HEAD(ヘッド)最新モデル&カタログ|ブランド紹介

BRAND info


HEAD(ヘッド)

URL:https://www.head.com/ja_JP/

取扱い/ヘッドジャパン㈱  
mail : https://www.head.com/ja_JP/contact-us


’21-22 ラインナップのトピックス

’18シーズンからラインナップされている「KORE(コア)」。技術的にさらに洗練され、’21₋22シーズンはKOREがより進化を遂げ、フリーライドスキーのラインナップは全10モデルと大充実。「WE CREATIVE, YOU RIDE」のキャッチフレーズにも、あらゆるユーザーのニーズに応えるモノ創りへの自信がうかがえる。

特筆すべきトピックは人類史上最強かつ最軽量というマテリアル「グラフィン」の採用だ。この新素材を「KORE」に用いたことで、素材の質量・厚み・種類を以前までのスキーに比べて大幅に減らすことに成功。グラフィンのクオリティを活かすため、必然的にスキーの構造も変化した。マルチレイヤー カーボンサインドウィッチキャプ構造で3層のカーボンシートを編み込むことでスキーに粘りが生まれ、エッジグリップが強化されている。その乗り味はいかなるものか、ぜひ試してみたい。


BRAND features

1950年、航空エンジニアだったハワード・ヘッド氏よってUSAで創業され、その名を冠したスキーブランドとして誕生したHEAD。ヘッド氏は航空機のボディに使われていたアルミニウムに着目し、数年に渡る研究開発を経て初めてメタルスキーを考案。その後、1969年には世界初のアルミ製 テニスラケットを開発するなど、独創的かつ高機能なプロダクツをスキー・スノーボードやテニス、スポーツウエアなどで展開。そのクオリティの高さは世界トップクラスのアスリートたちが愛用していることによって証明されてきた。テニス界のスタープレイヤー、ノバク・ジョコビッチがHEADを使用、スキー界においてもHEADのレーシングスキーはオリンピックで数々のメダルを獲得している。

常に最新技術を追求し、新しいモノ創りに挑戦する姿勢は、あらゆるカテゴリーにおいてアイテムを進化させていく。その高い技術力を武器に、近年HEADはフリーライドのラインナップを充実させ、強い存在感を放っている。


0
    0
    Cart
    カートに何もありません。買い物を続ける