スキーを感じるアイテム(インテリア・アート・雑貨・食器類)

雪山や滑ることが大好きなスキー・スノーボーダーは、日常のなかにも雪山や雪遊びの世界観に浸っていたいもの。「日常にスキーや雪山を感じるアイテム」を雑貨で探してみた。


| COMPASS HOUSE

野沢温泉発のCOMPASS HOUSEのオリジナルアイテム

日本フリースキー界の牽引者の一人、上野雄大が「日常の中にスポーツをプラスすることでライフワークがより豊かになることを目指し、サポートし続ける」をビジョンに立ち上げた「Compass Project」。その発信基地となっているのが野沢温泉にあるコンパスハウスだ。プロショップ、レンタル、バックカントリーガイド、アスリート養成、スノービジネスコンサルティング、夏場のマウンテンバイクなど、多彩な事業展開でコアなスキーヤーを中心に支持されている。そのコンパスハウスのオリジナルコレクションより2点をご紹介。

◆Official ONLINE STORE https://compass-online.shop/

COMPASS HOUSE x EARTHWELL “22oz Woodie™ Bottle”

オレゴン発のステンレスボトルブランドEARTHWELLとのコラボアイテム。信頼の証であるCOMPASS HOUSEのワッペンロゴをプリント。ボトル全体は傷や剥がれに強いEarth Grip™粉体塗装仕上げを施してある。最大72時間の保温力を持つ真空二重壁の保温ボトル。

キャップナチュラルウッドを使用。一つずつ木目や色が異なりオリジナル感があっていい。

容量:22oz=約650ml
¥6,600

COMPASS HOUSEナルゲンボトル

COMPASS HOUSEのホーム、野沢温泉が描かれた0.5ℓの機能的で便利なボトル。純度の高いプラスチックの高性能と高い気密性で液体もOK。ラインナップ豊富なカラーとデザインが特徴。 調味料からこしょうなどのスパイス、 コーヒー豆やシリアルまで様々な食品が保存できる。

容量:500ml
¥2,640


| ERIC POLLARD

フリースキー界きってのアーティスト エリック・ポラードのアート作品

滑るだけでなく、グラフィックアートやフィルムメイキングにおいてもフリースキー界で比類なき存在感を放ってきたEric Pollard(エリック・ポラード)。バディのAustin と2020年に自らのブランドSeasonを立ち上げLINEを離れたが、LINE時代のシグネチャーモデル作りのために描いてきたグラフィックの原画やプリント、その他のアートワークがERIC POLLARDサイトで購入できる。Ericの感性が織りなす幻想的な作品の世界が広がるサイトには、迫力満点のレアなものばかりだ。

◆Official site https://ericpollarddesign.com/

As Above So Below

地上に見えている世界と地下の世界が樹木をモチーフに描かれた作品。世の中に見えているものの裏側には、見えていない真実があるといったメッセージを投げかけているような一枚。思想家のEricらしい一枚。原画はキャンバスにオイルペイントで施されたものをプリント、サイズもチョイスできる。送付には硬いチューブに巻かれた状態でシッピングされるので、破損や折れも心配なし。サイズは、横約25cm×縦20cm~横120㎝×縦90㎝まで選べる。

$ 100.00

Framed Pagoda Print

かつてLINEからリリースされたEricのシグネチャーモデルPagota。日本にフィルムトリップした際に見た五重塔からインスピレーションを得た作品だ。厚手のマットの質感のペーパーにプリントされ、軽量のフレームでフレーミングされている。手軽なプライスで手に入るのも嬉しい。サイズは、横約20cm×縦25cm~横60㎝×縦90㎝まで選べる。

$ 41.50

自宅のアトリエでPagotaを描画しているEric

Bacon 10/11

Ericが2007年より続けてきたプロジェクトNimbus Independentのアイコンともなっていた雲のようなグラフィックをあしらった作品。レプリカでキャンバスにデジタルプリントされる。サイズは、横約20cm×縦25cm~横90㎝×縦120㎝まで選べる。

$ 200.00


| FREITAG

スキーブーツをリサイクルしたSwissメイドのスマホプロテクター

1990年代のはじめ、スイス・チューリッヒで生まれたFREITAG。使い古されたトラックタープ(幌)や車のシートベルトを素材にリサイクルしてハンドメイドのバッグを作り上げたのが始まりだった。「We think and act in cycles」という理念のもと、さまざまな素材をリサイクルし日常生活で使えるグッズを製作。時代に先駆けてリサイクルと環境保護活動をしてきたFREITAGは、今やイノベーション、クリエイティビティ、環境意識の高さを象徴するブランドへと成長した。FREITAGはスキーブーツをリサイクルしたスマホアクセサリーまで作ってしまった。

