POC(ポック)最新モデル&カタログ|ブランド紹介

’22-23 ブランドやラインナップの注目トピックス

‟スタイル”を追求するフリースタイルスキーヤーやスノーボーダーを中心に人気を博しているPOC。「全力でアスリートを重大事故から守る事」をミッションとして掲げるスウェーデンのブランドだ。’22-23シーズンの注目トピックは3つ、それもバックパック・ヘルメット・ゴーグルと各カテゴリーから新製品の話題を提供する。

POCにアバランチバックがリリース

DIMENSION AVALANCHE BACKPACK¥132,000

’22-23シーズンのPOC一番のトピックスは、アバランチバックのリリースだろう。電池で動くコンプレッサータイプで、アルブライドE2という新しい規格のものを使っている。モバイルバッテリーと乾電池を併用して、1回の充電が20分くらいででき、本体への事前充電と乾電池の併用で4回くらいは使える。モバイルバッテリーを併用すればさらに使用可能乾電池2本で3回充電が可能。容量は25ℓ。色も雪山での視認性に優れたオレンジ蛍光色だ。日本ではまだまだ普及度が低いアバランチバッグだが、POCのブランドパワーが変化を起こす起爆剤になるか期待だ。

ユニークなバイザーヘルメット「Levator MIPS」も誕生

Levator MIPS
10486_1613

Function:
・付け替え可能なIntegrated visor
・MIPS (Multi−directional Impact Protection System)
・RECCO®リフレクター
・360°フィットシステム
・Weight:930g(M/L)
・Color:全4色
・Size:XS/S,S/M,M/L,XL/XXL
¥82,500

横から見ると
前から見ると
後ろから見ると

POCから初めてフルシールドのバイザーヘルメットがリリースされた。宇宙飛行士のシールドや、戦闘機のパイロットをモチーフに、顔の下の部分を立体化させて独特のフォルムにしている。オールラウンドなユーザーをターゲットとしているが、日本ではおそらく年齢層のやや高い方で、眼鏡の上から使いたい方になるのでは?と想像する。

ヘルメット部分は、’21-22シーズンからリリースされている「MENINX」をベースにしている。メニンクスは「髄膜」という意味で、軽量なPCシェル、EPS/EPP 2種類の 衝撃吸収素材、マグネット式ストラップ Fidlock®、取り外し可能なイヤーパッド、開閉調節可能な2カ所のベンチレーション、後頭部にダイヤル式調節システム配備、といったスペックを持つ人気モデルだ。

「Levator( レベター)MIPS」という名前で、レベターという言葉は、瞼を持ちあげる筋肉、という意味。なんともユニークなネーミングだ。フレームの下のスポンジが3層構造になっていて、それぞれ違う硬さのスポンジを使っていることで、バイザーを下げるとしっかりと肌に密着するように下がってくる設計になっている。外から見るとフラットだが、内側は鼻の部分が凹んでいてフィット感もバッチリだ。

平面タイプの新顔ゴーグル「ネクサル」

NEXAL CLARITY

COLOR:8色
¥36,300

ゴーグルのラインナップに新しく「ネクサル」という平面タイプのアウトリガーのフレームを採用したモデルが加わる。特長はアウトリガーのフレームがソフトフレームになっていて、ヘルメットのエッジ部分に柔らかく馴染むようになっている。特長的なのがそのデザイン。頬骨の部分が少しフレームが出っ張っていて、頬骨に沿うように面が広くなっているため、よりフィット感が増している。また、冷気をシャットアウトできるよう、内側のスポンジの下がスライドするベンチレーションがついていて機能的だ。降雪時はここに雪がついて結露してしまうことがあるが、それを防いでくれる優れモノだ。


Yu Sasaki, Revelstoke, BC


BRAND features

「最新の技術を使用し、全力を尽くして重大事故からアスリートを守ること」を最大のミッションとし、2005年に設立されたスウェーデンのブランド。最高のプロテクション能力と最上のパフォーマンスを実現するため素材の組み合わせや構造等の特許を取得し、ヘルメット、ゴーグル、サングラス、プロテクターなどの高品質な製品を開発している。

アスリートは常に全力でフィールドに挑むため、どうしてもさまざまな怪我のリスクを抱えることになる。それらのリスクを限りなくゼロにするため研究開発が行われ、すべての製品はトップアスリートにより何度もテストされ、プロテクション性能が強化されている。


BRAND info

POC(ポック)

URL:https://www.full-marks.com/poc/

取扱い/(有) フルマークス
mail :cs@full-marks.com


関連記事