「広い・早い・静か」野沢温泉スキー場の新ゴンドラに乗ってみた

重い腰を上げた冬将軍の襲来がものすごいここ数日ですが、先週末にオープンした野沢温泉にSTEEP編集部はお邪魔させていただきました。

今季の野沢温泉、注目はなんといってもこれでしょう。

新長坂ゴンドラリフト

長坂センターハウスのリニューアル(現在進行系)

最新スノーマシンの導入


「広い・早い・静か」の三拍子が揃った新長坂ゴンドラリフト

約8分のゴンドラの映像をギュッと1分近くにまとめました。
途中曇ったりしているのは許してください。なお、現在12/18は全面雪景色になっているはずです。

「新長坂ゴンドラリフト」はこれまで湯の峰の中間駅を経てやまびこエリアにアクセスしていました。それが、山麓の長坂エリアからやまびこエリアまで一直線のルートに変更。片道約8分で上部に到着します。

新ゴンドラリフトは「広い・早い・静か」の三拍子が揃って、とにかく快適。 映像のように10人乗りのキャビンは床を除き(サマーシーズンはスケルトン仕様の特別キャビンあり)すべてガラス張りのため360度に渡って景色が楽しめます。

クリアな視界でキャビン内は明るく、開放感溢れる空間
雪が載っていても、手でサッと払えば問題ありません

以前のゴンドラは立ち乗りタイプだったのですが、新ゴンドラはゆったりと座れます。一つひとつのレザーシートの幅は46cmと広くとられ、柔らかく座り心地抜群。防水性も高く清潔感があります。ゴンドラが支柱を超えるときの衝撃もあまり感じませんし、音が静かななのでスーッと動いて、気がついたら山頂駅に着いている感覚です。お邪魔した日曜はガスに巻かれるタイミングが多かったので、景色が楽しめず余計にそう感じたのかもしれません。

あと広さ。身長183cmの河野健児が立ち上がって手を拡げても十分なサイズ感です。高さ約2m30cm、幅約2m60cm。滑る準備が捗ります。

ゴンドラ乗車開始時には長蛇の列がありましたが、絶え間なく回るキャビンによって、列はあっという間に駅舎に吸い込まれていきます
12/12はVECTOR GLIDEによるRIDING ACADEMY OPENING CAMPも開かれていました。ゴンドラに乗り込む河野健児や秋庭将之の姿もみえました
旧ゴンドラ山頂駅のやまびこ駅。昨季まではここを通って上ノ平ゲレンデに出ていたのですが、ここは広々とした休憩所に生まれ変わっています
旧やまびこ駅から見た新やまびこ駅は100mほど上部にあるため、ゴンドラを降りてすぐにやまびこエリアへ滑り込めます。このほんのちょっとした歩行がないのは嬉しい限りです
こちらが長坂ゴンドラ山頂駅。駅舎を出て正面に滑り込めばやまびこエリア、左に行けば上ノ平になります

現在進行系で開発が進む新しい「長坂センターハウス」

新長坂ゴンドラの運行によって、これまであったゴンドラステーションは総合案内施設「長坂センターハウス」としてリニューアルしています。一部施設は現在進行形で工事が行われており、新ゴンドラ山麓駅と接続した完成の姿をみるのは21-22季になるようです。

「長坂センターハウス」は。インフォメーションセンターをはじめ、休憩に使える共有スペース、充実したレンタルが揃ったサロモンステーションなどが入っています。 また、石井スポーツは秋田・たざわ湖スキー場に続き2店舗目となるスキー場内ショップを営業しています。

飛沫防止シートやスタッフのマスクやシールド着用など、感染症対策がきちんとなされています
みんな大好きテムレスのブラックエディションの在庫も豊富
サロモン、ミレー、マウンテンハードウェア、アイスピーク、ピークパフォーマンスといったウエアやミドルレイヤーの販売や、滑っていて必要にかられるゴーグルやネックウォーマーといったアクセサリー類が充実しています。
長野店と兼任でストアに立つ久根内さん。アクセサリーが豊富に揃うだけでなく、状況にあわせてフィールドで必要なものを丁寧に説明してくれるので、困ったときには力強い味方になってくれます。地元出身スタッフが店頭に立つことも考えているようで、いろいろと使いやすいサービスも計画中とのこと

気象状況を問わずシーズンインから絶好のコンディションに

予定していた12/12に確実にオープンできたのは、山頂エリアのやまびこDコースから上ノ平ゲレンデまで総滑走距離3250mに渡って最新のスノーマシンを22台設置したおかげです。 標高1400mほどにあるコースは天然雪と人工雪がミックスされ、距離も十分に滑れます。

先週日曜12/13は各地の積雪もまだ少ないため、この距離と広さを滑れる野沢温泉には多くの滑り手が訪れていました。まさにスノーマシンによる恩恵を最大限に受けた形です。着実なスタートはもちろんのこと、GWまでの営業も見込めそうですね。

この週末は寒波によって各地のスキー場も全面滑走間近でしょう。 新しくなったゴンドラはとにかく「広くて・早く・静か」。全面オープンすれば、ゴンドラ回しで長い距離を滑るのもコレまで以上にスムーズにできるでしょう。地形変化が豊富なロングコースを何本も繰り返し滑るという、新しい野沢温泉のルーティンも生まれる予感もします。 コンディションが整い出した年内中にこそ、スキー筋を作りに足を運んでみてはどうでしょうか。

MOUNTAIN STATUS

標高
1,650m

最長滑走距離
10,000m

標高差
1,085m

最大斜度
39°

コース数
36本

リフト
20本

G/R
2基/-本

Information 野沢温泉スキー場

住所

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7653

Tel

0269-85-3166

Web

http://nozawaski.com/

SNS

FacebookTwitterInstagram

※掲載されている内容は2020年12月の情報です。

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける