエストラーレ」の上位機種であった「マエストラーXT」に使われていたウォークモードのシステムが、マエストラーレシリーズにも採用されることになり、しっかりとホールドできるようになったことで安心感が増しています。

前のタイプとは形も全然違います。右が前のタイプ、左が新しくなったものです。今までここ(足首まわり)にベンチレーションがあったのを無くして、フレームの構造を強くしたので、滑走性も向上し、足入れもしやすくなっています。

27㎝で1420gと非常に軽く、SCARPAはもともと山靴メーカーだけあって歩行性能が高いのが特徴です。ソールにビブラムソールが全面に貼ってあるのですが、非常にグリップしやすいというメリットがあります。ツアーをする人にはすごくオススメ。

ただ気をつけないといけないのは、グリップウォークでないので、ツアー対応ビンディングなら大丈夫なのですが、ツアー対応でないビンディングは使えないので要注意です。インナーもしっかり締まります。今までSCARPAを試したことのなかった人も、ツアー用のブーツが気になっていたら、ぜひ試していただきたいです。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003693/ct629/page1/order/


まとめ

ブーツ選びのポイントは、まず何よりも先に滑りの志向・目的は何を明確にすることです。フリースタイルをやりたいのか、ツアー用なのか、普通のゲレンデを滑るのか…。その上で硬さ(フレックス)やホールド性、重さや履き心地、自分の足型によってラスト幅が広いほうがいいのか、など自身の重要視したいことに合わせて選択肢を狭めていきます。もちろんデザインやブランドの好みもありますね。今回ご紹介した5モデルは、どれも非常に性能に優れた人気モデルです。お求めはぜひお早目に!



VAILのONLINESHOPでは、ブーツのより詳細な情報を提供していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。もちろん神田のお店に来ていただければ経験豊富なスタッフがなんでもご相談に乗りますので、ぜひ足を運んでみてください!


教えてくれた人

店長 池田 誠さん -いけだまこと-

SKI SHOP VAILで働き始めて9年目の37歳。取付を中心に行っておりビンディングの機能や相性に詳しい。英語、仏語での接客も対応できますので、日本語が苦手な方も是非ご来店下さい。


インフォメーション

SKI SHOP VAIL  スキーショップベイル

東京・神田で展開するプロショップVAIL。特にフリースキー・バックカントリー関連のアイテム数は神田NO.1!メジャーからコアブランドまで多彩に取り揃え、2フロアに100を越えるブランドの人気・レア商品がぎっしり。知識と経験豊富なスタッフの的確なアドバイスでコアなファンも多い。

http://www.shop-vail.com/

【INFO】
東京都千代田区神田小川町2-1 木村ビル1F
Tel:03-5577-6411
(営)平日 11:30~20:00
 土日祝日 10:30~20:00

[取扱いブランド]
アトミック・サロモン・マジェスティ・K2・ライン・ロシニョール・アルマダ・フォルクル・ヘッド・ファクション・G3・ディナフィット・DPS・モーメント・FT・ダルベロ・オークリー・スミス・ジロ・ポック・ヘストラ・スイートプロテクション・ノローナ・FW・ティートンブロス・パタゴニア・ピークパフォーマンス・他多数

VAILオススメのスキーはコチラ

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける