フリースキー名店レビュー! ’22季 おすすめ最新ビンディングはこれ|SKI SHOP VAIL

フリーライドに重点を置いたスキープロショップとして名高い「SKI SHOP VAIL」。専門知識と雪上での経験も豊かなスタッフの目利きによる高品質のセレクションは、多くのユーザーから厚い信頼を集めている。そんな中から今シーズン、池田店長が力を込めて「もっともオススメしたい!」というビンディングを厳選してくれた。

①滑走性能と安全性を高い次元で両立させた画期的ビンディング

SALOMON|S/LAB SHIFT MNC 13 の評価・レビュー

DIN=6-13
Weight=885g

SALOMON/ARMADA/ATOMICと3社共通の「SHIFT」。ハイクアップ時はトゥーピースが変形してウォークモードで使えることがメリットです。これまで板を担ぐか、何か別のツールが必要だったところを、同じ滑りの性能がありながら、ビンディングをつけたまま登れるのは大きな違いです。ピンのタイプだと滑るときダイジョブなの?と心配されますが、滑るときは普通のセパレートビンディングの感覚なので心配ないですね。

まさに滑りと歩きを両立させるビンディング。歩行時は他のテックビンディングと遜色なく快適に歩くことができ、滑走時はアルペンビンディングと同じシステムでブーツをホールドしてくれるので、滑走性能も安全性も高い。通常のテックビンディングのトゥーピースには解放値がないのですが、SHIFTは解放値があるため、ゲレンデで使うスキーヤーも安心して使うことができます。操作も簡単で使いやすいです。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shop/shopdetail.html?brandcode=000000003037&search=SHIFT+MNC13&sort=


②完全なピンは不安だけれど少しでも軽くしたいという人に最適

MARKER|KINGPIN 13 の評価・レビュー

DIN= 6-13
Weight=670g

やはり人気が高いのがKINGPINです。ツアー用のビンディングを選ぶ理由は、やはり軽いものが欲しいという人が多いんですよね。そこがKINGPINはいいですね。以前のタイプに比べてトゥピースの形が変わったので、だいぶ軽量化され、旧モデルより片側で60g軽くなりました。ばねの数が2つから1つになったので、ちょっと不安と心配する方もいますが、その変わり一つひとつのばねが強力になったので、その点は心配する必要はないですね。また、下のラバーの部分が雪詰まりが減ったので、そこは進化した点です。

ピンのタイプを使いたい、でも完全なピンタイプは不安という方にはもってこいです。ピンは4つの角だけでブーツを支えていて、ブーツは浮いているんです。だから滑る時にねじれて、どうしても力が少し逃げてしまうと不安要素になるんです。でもKINGPINだと前はピンですが後ろはガッチリとコバを押さえてくれるので非常に力が伝わりやすくなります。完全なピンは不安だけど少しでも軽くしたいという人にはとてもいいと思います。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shop/shopdetail.html?brandcode=000000003021&search=KINGPIN+13&sort=


③高い安全性と衝撃吸収性のアルペンビンディング

MARKER|GRIFFON 13 ID の評価・レビュー

DIN=4-13
Weight=1030g

抜群の安定性とダイレクトな足裏感覚で滑りを求めるユーザーには信頼が厚いアルペンビンディング。GRIFFON 13 IDは継続モデルですが昨年からヒールピースの形状が大きく変わりました。ちょっとはめ方にコツがあり、今までヒールピースが硬くてうまくはめられないという人がいたのですが、以前と比べて3割近くもより少ない力でブーツをはめることができるようになりました。

ブラック、ホワイト、ティールxフローイエロー、アンスラサイトxブラックxレッドと、4色あるので板に合わせて選ぶのも楽しいです。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shop/shopdetail.html?brandcode=000000003018&search=GRIFFON+13+ID&sort=


④トゥーピースの解放機能でより高い安全性を求める人に

FRITSCHI|TECTON12 の評価・レビュー

DIN=5-12
Weight=550g

ツアー用のビンディングで有名なディアミールというブランドから生まれたフリッチ。あまりまだ馴染がないかもしれませんが、当店ではよく売れています。今季モデルチェインジしました。トゥーピースの形状が大きく変わり、以前よりかなりしっかりしました。素材にカーボンが入ることで強度は増しながら旧モデルと同じ重量なんです。

フリッチの特長としては、トゥーピースに解放機能がついていることです。前も後ろもピンのタイプには、他のブランドではトゥーピース側には解放機能がついていないんですが、フリッチのTECTONとヴァイペックEVO 12だけはついているんです。前はピンで後ろは押さえるタイプなのでKINGPINと横並びになりますが、軽いツアー用のビンディングが欲しくて、少しでも安全性を高めたい人に人気です。

※付属パーツとしてブルーがついています。

◆ONLINE SHOPはコチラ
https://vail.white-cliff.net/shopdetail/000000003694/ct626/page1/order/


まとめ

ショップでのビンディング選びは、ご自身が何に重きをおいているかが重要です。何のためにBCに入るのかも人それぞれ。登ることを主とするか滑ることを主とするか。滑ることなら力の伝達のよいビンディングになるのでピンではなくなってきます。「滑りのクオリティを追求する滑走性重視」、「ツアーを楽しむ登り(ハイク)重視」、「体力を考慮して軽さ重視」、「ケガをしたくないから安全性重視」などなど、どこが譲れないかを明確にすると良い選択ができると思います。また、スキーとビンディングはもちろん、ブーツとのマッチングやトータルバランスも必要な視点です。


VAILのONLINESHOPでは、より詳細な情報を提供していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。もちろん神田のお店に来ていただければ経験豊富なスタッフがスキーやブーツとのマッチングを含めてご相談に乗りますので、ぜひ足を運んでみてください!


教えてくれた人

店長 池田 誠さん -いけだまこと-

SKI SHOP VAILで働き始めて9年目の37歳。取付を中心に行っておりビンディングの機能や相性に詳しい。英語、仏語での接客も対応できますので、日本語が苦手な方も是非ご来店下さい。


インフォメーション

SKI SHOP VAIL  スキーショップベイル

東京・神田で展開するプロショップVAIL。特にフリースキー・バックカントリー関連のアイテム数は神田NO.1!メジャーからコアブランドまで多彩に取り揃え、2フロアに100を越えるブランドの人気・レア商品がぎっしり。知識と経験豊富なスタッフの的確なアドバイスでコアなファンも多い。

http://www.shop-vail.com/

【INFO】
東京都千代田区神田小川町2-1 木村ビル1F
Tel:03-5577-6411
(営)平日 11:30~20:00
 土日祝日 10:30~20:00

[取扱いブランド]
アトミック・サロモン・マジェスティ・K2・ライン・ロシニョール・アルマダ・フォルクル・ヘッド・ファクション・G3・ディナフィット・DPS・モーメント・FT・ダルベロ・オークリー・スミス・ジロ・ポック・ヘストラ・スイートプロテクション・ノローナ・FW・ティートンブロス・パタゴニア・ピークパフォーマンス・他多数

VAILオススメのスキー・ブーツはコチラ

-FOLLOW US ON-
0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける