機能に注目してセレクトした「スキー・スノーボードヘルメット」|STEEPおすすめ`22-23シーズンモデル

写真提供:Fullmarks

ヘルメット選びのポイントは頭部が安全に守られることが何より第一条件、加えてフィット感や快適性、軽さやデザインにもこだわりたい。ヘルメットは価格帯にも意外と幅がある。機能の特徴をチェックしながら、自分の使うシーンにマッチしたヘルメットを探したい。参考までにプライスレンジで’22-23シーズンのSTEEP編集部おすすめモデルを紹介しよう。

’22-23シーズンモデル スノーヘルメット PICK UP

ヘルメットはその機能性やデザイン性によって価格帯にも意外と幅がある。機能の特徴をチェックしながら、自分の使うシーンにマッチしたヘルメットを探したい。参考までにプライスレンジで’22-23シーズンのモデルの一部を紹介しよう。

■1万円台のおすすめモデル

bern|MACON 2.0

’22-23シーズン話題の日本限定カラーモデル!

MACON 2.0
MATTE AMAZON BLUE

スケーターやBMXユーザーに人気の高いbern。なかでもスキーヤー・スノーボーダーに人気のモデルが「MACON 2.0」。コチラはJAPAN FITで日本限定カラーモデル。耳当て付きライナーやゴーグルクリップを搭載しながら、約1万円とコストパフォーマンスの高さもピカいちだ。

Size:S,M,L,XL,XXL,XXXL
Color:全12色
¥10,780

◆公式HP/https://www.yts-store.com/c/bern/

K2|PHASE MIPS

PHASE MIPS

ハードシェルタイプで耐久性のあるABSシェルから造られ衝撃に強い。指を押すだけで空気の流れを調節することができるベンチレーション付き。吸湿発散性とオーバーヒートを防ぐ通気性の高いフルラップライナーは、取り外して洗濯可能なため、いつも快適な状態を保てる。フィッティングはダイヤルを回すことでフィット具合が調節でき、イージーカスタマイズ可能。MIPSも搭載し、安全面も快適性も確保しながら、このリーズナブルプライスと、嬉しいことづくめのモデルが登場だ。

Weight:550g
Size:S,M,L/XL
Color:Forest Green(全4色)
¥15,400

◆公式HP/https://k2snow.com/ja-jp

OAKLEY|MOD1 – MIPS – Asia Fit

MIPS®+BOA®+Asiaフィットで安全快適かつリーズナブルプライス

MOD1 – MIPS – Asia Fit

OAKLEYのヘルメットはゴーグルと併せてスキーヤー・スノーボーダーいずれにも人気。このプライスでMIPS搭載。ハイブリッドなシェルデザインにABSやインモールド成形で、衝撃への耐性も安心できる。通気を調節でき、アジアフィットのため装着時の快適性も担保されている。チンストラップがマグネットラッチ式で扱いやすい。ユニークなピンク色もあり。

Size:S,M,L
Color:White(全5色)
¥15,400

◆公式HP/https://www.oakley.com/ja-jp

SPY |Galactic Mips

スタイルたっぷりでいてスペックは文句なし

Galactic Mips
Matte Black Eye SPY bonus brim:Matte Orange

脳を保護するシステムのMIPS採用で耐久性のあるABSシェル装備。SPYのシームレスゴーグルとの相性も完璧だ。取り外し可能な裏地とウオッシャブルイヤーパッドで衛生面も快適。ストリートテイストのデザインがカッコイイとパーク派のフリースキーヤー・スノーボーダーを中心に人気。

¥16,000

◆公式HP/https://www.spyoptic.jp/

SWANS|HSF-190

ヘルメットとゴーグルが同時にベンチレーション効果を発揮

HSF-190

アイウエアの専門ブランドSWANSのハイテクノロジーを活かしたニューモデルが登場。バイザーの前頭エリアに設けた3つの通気孔が上部に溜まる水蒸気を効果的に外に出し、ゴーグルの曇りを抑えて快適な視界と装着性を実現。ゴーグルとの換気互換性を持たせることで、ベンチレーション効果を最大発揮。日本人の頭を知り尽くすSWANSならではのジャパンフィットで装着感も抜群。HAKUBA VALLEYとのコラボカラーもある。

Weight:460g(M), 480g(L)
Size:M,L
Color:ABL(全4色)
¥16,500

◆公式HP/https://www.swans.co.jp

BCA|BC AIR

340gという軽さと多数のベンチレーションホール効果で一日中快適

BC AIR

バックカントリーギアのスペシャリストBCAの提供する唯一のヘルメットがコレ。インモールド構造で340gと超軽量化を実現。被っていることを忘れてしまうくらい軽い。また、至るところにベンチレーションホールが空いており、内部にこもる熱や湿気をダイレクトに外へ逃がして一日中快適に過ごせる。BOAフィットシステムでフィット感も上々、イヤーパットはメッシュで取り外し可能。

Weight:340g(Mサイズ)
Size: S, M, L/XL
Color:Orange(全3色)
¥19,800

◆公式HP/https://backcountryaccess.com/ja-jp


■2万円台のおすすめモデル

POC | OBEX WF MIPS ASIAN FIT

安全性とデザイン性を高次元で両立させたモデル

OBEX WF MIPS ASIAN FIT

Function:
MIPS (Multi−directional Impact Protection System)
・ABSトップシェルを組み合わせたインモールド構造
・耐久性に優れるポリカーボネートシェル
・開閉調節可能なベンチレーション
・ダイヤル式のサイズ調整システム
・取り外し可能なイヤーパッド

WEIGHT: 450g(M/L)
SIZE: XS/S,M/L
Color:Lead Blue Matt(全2色)
¥27,500

◆公式HP/https://www.full-marks.com/aclima/


SMITH | Maze

とにかく軽量で被り心地がとても良い

Maze

インモールド構造の超軽量&低重心モデル。その軽やかなフィーリングと美しいデザイン、MIPS搭載で高いプロテクション性能への信頼感をベースに世界的に大ヒットを続けているMaze。
もちろんジャパンフィット。シェルの内部にSMITH が誇るエアーフローシステムAirEvacを装備し、外部からフレッシュな空気を取り込み、内部の熱や蒸れを排出。常に快適な状態を保つことができる。イヤーパットは取り外し可能。「SMITHといえばMaze」とまで言われる逸品だ。

Weight: 400g(M)
Size: S, M, L
Color:Matte Birch(全7色)
¥26,950

◆公式HP/https://smithjapan.co.jp/

K2 |DIVERSION MIPS

機能面・価格面いずれもグッド!

DIVERSION MIPS

Function:
・MIPS (Multi−directional Impact Protection System)
・360 K2DIALED FIT SYSTEM
・取り外し可能なイヤーパッド

Weight: 550g
Size: S,M,L/XL
Color:GUNMETAL/BLACK(全3色)
¥22,000

◆公式HP/https://k2snow.com/ja-jp

K2 | ROUTE

ROUTE


Boa® 360 フィットシステム採用のインモールド構造。驚くべきはその軽さ。わずか320gと突出した軽さを誇り、たくさんのベンチレーションホールや取り外し可能なイヤーパッドと相まって、オールデイのバックカントリーユースに最適の特徴を持つ。

Weight: 320g
Size: S,M,L/XL
Color:RUST(全3色)
¥20,900


■3万円台のおすすめモデル

Sweet Protection | Igniter 2Vi MIPS

Igniter 2Vi MIPS

新開発された 2Vi テクノロジーを搭載しIgniterがアップデート。 2Vi テクノロジーとは、頭部や側面部など保護を必要とする重要なエリアのシェルの厚みとインナーモールドの密度を複雑に変える技術。これによって安全性と快適性を兼ね備え、MIPSシステムも搭載で安全性に不安はなし。シェル構造は、プリプレグ・カーボンファイバーで補強されたワンピースモノシェル構造に変更され、強度と性能がより向上している。

