BLACKCROWS(ブラッククロウズ)最新モデル&カタログ|ブランド紹介

’22-23 ブランドの注目・ラインナップのトピックス

継続の人気モデル「mirus cor」に注目

mirus cor|D=134-87-123 (178.0cm)|L=168.3,173.2,178.0,184.2|R=13m(178.0cm)|W=3,600g| ¥118,800

昨シーズンから展開している「mirus cor(ニルスコア)」が’22-23シーズンもBLACKCROWSを扱うハスコ・エンタープライズによるオススメモデルだ。形状はウエスト幅が87㎜と細めで、ラディウスも13mと、かなり小回りのきくレンジになっているため、ゲレンデを中心にサイドカントリー、ツリーランなど遊べる一台。フレックスが結構柔らかいので、ゲレンデ内の特にクルージング、雪面にはりつくような、粘るような動き、滑りが可能だ。

ウエストが細い割にトップやテールが太いので、パウダーもしっかり滑れて、スラッシュ系やバター系の動きや、バンクで遊べたり、ゲレンデユーザーからパウダーユーザーまで、この一台でしっかり遊べそう。スワローテイルなので、大きなスプレーが舞い、いいアピールができるのも特長だ。

ビッグマウンテンレンジの「atris」がアップデート

atris|D=138-105-122 (178.0cm)|L=172.1,178.4,184.3,190.2 |R=20m(178.0cm)|W=3,900g| ¥118,800

BLACKCROWSのbig outainレンジの「atris」が2014年のデビューから3回目のアップデート。’22-23シーズンモデルは、扱いやすさや汎用性の部分で改良が加えられ、基本はパウダーライドが大好きだけれど、いかなるコンディションでも完璧に攻略したいという欲張りな滑り手にピッタリの仕上がりとなった。ウエスト幅105㎜でラディウスは20mと、高速時でも安定性と操作性の程よいバランスを発揮する。



BRAND features

BLACKCROWSは、プロスキーヤーのCamille Jaccoux(カミーユ・ジャック)とBruno Compagnet(ブルーノ・コンパーニュ)、そしてスキー業界の著名人、C. Villemin(クリストフ・ヴィールマン)によって2006年にフランス・シャモニーで創立されたフリースキーブランド。ヨーロッパアルプスの最高峰Mt.モンブランを擁する世界きってのアルピニスト王国シャモニー発祥だけあって「あらゆる状況下で性能を発揮するスキー」をテーマにした硬派なモノ作りを貫いている。地元のスキーガイドや山岳コミュニティで支持され、世界中へと広がっていった。ヨーロピアンテイストの洗練されたデザインは、フリーライド界だけでなくリゾートシーンでも熱心なファンを集めている。


BRAND info

BLACKCROWS(ブラッククロウズ)

URL:https://www.hasco.co.jp/black-crows/

取扱い/株式会社ハスコ・エンタープライズ