◆Official site https://www.freitag.jp/ja?delivery_country=JP

F385 CIRC-CASE FOR IPHONES®

F380 JUSTIN(左端)と FREITAG CIRC-CASE+F380 JUSTIN(右から4点)

FREITAG CIRC-CASE はスキーブーツに使われている素材をリサイクルして作ったというユニークなスマホの保護ケース。製造工程はこうだ。まず、履き古されたスキーブーツがスイスのダボスで解体され、熱可塑性ポリウレタンで作られたシェル部分は、ラッパースヴィールで顆粒状にされ、それからメンヒアルトルフで iPhone モデルの金型に流され成型される。環境保護のためにこのような複雑な工程を得てリサイクルによって作られたスマホケース、環境への意識の高い人には、とりわけ魅力的ではないだろうか。カードホルダーF380 JUSTIN でカスタマイズが可能。

▪ 対応機種:iPhone®11 Pro, 12, 12 Pro と 12 Pro Max
▪ ワイヤレス充電に対応

¥1,980

F380 JUSTIN

F380 JUSTIN は、使い古されたトラックタープからできた FREITAG 定番のプルタブ付きのスリムなカードケー
スで、どのCIRC-CASE のホルダーにも収まり、簡単に取り外しすることができる。クレジットカードや身分証など2枚まで入れられる。iPhone®と一緒にクレジットカードや身分証も持ち歩きたいときのために。

¥4,840


| ICELANTIC

ICELANTICファンにはたまらないWebストア限定もの

「Return To Nature…自然に戻ろう」。日本でも独自のカルチャーを創造し発信する、進化し続けるブランドICELANTIC。創立時からアーティストであるトラビス・パーが描くグラフィックは独特の世界観でICELANTICの象徴となっている。そのアートワークも購入できるのがWebストアだ。22-23シーズンから、アパレルも販売開始、アクセサリーなどレアなグッズもたくさん。そのコレクションからいくつかを紹介しよう。

◆Official ONLINE STOREhttps://store.icelanticskis.jp/ 

18/19 Nomad Explorer Fine Art Print

ICELANTICの独創的な世界観を作り上げているトラビス・パーのアートワークをフィールド以外でも楽しむためのアートボード。愛用の板と同じグラフィックのアートボードを部屋に飾ればオールシーズン雪山気分。冬に向けてもテンションアップ間違いなし。専用の布に高品質プリントし、木製フレームに貼り付けた状態で配送される。

Size:幅33cm x 高さ91cm x 厚さ4cm
¥17,280

【ICELANTIC × EARTHWELL】16oz Roaster™ Loop Bottle

ボトル作りに情熱と信念を注ぎ込むオレゴン州ポートランド発のガレージブランド「EARTHWELL」とのコラボアイテム。

表面に独自のパウダーコート加工を施し、高い耐久性を持ち、強度と純度の高い18/8プログレードステンレスで錆びにくい。TempLockダブルウォール真空断熱構造のボトルと複層ワッフル断熱材を採用したキャップは、結露することなく抜群の保温力を誇る。

濡れた手でも握りやすいマットな質感に、レーザー刻印がクールだ。

容量:473ml
¥4,500


Skier Frisbee

今年のアートワークをフィーチャーしたフリスビー。夏にバーベキュー、野原での遊び道具に!

¥3,000



| North Drinkware

グラスの底に3Dで山が出現する不思議なグラス

2015年にUSAオレゴン州・ポートランドで産声を上げたハンドメイドのクラフトブランド。世界の名峰をモチーフに山のUSGS(アメリカ地質調査所)の地形データから詳細に山のディテールを描き出し、ハンドブロウ(手吹き)というスタイルで実物に忠実に再現するという、こだわりたっぷりのプロダクト。ドリンクを注ぐことで、グラスの底の部分に3Dで山が出現、その山の情景が浮かび上がってくるという不思議な洒落たグラス。

完全ハンドメイド製品のため、生産数・輸入数に限りがあり、各シーズンごとの限定数量販売となる。購入製品はすべて、送料・返品・サイズ交換が無料。使用後の破損も保証が受けられる。