Weight: 650g(M/L)
Size: S/M,M/L,L/XL
Color:MATTE BRONCO WHITE(全8色)
¥37,400

◆公式HP/https://sputnikshop.jp/collections/sweet-protection

Sweet Protection |  Switcher MIPS

ISPO ゴールドアワードも受賞したハイブリット構造のベストセラーは健在

Switcher MIPS 

2018 年に登場し、ISPO ゴールドアワードを受賞したベストセラーモデル。アドバンスド・ハイブリットシェル構造が頭部のキーエリアからの衝撃荷重を分散し、衝撃時に必要な弾性を獲得。MIPS も搭載、あらゆるリスクから頭部を守ってくれる革新的なテクノロジーが満載で、扱いやすく汎用性が高いのが魅力。デザイン性も格別だ。

Weight: 580g(M/L)
Size: M/L,L/XL,XXL
Color:DEEP PURPLE METALLIC(全7色)
¥39,600

◆公式HP/https://sputnikshop.jp/collections/sweet-protection

SMITH | ALTS

ALTS

軽量かつ耐久性が高いインモールド構造に加え、転倒時に最も衝撃を受けるゾーンに衝撃を分散させるKoroyd素材を採用。独自のベンチレーションシステムによりゴーグル内部の湿った空気を外に排出してくれるので快適な装着感。シルエットもシャープで、機能性とデザイン性を兼ね備えている。スキーヤー・スノーボーダーいずれにも人気が高い。

Size:S~L
Weight:450g
Color:Matte Chalk Rose(全5色)
¥33,550

◆公式HP/https://smithjapan.co.jp/

SMITH|CODE

CODE

余分な機能削り落としたミニマルデザインに、特許を取得したKoroyd素材を採用したエアロコア・コンストラクションを組み合わせて衝撃を分散化。コンパクトな超低重心の軽量インモールド構造。6個のベンチレーションホールを持ち、ゴーグルを曇りから守るエアーフローシステムを搭載。ストラップはマグネットシステムで片手で簡単に取り外しできて便利だ。

ライナーにはニットビーニーの感触とフィットを助けるテクニカル・ニットライナーを装着し、アジアンフィットで頭全体360度を包み込むフィット感を実現。スケートスタイルのデザインもライト感覚でクールだ。

Size:M,L
Weight:450g
Color:Black(全3色)
¥36,850

◆公式HP/https://smithjapan.co.jp/

POC |OBEX BC MIPS

バックカントリーでずば抜けた威力を発揮する高機能モデル

OBEX BC MIPS

バックカントリーでの機能性が突出している「OBEX BC MIPS」。なんとメディカルIDチップが内蔵されていて、もしも山で事故があったときに救急隊員が必要な情報を瞬時に入手でき、素早いレスキューを可能にする(要登録)。RECCOリフレクターも搭載し、ソフト面でも危機対応に優れるモデルだ。
シェルは耐久性に優れるポリカーボネート素材、MIPSシステムも搭載し、ハード面でも安全性は盤石。開閉調節可能なベンチレーション、取り外し可能なイヤーパッド、など、快適性もぬかりなし。内側がとても広く、横幅がある頭にもよくフィットする。

Weight:500g
Size: XS/S,M/L,XL/XXL
Color:Uranium Black(全6色)
¥38,500

◆公式HP/https://www.full-marks.com/poc/


■5万円台のおすすめモデル

GIRO|GRID SPHERICAL GIRO × POW コラボモデル

GRID SPHERICAL
GIRO × POW コラボモデル

MIPS社との共同開発により実現した、一定の衝撃で生じる回転エネルギーを和らげる「スフェリカルテクノロジー」を搭載した最軽量のハイエンドモデル。インナーにはポーラーテック採用で保温性、速乾性と通気性を確保し、快適性は段違いだ。このデザインはPOWとのコラボモデル。売上の一部がPOWの気候変動への活動サポートにあてられる。ユーザーはGIRO x POWのコラボヘルメットとゴーグルを使用することで、環境保護活動に参画していることになる。

Size:M,L
Color:Matte POW Grey(全5色)
¥52,800

http://giro-japan.com

GIRO|TOR SPHERICAL

TOR SPHERICAL

’22-23シーズンに新登場のGIROヘルメット最高峰に位置するモデル。GRID SPHERICALとの違いは、ハイブリッド構造であること。上部はベント付きハードシェルで、下部は軽量インモールドで造られていることで、耐衝撃性と軽量性を高次元で融合。

