ルスツリゾート|スキー場、おすすめコースガイド |天気予報・リフト券購入・コースマップ

ルスツリゾートのおすすめコース・天気予報・ライブカメラ・コースマップを紹介

■ルスツリゾート(北海道)はこんなスキー場

official PV

圧倒的なスケールで美しいパウダーツリーライディングを満喫

北海道の道央エリア、ニセコにも近いロケーションにあるルスツリゾート。「ウエストMt.」「イーストMt.」「Mt.イゾラ」の3つの山に37ものコースを擁し、その総滑走距離は42km、単体リゾートしては日本一のスケールを誇る。広大なフィールドに機能的にフード付きリフトやゴンドラがレイアウトされているので、効率のよい滑走と快適な移動ができるのが特長。

日本海から流れ込む湿気を羊蹄山が遮ることで、ニセコエリアよりもドライなパウダーが降り積もる。12月~2月は断続的な降雪により、毎日のように新雪でフェイスがリセットされ、パウダーヒット率も高い。

さらに、Mt.イゾラとイーストMt. は斜面が北側に面しているため陽に当たりにくく、いいスノーコンディションが維持される。起伏のある変化に富んだ自然地形を活かしたサイドカントリーパークや、あちらこちらの美しい森でツリーランが思い切り楽しめるのも、大自然あふれるルスツならではだ。



■ルスツリゾートおすすめコース

・スーパーイーストコース

最大斜度:40度 平均:32度 / 距離:500m / 斜面向き:東

イーストMt.山頂を起点にする急斜面。ルスツリゾート最大斜度のコースは非圧雪とあって大量降雪後は気持ちの良いパウダーを堪能できる。サイズの大きなコブができやすく、普段は非常にテクニカルなエキスパート向きコース。

・ヘブンリースピリットコース

最大斜度:22度 平均:19度 / 距離:550m / 斜面向き:北東

滑り出しはなだらかなものの、分岐するヘブンリービューコースからならスピードに乗せたまま飛び込むことが可能。最大22度という斜度が500m近くも続き、ルスツのドライパウダーをとことん味わうことができる。

・ヘブンリーキャニオンコース

最大斜度:29度 平均:13度 / 距離:1850m / 斜面向き:東

Mt.イゾラの最深部、ヘブンリーエリアを代表する非圧雪コース。沢筋のために風に運ばれた雪が溜まりやすい上、なんとコース長は1,850mにも及ぶ。スキーヤー・スノーボーダーを問わず、パウダー好きが集うルスツの名物ポイント。

■コースマップ

ライブカメラ (スキー場サイトへリンク)

天気予報

■ゲレンデ情報

・基本情報

トップ標高
994m
最長滑走
3,500m
標高差
594m
最大斜度
30°
コース数
37本
リフト
14本
ゴンドラ
4基
ロープウェー
-本

・月ごとの平均積雪量

12月1月2月3月4月
200m250cm285cm170cm80cm
過去3年間の平均データ

・コースレベル(%)

・非圧雪・圧雪・コブの割合(%)


【コースがイメージしやすいオススメ映像】


■’21₋22シーズンのトピックス

イーストMt.の「フリーダムパーク」リニューアル

イーストMt.の「フリーダムパーク」が幅広いレベルに対応するコンセプトで、今シーズンリニューアルする。
「中級者・上級者レーン」は、2wayキッカーが並び、レール・ボックスなどジブアイテムも充実する。3月にはビッグキッカーも設置予定。
「イージーレーン」ではパーク初級者でも安全に楽しむことができるよう、ジャンプのサイズやレールの高さにも気を配ったイージーレーンも設置する。これはキッズ・ジュニアライダーたちのトレーニングにも最適だ。
また、「バンクレーン」を新たに設置。上から下まで様々なラインで楽しめる。ゴンドラやリフトで回してパウダーやカービングを楽しみながら流すことができる。

Kamakura Sauna & BBQ 

雪国ならではのかまくらで、ホットな時間を楽しむエリアが登場! ’22季の新サービスとして、かまくら2基を使った「かまくらバーベキューランチ」と、テントサウナ3基とかまくら1基を使った「かまくらサウナ」を提供。

「かまくらバーベキューランチ」は、ルスツファームで育った「羊蹄ひつじ」をアツアツBBQで味わう特別ランチを、かまくらでいただくという風情たっぷりのプランだ。
「かまくらサウナ」はテントの中がサウナになっていて、サウナで温まった後は、そのまま雪にダイブ!その後かまくらで外気浴を。サウナ&外気浴でととのったあとは、ウェスティンルスツ温泉で身体の芯までポカポカに温まろう、という1時間半の体験プログラムだ。いずれも予約制・詳しくは公式HPへ。

■アクセス

全国スキー場ガイドに戻る

-FOLLOW US ON-