◆Official site https://sputnikshop.jp/collections/north-drinkware

Mt. Fuji Pint

かねてより熱望されていた日本コレクションで、ついに日本の象徴、Mt.FUJI(富士山)がかたどられた作品が登場。Mt. Fuji (3,766.24 m) の正確な地形データをグラスの底部分に再現した。ビールを注ぐと黄金色に輝く美しい姿が富士山の神々しさにピッタリ。グラスのタイプはパイントとタンブラーの二種類がある。

¥11,000

Teton Range Tumbler

USAワイオミング州に広がるティトン山脈の最高峰グランド・ティトンがモチーフ。Tetonといえば有名なフィルムメーカーTeton Gravity Reserch(TGR)のベースとしても有名だ。ジャパンメイドのウエアブランドTeton bros. の名も、このTetonからきている。Grand Teton(4,199m)の正確な地形データをグラスの底部分に再現、手吹きのハンドメイド100%だ。好きなスキームービーでも観ながらグラスを傾ければ気持ちのいい時間が過ごせそう。

¥11,000

Mt. Hood Coaster

地形図をレーザーカッティングで刻み、裏面にコルクを配した、バーチプライ素材のコースター。グラスを手にしたらコースターまできっと欲しくなるに違いない。各コレクションの山の地形図を地図から完全に再現、オブジェとしても魅力的。

これまで2枚セットでの販売だったものが、現在は1枚ずつ購入が可能になった。

¥2,750


| Teton Gravity Research

TGRパワーによるライダーとのコラボなどレア物がいっぱい

そのルーツは1995年、有名なTeton山脈を擁するUSAワイオミング州のジャクソンホールをベースにJohns兄弟が立ち上げたフィルムカンパニーTeton Gravity Research(TGR)。末っ子のJeremy JohnsはPOWを設立したプロスノーボーダーだ。スキー・スノーボード・クライミング・サーフィンなどアクションスポーツの最前線を映像表現、世界中から熱狂的なファンを集めている。オンラインショップではTGRムービーはもちろんアパレルやアクセサリーも豊富に展開中。ライダーとのパワフルなコネクションを活かしたコラボアイテムなどレアなものもいっぱいだ。

◆Official site https://shop.tetongravity.com/

TGR H20 Solutions Wine Tumbler

TGRオリジナルのワインタンブラー。アドベンチャー・アウトドアライフのお供に。ステンレスボトルで12時間の保温・保冷が可能。シェイプがナイス。Teton Web Shopで購入可能。

$24.95


| ズルイゼ Hokkaido

北海道・札幌をベースに活動するインディーズブランド。雪山やスキーをモチーフにしたアパレルや、アクセサリー、ステッカーなどをオンラインで販売。「ズル帽」「ズルT」などネーミングもユニークで固定ファンを集めている。

◆Official site https://zuruize.thebase.in/

【スキマグ】マグカップ スキー ゲレンデ ゴンドラ 雪山

デザイナー田中まりなによるプレーンなマグカップ。よく見るとボディのシルエットが味がある。ただいま購入者にはズルTubeステッカープレゼント中!

容量:300ml
Material:陶磁器(電子レンジ・オーブン不可)

¥2,980


| J SKIS

フリースキー界を20年以上に渡って牽引してきたLINE創業者のJason Levinthal(USA)が立ち上げた「自分のやりたいこをやるカンパニー”J SKis”。ユーザーとのコミュニケーションを最も大切にし、ユーザーが欲しがるアイテムなら何でも積極的に開発販売。シーズン最中に次々とリミテッドエディション30本など小ロットでニューモデルやコラボモデルをリリース、いつ何が出てくるかわからないゲリラ的なマーケティングで、アメリカのフリースタイルキッズたちのハートをつかんでいる。

オンラインストアでは、スキーなどのハードギアからアパレル、アクセサリー、アートワークなど様々なアイテムが販売されている。日本では白馬のスキーバム商会が取り扱っている。