2層の衝撃吸収材が衝撃時に10mm~15mm動くことにより、衝撃時に生じる回転エネルギーから頭部を保護してくれるGIRO独自の「スフェリカルテクノロジー」にMIPSも搭載。最先端のテクノロジーで安全性、快適性、軽さとすべてをハイスペックで装備した。

Size:M,L
Color:Matte Trail Green(全5色)
¥55,000

◆公式HP/http://giro-japan.com/


■バイザーヘルメットのおすすめ

POC|Levator MIPS

「瞼を持ちあげる筋肉」の異名を持つユニークなバイザーヘルメット

Levator MIPS
10486_1613

Function:
・付け替え可能なIntegrated visor
・MIPS (Multi−directional Impact Protection System)
・RECCO®リフレクター
・360°フィットシステム
・Weight:930g(M/L)
・Color:全4色
・Size:XS/S,S/M,M/L,XL/XXL
¥82,500

POCがフルシールドのバイザーヘルメットを初めてリリースする。宇宙飛行士のシールドや、戦闘機のパイロットをモチーフに、顔の下の部分を立体化させて独特のフォルムにしている。オールラウンドなユーザーをターゲットとしているが、日本ではおそらく年齢層のやや高い方で、眼鏡の上から使いたい方になるのでは? と想像する。

ヘルメット部分は、’21-22シーズンからリリースされている「MENINX」をベースにしている。メニンクスは「髄膜」という意味で、軽量なPCシェル、EPS/EPP 2種類の 衝撃吸収素材、マグネット式ストラップ Fidlock®、取り外し可能なイヤーパッド、開閉調節可能な2カ所のベンチレーション、後頭部にダイヤル式調節システム配備、といったスペックを持つ人気モデルだ。

「Levator( レベター)MIPS」のレベターという言葉は、瞼を持ちあげる筋肉、という意味。なんともユニークなネーミングだ。フレームの下のスポンジが3層構造になっていて、それぞれ違う硬さのスポンジを使っていることで、バイザーを下げるとしっかりと肌に密着するように下がってくる設計になっている。外から見るとフラットだが、内側は鼻の部分が凹んでいてフィット感もバッチリだ。

◆公式HP/https://www.full-marks.com/poc/

SALOMON|DRIVER PRIME SIGMA PHOTO MIPS

ゴーグルとヘルメットが別物のように見える新感覚バイザーヘルメット

DRIVER PRIME SIGMA PHOTO MIPS

Weight: 750g
Size: S,M,L
Color:
¥49,500

’22-23シーズン、新しいバイザーヘルメット「DRIVER PRIME(ドライバープライム)」をプロデュースしたサロモン。その特徴はファッション性と機能性を兼ね備えたデザイン。これまでのようなバイザーヘルメットのテイストをなんとか変えたいという思いで、本社のヘルメットチームが苦労してデザイン考案した自信作。
まるでバイザーでないような、ゴーグルとヘルメットが別々のように見えながら、しっかりと機能は満載、広い視界を得られながらプレミアムなフィット感が味わえる、という点が最大の魅力だ。

衝撃から脳を保護するMIPS、スマートセーフティ 360°、EPS4D など多数のテクノロジーを搭載し安全性を最大限に確保。BOA360® テクノロジーを採用。ダイヤル式フィットシステムで頭周りにちょうどよくフィットするのも利点だ。また、MaxFit 構造+メリノライナーで被り心地も上々。ヘルメット内部のベンチレーション機能も充実していて蒸れずに快適。

そして、重要なのがゴーグルの機能だが、シグマ・フォトマグネティックレンズを採用している。光を適切に変化させてコントラストを向上させ、広い視界を確保。レンズ交換も素早く簡単にでき、雪山での光のコンディションに合わせて対応できるため安心感が抜群だ。

このシグマ・フォトマグネティックレンズは市場で30,000~35,000円くらいするもの。ヘルメット自体も35,000~40,000円くらいするものが合わさった「DRIVER PRIME SIGMA PHOTO MIPS」は¥49,500。クオリティを考えるととてもリーズナブルだ。

◆公式HP/https://timetoplay.salomon.jp/

-FOLLOW US ON-