夏油高原|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

夏油高原のおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■夏油高原(岩手県)はこんなスキー場

14のツリーランエリアで本州No.1のドカ雪を堪能

岩手県の南西部に位置し、東に北上山地、西に奥羽山脈をしたがえる夏油高原。その地形はドライなパウダーをたっぷりと降らせ、「積雪量本州一」を記録するくらいだ。

2本のゴンドラと3本のリフトで14本の一般コースを擁するが、これとは別に、近年ツリーランエリアを積極的に年々拡大し続け、こちらも合計14エリアにもなった。それぞれ変化に富んだ地形を活かしたコースで、美しい森のなかでパウダーライデングを楽しむことができる。

■夏油高原おすすめコース

・ツリーランエリアShooter

最大斜度:38度 平均:22度 / 距離:595m / 斜面向き:-

A1コース途中からエントリーし、大小の起伏を乗り越え、尾根づたいに降りてくる、スリル満点のエリア。2018シーズンより大幅に拡大し、シューターを谷の数の全4エリアに区分。

狙う場所で様々な楽しみ方ができる。Shooter~その名のとおり狙ったラインめがけて“撃ち込む”ように攻略しよう。木々の密集具合は、エリアを抜ける手前ぐらいなので、最後までは比較的スムーズなライン取りで攻略できるはず。降雪後は、週末なら午前中いっぱい、平日であれば終日ノートラックを楽しめる。

・ツリーランエリアBEECH

最大斜度:25度 平均:17度 / 距離:865m / 斜面向き:-

快適なスピードでツリーランできるエリア。 スタートはスティープな尾根がいくつか並び、起伏を使って様々なトリックも可能。中盤は徐々に斜度が緩くなるが、木の間隔も広くスムーズに抜けられる。降雪時は膝パウ、腰パウが楽しめる。

・C3コース

Shohei Sasaki

最大斜度:30度 平均:-度 / 距離:1000m / 斜面向き:-

C3コースはコース幅もワイドな中級ロングコースで、若干斜度のある1枚バーン。 基本は非圧雪で、パウダーのロングクルージングが楽しめる中斜面。滑り方次第で様々な楽しみ方ができる。クワッドリフト運行直後は面ツルバーンにターンを刻める!

■コースマップ

天気予報

ライブカメラ

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
1,070m
最長滑走
2,980m
標高差
430m
最大斜度
36°
コース数
14本
リフト
3本
ゴンドラ
2基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
150m250cm320cm300cm-cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・圧雪・非圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

ツリーランエリアがさらに拡張!「カスケード」登場

夏油の看板ツリーランコースは、’21-22にはさらに拡張され、新しいツリーランエリア「カスケード」がオープン。場所はエクストリームの隣、長さは700mだ。序盤は樹木の間隔も広い緩斜面、中盤から斜面は右へねじれて落ち込んでいき斜度も増していく。 その後再び斜度はなだらかになり、最後は繰り返し落ち込むようにしてC4コースに戻る。進行右側には沢が続き、立ち入れない。逆に中盤左サイドを攻めすぎると雪崩を誘発する開けたエリアに出てしまうため、矢印表示の看板を見逃さないように滑走することだ。

ロゴを一新!

また’22₋21シーズンからロゴを一新、空に翼を広げる鳥のようにも、天に向かってそびえる山のようにも見えるグラフィックは、夏油高原の雄大さとこれからの飛躍を表現するシンボルだ。

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-