FACTION(ファクション)– 最新モデル&カタログ|ブランド紹介 –

'23-24 ブランドの注目・ラインナップのトピックス

ハーフパイプ・パークに特化したモデル「STUDIO」

STUDIO 1|D=120-90-120mm|L=171、178、183cm|R=19m|¥101,200

'22-23シーズンでは限定モデルとして販売された「STUDIO」が、'23-24シーズンで正式にお披露目となった。STUDIOは、ハーフパイプやパークに特化したモデルとなっており、"リアルツイン"という近年では珍しい形状を持つ。FACTIONのメインアスリートたちが使用し、Winter X Gamesやフリースタイルの大会で活躍しているモデルだ。

「La Machine」シリーズにニューモデル追加!

La Machine 4|D=139-117-131mm|L=171、179、185、191cm|R=22m|¥132,000

FACTIONの中でも最軽量の「La Machine」シリーズの中で唯一欠番だった、3と5の中間に位置する「La Machine 4」がニューリリース。センター117mmのフリーライドツアー向けで、カーボンレイヤーにより軽量ながらも抜群の安定感をもたらしてくれる。

日本のライダー陣からも絶大な人気を誇る「MANA」

MANA2 |D=131-102-127mm(183cm)|L=166、173、178、183、188cm|R=20m(183cm)|¥107,800

FACTIONの中で唯一のハイエンドモデルシリーズとして位置づけられ、軽量なツインチップスキーとして'22-23シーズンから登場する「MANA」シリーズ。'23-24シーズンもオススメのモデルだ。スキー自体は非常に軽量ながら耐久性のある2.5mmエッジと、足元に配置したカーボンとラバーのストンプパッドがスキーの足元をカバーし、安定感のあるライディングが叶うのが魅力だ。



©OskarHall

BRAND features

フリーライドの聖地ともされるスイスのヴェルビエで2006年に立ち上がったフリースキーブランドFACTIONはスキー界に旋風を巻き起こしたフリースキー革命のリーダー的存在。FACTIONの絶え間ない開発プロセスは、世界で最も要求の厳しい登山家、フリーライド・ワールドツアーのチャンピオン、オリンピックやXゲームの金メダリスト、そして世界中にいる多くのファンに使用される数々の賞を受賞したスキーを提供している。


BRAND info

FACTION(ファクション)

URL:https://jp.factionskis.com/

取扱い/フルスタックサプライ


関連記事

STEEPから本が出ました

記事が見つかりませんでした。