◆公式HP/https://shop.skibum.jp/categories/1021171

J skis「ラーチ」トップシート David Langevin x Jコラボ限定版アートワーク

J skis 「ラーチ」David Langevin x Jコラボ限定版スキーのトップシートの現物というレアもの。カナダのスキー工場にある最新鋭の高精細デジタルプリンターで厚手プラスチックに印刷した希少なアートワーク。David Langevinは、カナダ・ブリティッシュコロンビア出身の画家で、Davidのバロック様式の風景画がスキーに完璧にフィットするとJasonがインスピレーションを感じてコラボが実現。この作品「ラーチ」は、川のほとりで紅葉を楽しみながら、山の上を見つめてスキーシーズンが近づいていることを夢見るような気分にさせてくれる。リビングに飾ってみたい。

Size:190cm x 50cm
¥14,850

J skis – WILD LIFE マグカップ

J SKISの板のグラフィックを使った”WILD LIFE – LIAM ASHURST X J COLLAB” コラボアイテムのマグカップ。ずっしり重みのあるストーンウェア(炻器)。

Weight:425g
¥3,250


| SPUR/s

手描き風のスキーギアモチーフのデザインが個性的

全日本技術選でも活躍、エイブル白馬五竜アンバサダーとしても活躍する基礎スキーヤーの根本風花が、”#スキー女子を流行らせたい”という活動の一つとして「手軽にスキーグッズを手にして欲しい」という思いを込めて作ったブランド。デザインもスキーギアを手描き風に表現した個性的なもの。人日常生活で使えるアイテムも多数ラインナップしている。

◆Official site https://suzuri.jp/fukanm

◆Instagram https://www.instagram.com/fuka.nm/

SPUR/(ニュアンス)スマホケース(右)/ タイダイ柄(左)

手描き風のスキーギアの線画をあしらったスマホのクリアケース。色味も落ち着いていて持ち手を選ばないテイストだ。(カラーによってデザインの配色が多少異なる場合あり。3D転写プリントのためプリント位置が最大で5mmほどずれる場合あり)

Material:ポリカーボネート
対応機種:iPhone 13,iPhone 13 Pro,iPhone 13 Pro Max,iPhone 13 mini,iPhone 12 / 12 Pro,iPhone 12 Pro Max,iPhone 12 mini,iPhone 11,iPhone 11 Pro, iPhone 11 Pro Max,iPhone XS / X ,iPhone XR,iPhone XS Max,iPhone SE(第2・3世代) / 8 / 7, iPhone 8 Plus / 7 Plus,iPhone 6s / 6,iPhone 6s Plus / 6 Plus, iPhone 5s / 5 / SE(第1世代)

¥2,673


| UPCYCLE’S

地球のため、作り手の思いのため「愛する道具」を蘇らせるプロジェクト「UPCYCLE’S」。SDGsの取り組みに賛同し、貢献したいという思いからスタートし、「SDGsのNo.12のテーマ「つくる責任・つかう責任」に対してアクションを起こしていく。具体的には、ユーザーが思いを入れて購入した板、使った後に思い出が残った板を「つかう責任」として蘇らせようというのだ。

DIYの延長ではなく、スノースポーツを愛するデザイナーや建築家たちと「良いデザインの板をさらに良いデザインの家具に」という思いで、これまでにないスタイルの家具を作っている。カスタムーダーで注文を受けるため、価格は材料の提供などを含めて制作によって異なる。気になる人はまずコンタクトを!

◆Official site https://upcycles.jp/

スキー板のシャンデリア

スキー板でメイン照明になるシャンデリア。なんとも奇抜で新鮮! 外からはトップシート、灯が灯るとソール部分が鮮やかに浮かび上がり、2面で楽しめる。
参考価格:5万円~

スキー板のART FRAME

愛用していたマイ・スキーを余すことなく活用し、アートフレームにリメイク。サイズに合わせて自分の滑り写真や雪山の風景写真をプリントして入れてみてはどうだろう。お気に入りが世界でオンリーワンのとびきりのインテリアに変身だ。ジョイント部分はメタルor木など選定可能。

参考価格:5万円~

スキー板のハンガーラック(スタンド)

2組のスキーを組み合わせて作ったスタンドタイプのラック。なるほど!確かにスキーはラックには絶好の素材だと感心してしまう。このラックひとつで部屋のイメージがスキー色になるアイテム。ウエアなどをかけておけば、さらに雰囲気アップ。

参考価格:5万円~

スキー板のハンガーラック(壁付版)

スキー板1本を使用した壁付ハンガーラック。ポールのグリップ部を再利用し、ほぼすべてのパーツをUPCYCLEパーツで制作。これも妙案アイテムだ。

参考価格:5万円~

-FOLLOW US ON-